お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

少林少女

G

彼女に日本は狭すぎる。

中国・少林拳武術学校――三千日の修業を終えた少女が今まさにこの地を旅立とうとしていた。「日本で少林拳を広めたい」という願いを持つこの少女のことを老師たちを心配していた。それはこの少女の体には未知数の力を持つ気が潜んでいたから。それが闇の力に落ちることを恐れていたのだ...。彼女の名は、桜沢凛(柴咲コウ)。日本へと戻ってきた凛は、少林拳を世に広めるという自分の夢のために祖父が開いた懐かしの少林拳練功道場へと向かう。が、道場はすでに廃虚と化し、門下生も道場の閉鎖と共に散り散りに。道場がなぜ閉められることになったのか知りたい凛は兄弟子のところを訪ね歩き、自分の先生である岩井拳児(江口洋介)が町外れで中華食堂を営んでいることを知る。

詳細情報

関連情報
エグゼクティブプロデューサー 亀山千広:チャウ・シンチー,プロデューサー 臼井裕詞:安藤親広,西冬彦,中島良明,撮影 佐光朗:音楽 菅野祐悟:主題歌 mihimaru GT『ギリギリ HERO』
音声言語
日本語
制作年
2008
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2019-10-16 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

アクション邦画ランキング

少林少女の評価・レビュー

2.4
観た人
3358
観たい人
361
  • 2.7

    sithmaroさん2021/10/28 19:53

    皆さん軒並み評価は低いけど、私は嫌いではない。
    嫌いではないけど、高評価をつけるかと問われるとそうはならないかも。
    酷いとは思わないが凡庸ではあるかも。

    監督が本広克之なのでカエル急便などの小ネタは楽しいのだが、作品としての面白さには繋がらないのが残念。

    一応エグゼクティブプロデューサーとしてチャウ・シンチーが名前があるが、完全に名義貸し。
    本家のようなバカさ加減は押さえられ、無難な作品になってしまっている。

    それなりのビッグネームが名前を連ねているので、もうちょっと弾けた映画が観たかった。

  • 1.0

    オーウェンさん2021/09/30 19:21

    どう表現すりゃいいんだ。この作品のひどさは。

    少林寺の流れにのる作品を作れるのは、やはり本場の中国を置いては太刀打ち出来るはずがない。
    そこら辺を日本は分からずに製作してしまったのがそもそもの始まり。

    しかもなぜかラクロスする意味のなさ。
    おまけに「チームワークが大事でしょ」。おいおい他の連中の力のなさを指しおいて言う事かい(笑)

    笑える映画としても見れないから辛い。こういう映画に真面目に取り組んでしまうと余計に白ける。

    少林寺の型はそう簡単に習得できないのは本場の映画を見れば明らかだ。
    一年鍛錬した?1年ごときであの程度では、少林寺に謝るべきだ。

    そしてチャウ・シンチー本当にこんなものをプロデュースしたかったのか?

  • −−

    なめこさん2021/09/19 13:56

    強い気を持ってるとか、闇の力とか、フォースかよ笑
     
    映画評価基準
     
    この映画が好きか 0
    没入感 0
    脚本 0
    映像 0
    キャスト 3
    感情移入度 0
    音楽 1
    余韻 0
    おすすめ度 0
    何度も見たくなるか 0
     
    計4点

  • 2.7

    情熱のトマトさん2021/09/04 14:59

    松屋に牛丼食べに行ったらラジオからmihimaru GTのギリギリヒーローが流れてきて懐かしいなって

    ふと、あれこれなんの主題歌だったけと検索、そうだ少林少女だ!って思い、小童の頃にいい映画だったなと思いながらアマゾンプライムで見つけて鑑賞。

    感想を一言で言うと、ディズニーランドでした。子供の頃は純粋無垢に楽しめていたけど大人になったら第一生命のロゴとか施設の構造が目につくようになってきた、そんな感じの映画でした。

    だけど大人になったらまた違う楽しみがあるよね、こんな話だったんだって思ったり

    ただラクロスの相手チームがすごく可哀想に思えて仕方ないです、あこまでいくとヒーローではなくヒール

  • 1.0

    雪だるま殺人事件さん2021/08/11 02:11

    駄作駄作駄作。見るだけ無駄。
    戦犯は誰だ?
    少林サッカーには遠く及ばないどころか同じ舞台にすら立っていない。

    中村トオルのキャラも岡村も江口も全員意味不明。
    少林とラクロスの掛け算も意味不明。

    適当すぎる。

    山崎真実がめちゃくちゃ可愛かった頃

  • −−

    mouさん2021/08/07 14:44

    絶対に良質じゃない映画なことは古い記憶でも分かることなんだけど、この映画を見ていた小学生くらいの頃がすごく楽しかったってことが淡ーく蘇るから良いイメージ。

  • 1.9

    シネマ和尚さん2021/07/26 15:06

    柴咲コウさんにとっては黒歴史かも…
    岡村隆史さんは嫌いではないけど、スクリーンに登場するときはいつも違和感しかない。

    ラクロス🥍というスポーツを選んだのもセンスがなかったんじゃないかと思えてくる。

    すでに評判は悪かったけど、少林サッカーのチャウシンチーさんが絡んでいるということで見に行った映画。

  • 2.0

    いじみさん2021/07/12 22:11

    このての作品は役者が本当にやってる人じゃないと興醒めする。
    格好はつくんだろうけどすぐボロが出る。
    つまらん。
    クロケットシーンは良かったけど。

  • −−

    山羊さん2021/07/09 20:57

    5回くらいは見てると思いますが決してこの映画が好きで見ているわけではなく、誰かと鑑賞会する機会があったり虚無を確かめるために見返したりしているだけです。

    柴咲コウをはじめとした女性陣のかわいさはこの映画の良いところだと思います。

  • 1.0

    miーcheさん2021/06/19 04:17

    とてもおもしろくなかったです。

    出演している演者さんが可哀想になりました。
    お金を使った手の混んだイジメだと思います。

    せめてブルースリーをバカにするのはやめて欲しかったです。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました