お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ピースブレーカー

G
  • 字幕

この展開、予測不可能!!生き残るのは悪徳刑事か!? 残忍な脅迫者か!?

マレーシアの首都・クアラルンプール。母親の通夜へと急いでいたガオ刑事は、誤って男をはねてしまう。しかし、巧妙に死体を隠した彼は、あらゆる手段を使って事故の隠蔽を図るのだった。人知れず闇に葬られた刑事のひき逃げ事故――平穏な日常を取り戻しつつあったガオだったが、彼の犯行を知る脅迫者が現れ、事態は一変する。狡猾で残忍な脅迫者との果てなき死闘を制し、ガオは秘密を守ることができるのか!?

詳細情報

原題
破・局
音声言語
中国語
字幕言語
日本語
制作年
2017
制作国
中国
対応端末
公開開始日
2019-08-02 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

キャンセル

中国映画洋画ランキング

ピースブレーカーの評価・レビュー

3.3
観た人
123
観たい人
87
  • 4.0

    エビラさん2021/06/20 23:01

    面白く、テンポも良いし、主演もイケメンです。ケチつけるとこ余りないくらい良かった。後から知ったけど、リメイクらしい。オリジナルもいつか見よう。

  • 3.4

    ツキノワちゃんさん2021/05/27 01:44

    映画のレビューはさておき主演のアーロン・クウォックについての補足をしておきます。
    香港映画の主役を演じるクラスの俳優のひとりであるアーロン・クウォック。確かにイケメンなのですが、彼の俳優のポジションというか演じる役柄はイケメンでありながら、どこか必ずユーモラスな要素を持った人物です。
    全編通じてイケメン、超シリアスという役柄は彼には期待されておらず、シリアスなシーンでもどこか笑いを誘う味わい深い演技こそがアーロン・クウォックの真骨頂。
    なので彼を初めて見られる方はイケメン俳優という括りで見てしまいがちですが、香港映画界では2.5枚目な俳優なのだとご理解いただければ幸いです。

    彼の主演映画にハズレはないので、韓国映画のリメイクの流れで本作を見られた方はぜひアーロン・クウォックの他作品も一度見てみてください。

  • 3.3

    ハマチ大王さん2021/04/11 02:59

    韓国の映画のリメイクらしい中華映画。
    韓国映画なら違和感のないオトボケもお国の違いか俳優がイケメンだからか、違和感。映画自体はテンポもよく楽しめた。

  • 4.9

    ICHIさん2021/02/27 01:15

    ザ・映画!

    つかみの画がめちゃ綺麗でグッドスタート。画作りは全部拘っていて視覚だけでもずっと満足できる感じは『フォーカス』と印象が似ている(テイストやジャンルは全然違うけど)。

    ジャケットイメージと反して、もっとゾンビゾンビしてたけど、なんか撮ってる本人たち絶対愉しそう笑

    ゴリッゴリに音楽キメててかなりイケてるのに、声のボリューム小さすぎて音楽鳴ってる時だけ音量下げるのダルかったので-0.1笑

    でも最っ高。ワン・チェンユェン目当てだったから、開始50分強まで出てこなくて(あれ?これじゃないんかな?)と思ってソワソワしてた頃満を持してご登場!

    超~~~~~~絶かっっっけえ笑

    ヘラヘラホモサイコパス、めっちゃくそ悪役なのになぜか気持ち悪くなくて魅力的なのがワンのキャラなのだろう。

    正直主人公の方が小狡くて好かなかったから、ワンに生きてて欲しかったなあ。

    でも1h弱待たされたかいあって、めちゃくちゃ楽しませてくれました。デカくて重いアクション、一撃一撃がディープインパクト。

    女だけど一回蹴られたいってくらい、蹴りの入りがイケてる。

    めっちゃ怖いゾンビみたいになってるのに本人そのつもりかしらないけどめっちゃ顔芸してるように見えて後から思い出して笑ってしまう。

    ユ・ヘジンとはまた違う面白さというか、コメディという枠にはどうやらハマらないよくわからない、セクシーな面白さがワン・チェンユェンにはある。

    EDのインドのラップも、初めて聞いてハマッた。音楽監修素晴らしいです。

    今まで観た映画の中で一番キメキメやったかも。

    声とbgmの音量の差さえなければマジで最高やった。

    王千源最高。

  • 2.7

    303030さん2021/01/15 20:26

    韓国版にくらべハラハラ感がなさ過ぎる。
    主役の表情が固定すぎ。
    カラーライティングかノイズ。

    アクションシーンの撮影後に揺らしている感じはよかった。

  • 3.0

    ゴロフキンさん2020/11/05 22:24

    韓国の大好きな作品「最後まで行く」の中国リメイク。数々の名シーンがほぼ完コピでした。内容を知ってるので驚きはないのだけど、それを差し引いても漂うこの空振り感は何? きっと主演のアーロンクォックがイケメンすぎて何やっても無駄にカッコよくなっちゃうからだと思う。韓国版のイソンギュンのちょっと情けなくて常にテンパって目が泳ぎまくってるあの愛すべきクズの魅力には全く敵わない。
    ちなみに韓国版でチョジヌンがやってた役は意外にも中国版のが方がハマってたような。ワンチエンユエンって役者さん。でもってこの方が「ベテラン」のまたしても中国リメイク「ビッグショット」の主演のようで、ってことはファンジョンミンの役か。。。って怖いもの見たさ急上昇中。

  • 3.0

    ハリーさん2020/10/10 13:18

    アクション映画かな?と思いきやコメディタッチのサスペンスってとこかな?あれだけ派手にクルマぶつけてその日に直るのかいっ!?オリジナルの韓国作品見てみたいな。

  • 3.0

    Kazuchanさん2020/10/06 18:00

    アーロンクォックって、男前よね〜🥰

    そんな事を改めて感じる。
    そして、そんなアーロンクォック領衛主演か〜〜choice
    何故か?何処か?若干の不安を持ちながら…


    的中🎯(おめでとうござまーす🎊)

    これから綴る事は備忘録です!
    この映画をお好きな方はお控えください🙇‍♀️




    どんな映画にも敬意を…
    そんなリスペクトを持って見ている。
    何処かに良い点が…そう思って触れる事にしている。
    しかし、


    アーロンクォックが男前✨

    それしか出てこない。。
    主人公が好きになれない。
    お母さんの…マヂか💦
    命懸けの友人に…マヂか💦
    刑事のくせに…マヂか💦
    しかも、オメー


    弱えーなーー

    体も、
    心も、、
    中国人だったらカンフー使ったらんかい!
    男だったら、心と体を鍛えんしゃい!!!
    そもそもがアンタ"正義の味方"ちゃうんかいな?!

    そう、何処の地方の方か?わからないよーな喋り方に成ってしまう程、取り乱してしまった。。
    そもそものベースのストーリーは面白くなりそうなんだよ…
    と、調べたら韓国映画のリメイク
    きっと!韓国映画版は面白いかったに違いない!!
    = 全てが中途半端‼️

    これはそもそもの犯罪モノなんだったら、容赦無く‼️腕、引きちぎったり…こちらがトラマウになるくらいの…

    やっぱり!韓国映画がオリジナルだって事に頷いてしまった😌😌😌
    そして、

    監督!🎬

    映画は監督のモノ
    監督の良し悪しが作品の良し悪し🎬
    其れを物凄く!感じてしまった。。なんだ?新人なのか?
    兎に角!嫌なのは、

    全てが中途半端!だということ

    振り切って欲しい‼️

    でもこの監督の…生意気言うと力量不足を、軽々と超えて来る俳優が時々いらっしゃる。
    お話は、
    映画は、、💦
    でも、俳優の芝居だけは凄まじかった…
    そんなことがある。
    今作は、残念💙
    アーロンクォックは男前✨
    でも、顔の筋肉が硬い。。
    僕は、あまり良い俳優だとはやはり思えなかった。(個人の好みです🙇‍♀️備忘録です!)

    例えば、
    今作はなんでクアラルンプールで撮ったのだろう。。その意味を見出せなかった。
    例えば、
    神様の「超級警察」(ポリスストーリー3)のラストがクアラルンプール。
    本当のところはコレは知らない。
    僕の想像なのだけど、、

    ラストさー蒸気機関車の上で戦ったらエモくない?😁

    きっと!神様は、そんな事を思い描き舞台設定をマレーシアにしたのだと思う‼️
    そういう、
    コレをしたいから❗️
    と、いう想いも感じなかった。(原作がそうなのかな?)
    香港が舞台なら、もう少し僕は評価点が高かった筈❣️
    あ〜 香港🥰🇭🇰〜ってなるから。。

    香港や中国のお客さんに、異国情緒ですよ〜どーですかー?くらいなノリにしか感じないのは僕だけ?言い過ぎなのかしら?😁

    アーロンクォックは男前

    その一点だけで、3点は付けます🙇‍♀️
    (原作、今度見てみるかなー🇰🇷)



    反面教師として今作を見ていて思い出した。
    昨日「コブラ」のメイキングで、ジョージP監督🎬がこんな事を言っていた。

    まず、自分達の作品を愛すること。
    そして、テクニックでなくて、情熱!を詰め込む事だ。
    そういう熱(想い)がお客さんに伝わり心を動かすのだと思う。

  • 3.0

    gmさん2020/10/04 23:31

    韓国映画ATBに入る『最後まで行く』の中国リメイク。
    こんなのあったのかー!
    知らなかった。
    でも、公開当時この映画の話を聞いても私はまだアーロンクォックを知らなかったけどね。

    アーロン、素敵!!

    相手役のワン・チエンユエンも、たぶん私滅茶苦茶好みだと思うんだけど、今回はどうも。
    やはりどうしてもチョン・ジヌンと比べてしまうので仕方ないね。近いうちに他の作品でお会いしたい。

    最後、アーロンめちゃ可愛かった。

  • 3.6

    lalacoさん2020/09/24 22:25

    主役が悪いやつ。
    面白かったけど何か納得のいかない話だった。
    お母さんをないがしろにするとか言語道断よ

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す