お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

潜入者

G
  • 吹替
  • 字幕

アメリカ麻薬戦争史上最も大胆な潜入捜査。それは“帝国”を崩壊に導いた衝撃の実話。

1980年代、史上最大規模とも言われる犯罪帝国を築いたコロンビアの麻薬王パブロ・エスコバル。当時アメリカに流入するドラッグのほとんどが、彼の組織を経由したものだと言われていた。そんな事態を重く見たアメリカ政府は、エスコバルの息の根を止めるため、大規模な潜入捜査作戦を計画する。それはベテラン捜査官のロバート・メイザーを架空の大富豪に仕立てあげ、その財力を持って組織に取り入り、内側から組織を崩壊させるという大胆不敵なものだった―。

詳細情報

原題
The Infiltrator
作品公開日
2017-05-13
音声言語
英語or日本語吹替
字幕言語
日本語
作品公開日
2017-05-13
制作年
2015
制作国
イギリス
対応端末
公開開始日
2017-10-04 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

クライム・犯罪洋画ランキング

潜入者の評価・レビュー

3.6
観た人
3202
観たい人
2492
  • 3.2

    alienchibullさん2021/11/20 06:47

    私絶対潜入できないだろうな〜って思っちゃった😂
    向こうの人の人間味溢れるところとか見ると罪悪感でつらくなっちゃうよ😔

    スリルとリスクてんこ盛りでハラハラしたな!
    家で待つ奥さんの気持ち考えると特にハラハラ!でも奥さん思いの人で素敵!

  • 2.7

    傳家tutaeyaさん2021/11/02 11:29

    映画の作り方なのか 実話だからなのか
    潜入という事で感情を抑えているのか
    淡々とした退屈な映画に感じる
    この捜査によりなぜ麻薬組織が崩壊に繋がるのかよく理解できなかった

  • 4.0

    山中潤一officialさん2021/10/31 18:52

    マジかって思うシーンたくさん。
    これが実話かー。

    逃がそうとしたのにね。
    逃げなかったのは本物を知らなかったからだと思う。

  • 3.7

    はなびさん2021/10/31 17:13

    世界最大の麻薬組織「カルテル」を崩壊させた実話。
    5年にも及ぶ潜入生活は、予定通りに進む筈もなく、もうダメではないかと思う事が何度もありました。
    正体がバレれば家族ごと殺される、成功した時には、信用してくれた人達への情が生まれてしまう。数ある仕事の中でも、こんなに過酷な仕事があるだろうかと思いました。
    帰りを待つ家族の苦しい時間を超え、全員が生きて終える事が出来て、本当に良かったです。
    冷や汗が出る2時間でした。

  • 3.5

    メイマーツインズさん2021/10/31 12:37

    《伝説のコロンビア麻薬王を追い詰めた人間たち》

    海外ドラマの大傑作”ブレイキング・バッド〟のウォルター・ホワイトを演じたブライアン・クランストン主演で描く潜入クライムドラマ作品。
    ”ブレイキング・バッド〟の世界に虜になった者として、〈生産者〉から〈潜入捜査官〉というブライアン・クランストン主演の今作はずっと気になっていて…
    ドラッグの世界を描いた前回レビュー作”ジェントルメン〟の流れで、Amazonプライムにて初鑑賞。


    舞台は1980年代、薬物が社会問題になっていたアメリカ。時のレーガン政権は、コロンビアの麻薬王パブロ・エスコバルの帝国を内部から崩壊させるべく、税関のベテラン捜査官を大富豪になりすまして潜入させる、という衝撃の実話物語。

    この作品も”インファナル・アフェア〟”フェイク〟といった潜入モノ特有のハラハラ・ドキドキの緊張感を楽しめる内容だ。
    実話ベースとはいえ、かなり脚色された感じでちょっと乱雑な展開になっているのが残念…。
    時間的に制約がある映画ではなく、”ブレイキング・バッド〟のような連続ドラマでじっくりと味わいたい。

    家族を危険にさらす不安と恐怖。
    潜入捜査官も人間であり、捜査対象者への特別な感情がうまれ、それによる苦悩や葛藤。
    ブライアン・クランストンの渋味のある表現力、そして適材適所の脇役陣により、見応えのある作品になっている。

    ”ブレイキング・バッド〟ファンはもちろんのこと、”インファナル・アフェア〟のような潜入ドラマの緊迫感が好きな方にもオススメできる良作です。

  • 3.8

    ろーさん2021/10/31 12:20

    ナルコス民だから、一瞬パトロンが映った瞬間ちょっと喜んでしまった。

    会ってみたらいい人なのよ。そらそうだろうけど、でもダメなのよ。主人公大分揺さぶられとったけど😅

    潜入ものって有能な人々がどんな理不尽な目でも諾々とこなすので、どうしたって面白くなるよな。

    ダイアン・クルーガーが別嬪で、レグイザモは可愛かった。

  • 4.5

    おくらさん2021/10/29 21:48

    麻薬カルテル、資金洗浄、セックス、殺人、金。この題材をbreaking bad主演のブライアンクランストンが演じるの反則すぎる。タイトルが潜入捜査ではなく潜入者なのは、見終わってすごい納得するところがある。サブスクは10月末まで

  • 3.5

    yuukiteさん2021/10/29 01:36

    ブライアンクランストン製作主演による麻薬潜入捜査もの。共演は同じ潜入捜査員役でダイアンクルーガー。実話ベースの映画化。後半の結婚式場の長回しが印象的。

  • 3.6

    はるさん2021/10/28 22:07

    2回目観賞。登場人物が多くて混乱していたのが整理できた😅

    家族も巻き込んでの正に命懸けの仕事、死と隣り合わせの恐怖は想像も出来ない。地味だけど目が放せなかった。しかも実話なのが驚き

  • 3.3

    NowLoadingさん2021/10/24 18:12

     昨日の一本。

     ホワイト先生ことブライアン・クランストンが追われる側から追う側になるという珍しい形に。

    兎に角時間経過の描写が下手なので何ヵ月の話なのかと思っていたら何年も歳月が飛んでいたとあとから知る。奥さんが怒ってんなぁとボーッと観ていたら数年も偽装交際していたんだなぁと解る。

     主人公のムセラ(偽名)が段々と狂気に触れていくさまは流石クランストンである。怖いもんもう。

     そしてこれが実話なんだなというのもパブロ・エスコバルの手広さがここでもわかる。ナルコスの話をもっと拡張して面白く観られる一本。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました