お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

町田くんの世界

G

<はじめての恋>が、僕たちの世界を変えた

町田一、16歳。地味なメガネの高校生。見た目は優等生なのに勉強は苦手。運動神経はゼロに等しく、要領も悪い。得意なものが見当たらない…。でも“人を愛する才能”だけはズバ抜けていた! ある日、授業中にけがをして保健室へ行った町田くんは、そこでサボっていた猪原さんと出会う。不在の養護教諭に代わって手当をしてくれた猪原さんだが、彼女は「人が嫌い」だと言う。そんな“人嫌い”の猪原さんが町田くんはとても気になった。今まで出会ったことのない“わからない感情”が芽生え始める町田くん。誰かに優しくすることは、ほかの誰かを傷つけることもある…?生まれてはじめて直面した現実に町田くんの中で嵐が吹き荒れる!これまで関わったすべての人たちを巻き込んで町田くんが走り出す。“はじめての恋”の先にある未知なる世界に向かって―!

詳細情報

関連情報
原作:安藤ゆき「町田くんの世界」(集英社マーガレットコミックス刊)
音声言語
日本語
制作年
2019
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2019-11-06 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

ラブストーリー邦画ランキング

町田くんの世界の評価・レビュー

3.5
観た人
7852
観たい人
9874
  • −−

    ランドさん2021/03/02 10:56

    最後〜〜??まってまって、と追いつけないながらも、いい映画だった 町田くんの気持ち、わかる……… 基本的に人が好き、なにか悪いことが起こらないと人を嫌いにならない、もしくは起こっても「何か理由があったはず…」となる心持ち、とてもわかるのよ…… だからわたしは勝手に町田くんはあのままでいいのに… と思ってしまった、別に変わっていくことが悪いわけじゃないけどね

  • 3.8

    はやとさん2021/03/02 07:42

    令和の横道世之介。
    きっと町田くんが携帯を持たないのは見ず知らずの人の悪の部分が自然の目について、大切な人だと思いづらくなっちゃうからなんだろうな。誰にでも優しいことが、ある人からみたら唯一の欠点。誰かのために一生懸命になることの大切さ。シンプルなメッセージがしっかりこもった作品。
    キャスト陣が豪華だけど主張しすぎずW主演を支えてる感じはよかった。ティムバートンみたいな世界観だったな。
    人生に行き詰まったらまた見ます。

  • 4.5

    ひでさん2021/03/02 01:52

    関水渚を見たくて観たけど、やっぱりぐうかわだった。

    とりあえず4.5は関水渚の可愛さにつけてる点なので、作品とは全く関係ないです、と断言したい。

    脇役がSSR級で素晴らしすぎてどゆことって感じだった。太賀、あっちゃん、池松くん、戸田恵梨香、佐藤浩一、北村有起哉っていうもう最強の布陣。。

  • 2.7

    ミナミさん2021/03/01 16:19

    何故か期待して見た、けどそこまで…
    展開が早くて登場人物の心情がイマイチよく分からない感じ
    原作がやはり好き

  • 3.0

    ジュースさん2021/03/01 01:12

    前田敦子学生役無理あるだろ‼︎っと思ったが岩ちゃんと大賀も出てたからなんでもありな感じね。
    何事にも一生懸命で無意識に他人に親切、幸せに出来る町田くんが羨ましい。
    誰かに優しくするって事は他の誰かを傷つけてる事になる。
    でも後半の尻すぼみ感は否めない。
    氷室くん心変わり早くてついていけないし
    最後はやっすい恋愛映画のクライマックスみたいでそれが良いのか悪いのか…わからない(笑)。
    でも町田くんと言う人間が魅力的なのは伝わってきた。

  • 5.0

    softmachineさん2021/02/28 18:25

    「いい人は、いいね」という言葉が思い浮かんでしまう映画。(ググッたら伊豆の踊り子の台詞だった)
    最初は笑いながら町田くんを見てたんだけど、だんだん「誰にでもいい顔するのってどうなの?それって誰にも優しくないんじゃないの?」と、優しくされて町田くんを好きになっていく女の子に成り代わってムカついている私。

    「私たちは誰もが「いい人」でありたいものである。そして、誰もが「いい人」であり得る世の中が実現できれば、どんなにか素晴らしいことであろう。」というのは伊豆の踊り子の文章だけど、まんま、この映画の解説に使える感じ。

    町田くんの自我の薄いトンデモいい人キャラは、いろんな人のそういうコンプレックスを刺激して、みんなをいい人に変えていく。意地悪そうな岩田剛典が吹っ切れたシーンも爽快で、再び「いい人はやっぱりいいね」と思う。
    面白いのは、序盤と終盤だけ唐突に風船で飛ぶSF入ってること。あれで「この話はファンタジーですよ」と認識させてるのか?と思ってしまった。
    そして、バタあし金魚を彷彿させるエンディングに感涙。漫画原作を読みたくなった。

  • 3.8

    クソシン25さん2021/02/28 14:04

    原作漫画未読で鑑賞。なんだか、ほっこり、笑えて、心地良い余韻が残る、脱力系ラブコメファンタジー。面白い、ハマりました。主人公の町田くん(細田佳央太)は、超博愛主義者で、全人類を家族と同じように愛せる(人間大好き)高校生。たまたま、保健室に入り浸る人間不信の同級生の猪原さん(関水渚)と出逢ったことで、ほっとけない存在から「好きって何?」と新たな感情の芽生えに翻弄され、周囲を巻き込む、後押し、応援大騒動になるハートフルコメディーとちょい足し町田くんの心情ファンタジー。風船ファンタジーいる?!とツッコミながら、「町田くんの世界」のタイトルで、すべて許されちゃいました。細田佳央太、本作が初主演とか、コンフィデンスマンJPの関水渚、共にとてもフレッシュで好感持てました。とにかく、ちょい役まで豪華俳優(太賀、高畑、前田、岩田、池松、、、更に大御所多数)、起用でオムニバス的に、それぞれの優しさが伝染していくプチドラマもはさまり、その伏線回収もあったりで、おまけの楽しみ方もあり。とくに、前田敦子の毒舌同級生役は、昨今のワイドショーの賑わせも邪魔にならない、ほど良いやさぐれ感で、とてもはツボにはまりました。「俺物語」以来の当たりになりました。原作、読んでみたくなりました。

  • 2.7

    decoさん2021/02/28 12:52

    太賀目当てで見たんだけど思いの外、高評価。

    町田くんと井ノ原さんがとてもかわいくて、愛おしかった。
    前田のあっちゃんも、よかったねー。
    自分の高校時代を思い出した、リアル(笑)

    太賀と岩ちゃんの高校生役はちょっと無理があったかな〜笑

    池松壮亮、太賀、佐藤浩一、北村有起哉
    一瞬で空気を変えてしまう役者さんの凄さを感じられた作品だった。

  • 2.2

    niroさん2021/02/27 21:50

    18
    期待はずれ
    コンセプト、メッセージ、キャストは悪くないはずなのに演出で全てが台無し
    ヒロインの子は良かった

  • 3.3

    Sさん2021/02/27 09:20

    漫画が大好きなので鑑賞。
    前田敦子のサバサバした感じが似合ってたし、太賀はどこまでも太賀だった。

    ただし🎈はだめよ。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す