お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

サスペクト 偽りの事件

G
  • 字幕

白も黒もない。人生の本質を見抜け―。

平穏な田舎町で銀行強盗が発生した。防犯カメラに映る犯人に肌の色が酷似しているというだけで、重要参考人として勾留されたフリーマンと名乗る男。白人のディクソン保安官は、この町では聞きなれない名前、見かけない顔というだけで拘束し、部下のライリーと尋問を始めるのだが、実はフリーマンと名乗る男は大学教授で、高度な“社会学的実験”を行うためこの町へやって来たのだった。過去にも別の町で幾度も実験を行い、難なく事を済ませてきたのだが、ディクソン保安官との一筋縄ではいかない心理的駆け引きがきっかけで、思いもよらぬ事件へと発展してしまう…。

詳細情報

原題
THE SUSPECT
関連情報
製作 メアリ・ジョー・バースマイヤー:ロビン・K・ベネット,スコット・C・アロンソン,スチュアート・コネリー,撮影 エリック・ジョヴォン:音楽 ステファン・コーツ:編集 レイ・チュン
音声言語
英語
字幕言語
日本語
制作年
2013
制作国
アメリカ
対応端末
公開開始日
2019-11-01 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

キャンセル

クライム・犯罪洋画ランキング

サスペクト 偽りの事件の評価・レビュー

3.1
観た人
48
観たい人
25
  • 3.7

    ToruHashimotoさん2021/09/29 22:47

    2013年の #映画 #サスペクト 偽りの事件。脚本が面白かった。ただの黒人差別問題だけでなく、刑事の悪ぶりなどが表現されてる。かなり憎たらしく思えてくる。最後がスッキリしない感覚があるが、銀行強盗にこんな展開は初めて。
    Amazonプライムで。

  • 3.5

    どようさん2021/03/30 16:16

    アフリカ系の心理学者が社会実験と称して、ある目的のための完全犯罪を行う映画。
    序盤はやたら白人保安官を挑発するアフリカ系の人にイラッとしますが白人保安官も白人保安官でなかなかに差別的です。さらに気を遣っているつもりの人も奥底では壁を作っていることを炙り出されます。言葉尻を捉えて差別主義者を炙り出すスタイルはとても参考になります。こういう人が差別を「発見」して他人事の怒りを増幅するから差別はいつまでもなくならないんだと思ってしまいそうです。この辺りはかなり不穏な空気が漂っていて後の展開に期待が持てます。
    中盤は銀行強盗自体も含めて社会実験であると言うネタばらしを回想シーンを細切れにして視聴者に対して行います。この辺りの構成はごちゃごちゃしていて時系列がわかりにくくて混乱しやすいです。
    ラストは、トラブルでアフリカ系の心理学者の計画が崩れて、差別主義者の白人保安官たちに追い込まれて全てを奪われそうになるのだが、、、という展開です。
    ラストでわかりやすいどんでん返しがあるか、お金を手にした人に対する伏線が自然な形で出ていれば、この映画の評価も違ったのでしょうが、すっきりしない終わり方をします。

    教授には眼鏡が必須?眼鏡のこだわり。
    アフリカ系が車に鍵をかけるのは失礼!白人様を疑うな!
    犯罪をしてでも子供を救う親子愛?
    子供のためなら死んでもいい?
    裏社会にも精通している心理学者!
    バレなきゃ大丈夫!カネは白人保安官様のものだ!
    アフリカ系は見分けがつかないし、黒こげになったらなおさら分からない!

    結局は犯罪行為で手にしたお金を奪い合うという内容を差別問題も絡めて映画にしたから、評価が低いのかなーと思いました。全体に漂う不気味な雰囲気はいいのですがエンタメ性もキャラクター性も刺激も薄味なため、惜しいという評価になる作品でした。

  • 2.7

    KOH3Yさん2021/01/05 21:47

    小さな町で起きた銀行強盗。逮捕されたのは「部外者」の黒人。全てが謎の彼は果たして犯人なのか…。率直な感想:めちゃめちゃ惜しい!良作になり得たかな、と。

  • −−

    hayakaさん2020/11/14 14:27

    「でも黒人の顔の見分けがつかないのは差別だ」
    「俺は黒人というだけで拘束されてる。苦痛とはこう言うことだ」

  • 3.2

    theocatsさん2020/11/12 21:06

    視聴者自らの心理の変遷を自己観察する映画。

    序盤は白人警官を欺く黒人連中の社会実験とやらにむかむか腹が立つ。いくら大学に認められている実験プログラムであっても、銀行強盗をしたという厳然たる事実は金を返したからといって覆るわけではなく、重罪であることに変わりないだろう。
    まぁしかし、そこは本当にそんな実験が許される場合もありうると認めないと話が進展しないので目をつぶるとする。

    ところが後半、黒人側の作戦に不測の事態が生じてしまうとこっちの心理も逆転することになる。
    一転して黒人不利な状況になってしまったわけだが、そうなると白人警官側が俄然有利になり、黒人も憐れみを乞う状況にはこちらも同情させられてしまう。

    要は居丈高にマウントを取ろうとする人間は白人であれ黒人であれ、第三者には不愉快にしか映らず、嫌悪の対象でしかないということですね。

    映画はその他にも黒人側のそもそもの動機や、白人警官側の周辺の人間模様など徐々に種明かししていく構成となっており、それはこちらにとっては決して気持ちいい見せられ方ではないけれど、技巧的にはありかなと思えなくもない。

    何れにしろ映画の帰結的には「善なる目的であっても悪なる行為をする者はどんな形であれ罰せられるであろう」という理解でいいのかもしれない。

  • 2.6

    TRBさん2020/09/01 02:12

    う〜ん

    捻りすぎて怪我したタイプ

    雰囲気は悪くない
    けどなんか薄っぺらい


    田舎町で銀行強盗が発生
    防犯カメラの映像から重要参考人として交流された黒人と尋問をする白人保安官

    拘留された男は大学教授で高度な社会実験を行なっているという

    過去にも同様の実験を他の街で行っていたが、今回は様子が違っていた

    保安官との駆け引き、消えた相棒
    事件は思いもよらない展開へ発展する


    扱ってる題材とかは良かったんだけど

    なんかまどろっこしいと言うか

    はぁ、そうなんですかって感じ

    実験にかこつけた完全犯罪なんだけど
    相棒がテンパリ過ぎ、メガネそんないる?

    容易く絡まれてイッツゴーン

    なんか薄っぺらいシナリオを一生懸命に雰囲気作ってる感じがしてイマイチのれなかった

    保安官の対応も善なんか悪なんかフワフワしてるし、ラスト急に真相で泣かせようとしてるのか

    味付けでゆったらムネヤケしてる

    もうちょい添削してスリム化したら凄く面白くなりそうな作品。

    だけに惜しい

    最初に人種問題を持ち出してるだけに、後に続くシナリオが薄っぺらい

    コピー用紙にゴチャゴチャ書いてるけど、横から見たらペラペラな紙

    そんな感じ

  • 3.4

    ひろこさん2020/08/24 19:43

    白人×黒人の問題に気とられて、全然ストーリーに追いつかずにいつのまにか騙されてた! こーゆー差別的な取り調べって、よくあるんだろうなーー

  • 1.1

    yutakaiwataさん2020/07/12 16:22

    白が悪いと思わせて実は黒が悪くて、最後は白が正しかったのか、でもお金に目が眩んで黒は意外と良い奴だった、みたいな。日本じゃあり得ない話ですかね。

  • 3.5

    yuukun46さん2020/06/14 22:25

    黒人への人種差別がテーマになってました。後半そうだったのかと騙されてしまい、ストーリー展開は面白かったです。
    片田舎の警官役のウィリアムサドラーもダイハード2と比べてすっかりオジさんになっていました。

  • 3.3

    hidesanさん2020/05/24 23:40

    filmarksさん、登録ありがとうございます。人種差別を盾に、偽りの事件を起こす。なかなか面白い映画でした。映画の途中では、私自身騙されてました。映画の作りは安っぽいですが、ストーリーはそこそこ良いのではないでしょうか。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す