お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

やっぱり契約破棄していいですか?

G
  • 字幕

最後に笑うのはどっちだ!?Wシチュエーション痛快エンターテインメント!

青年ウィリアムは、小説家を目指すも全く芽が出ず、人生に絶望し7回も自殺を試みたがいずれも失敗している。一方、長年殺し屋としてキャリアを積んできたレスリーは、英国暗殺者組合の毎月の暗殺件数のノルマを達成できず引退に追い込まれていた。ある日この二人は出会い、“死にたい小説家”ウィリアムは、“クビ寸前の殺し屋”レスリーに一週間以内に殺してもらう契約を結ぶ。これにて一件落着!と思いきや、ウィリアムの前にキュートな彼女が現れ…「契約破棄」から始まるワケあり二人の“人生を懸けた一週間”が、今はじまる!

詳細情報

原題
DEAD IN A WEEK(OR YOUR MONEY BACK)
関連情報
製作 ダニエル=コンラッド・クーパー:ニック・クラーク・ウィンド,製作総指揮 ジーナ・カーター:オリオン・リー,マイク・ルナゴール,アンディ・メイソン,スティーブン・フライ,撮影 ルーク・ブライアント:衣装 ナタリー・ハンフリーズ:編集 タリク・アンウォー:美術 ノーム・パイパー:音楽 ピーター・ジョブソン:ポール・ソーンダーソン,ガイ・ガーベイ
音声言語
英語
字幕言語
日本語
制作年
2018
制作国
イギリス
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2019-12-30 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

キャンセル

コメディ洋画ランキング

やっぱり契約破棄していいですか?の評価・レビュー

3.5
観た人
1029
観たい人
6236
  • 3.4

    たまごちゃんさん2020/07/30 07:45

    自殺願望のある売れない小説家がクビ寸前のおじいちゃん殺し屋に自殺を依頼するどたばたブラックコメディ
    この設定だけで大分面白い

    話し的には大きな山場とか見せ場もないけど題材が題材なだけにブラックユーモアに溢れてる
    ラストは笑えるようで、笑えないような・・・ともかくギリギリ攻めてくるセンスがすごい

    殺し屋のおじいちゃんの奥さんが一番殺し屋っぽかったなw

  • 4.3

    じゅんふうさん2020/07/26 18:10

    自殺志願者の小説家の青年と、あと1件でノルマが達成する暗殺者のドタバタなブラック・コメディで、自分好みで大変おもしろかった。重たいエピソードと笑えるネタが散りばめられていているけどどれも冗長じゃないのであっさりと見れる。それほどグロくはないし、死がギャグテイストになり軽い扱いされるのもブラックでとても楽しめました。ヒロインのフレイア・メーバーが容姿性格共にとても素晴らしい女性で、理想的。一方の暗殺者側にも矜持があり、それを傷つけないようにいたわる妻がとても良い人で感動もできる。
    最後のオチまでブラックで自分は好きな意表のつかれ方でした。
    重いテーマを軽いコメディにすると、大抵は不愉快さが勝ってしまうものですがこの映画はうまいバランスが取られていて期待以上に楽しめました。

  • 4.0

    たまきんぼぉーいさん2020/07/20 00:54

    Freya Mavorちゃんが可愛すぎてつらい…!
    思わずFreya Mavor titsでググっちゃいますよね!

    フレイヤちゃん、可愛いです☺️

  • 3.6

    y子さん2020/07/12 19:24

    ブラックコメディだな〜!人死にで不謹慎に笑うのイギリス映画らしい(偏見?)好きです。
    登場人物が全員どこかネジが外れてる感じが良い。
    どう死ぬか=どう生きるかだなあ…なんて、コメディ映画でもしっかりとしみじみさせられた。良作だと思います。
    それにしてもアナイリン・バーナードは顔が良いね。

  • 3.9

    Seanさん2020/07/11 03:21

    さすがイギリス

    独特な設定を独特な視点から見たストーリーが進んでいく
    ダークさがキツく見えないのがクオリティが高い証拠

    丁寧で綺麗な英語
    ノスタルジックで品のあるカフェ

    全体的に青がかかってるのも最高


    そして皆さんお気づきですか
    道路が濡れているんです

    理由は様々だろうけど
    そこが個人的にすんごいかっこ良く感じるポイントなんです…


    『人生は人を欺くんだ』

    この言葉を使うのは経験からなのかな
    そしたらなかなか味のある脚本家だよね


    終わり方も初めての感覚で良かった

  • 3.6

    熊井さん2020/07/04 21:13

    めっちゃ好きだ。けど、最後だけ残念。
    不死身かもみたいな会話してたし、生きてて欲しいなぁ。
    出版社のボスすぐ死んじゃったけど、セリフ回し面白かったし、もうちょっとだけ見たかったかも。

  • 3.7

    donguriさん2020/06/30 18:48

    18年 トム・エドモンズ監督作品。

    自殺願望のあるの主人公ウィリアムとノルマに追われた老人の殺し屋レスリーを中心としたブラックコメディー。

    バタバタと人が死ぬしかなり不謹慎な映画ですが、緊張感あるシーンもあって面白かった!

    なんといっても、殺し屋のレスリーの奥さんがホント素敵な人で、しかも最強でした^ ^

    物語のテンポが良くイギリス映画らしい人情味とシニカルな笑いが味わえる良作でした。

  • 3.3

    じんさん2020/06/21 20:42

    もう設定から見たい!ってなっちゃうよね。展開も長さも凄く見やすかった。クスクス笑えるシーンばかりなのに、沢山生き方を考える言葉が隠れてて良き!

  • 3.5

    とりんさん2020/06/17 01:49

    2020年45本目

    小説家を目指すも全く芽が出ない青年ウィリアム、人生に落胆して何度も自殺をしようとするが失敗してなかなか死ねない。
    ある時引退間近のベテラン殺し屋レスリーに出会い、自分を殺す依頼をする。
    そんな矢先小説の出版の話が出て、出版社で働くエミリーと惹かれ合い、ようやく生きる希望を見出し、契約を破棄しようとするが。

    タイトル的に間違ってはいないけど、あまりにもB級ぽさがありすぎて、残念なタイプの映画。
    ただ内容は時に笑え、少しホッコリする良い映画。
    自分の死を殺し屋に依頼し、しかもそれを自らキャンルするという、ありそうでなかったストーリー。
    ウィリアムが人生に希望を見出したことによって契約破棄を申し出るのだけれど、それが少し雑。
    辛い過去があり、自分の夢も閉ざされていた状況に絶望していたのはわかるけど、なんか意外とあっさりというかトントン拍子で立ち戻ったなという感じ。
    でも自殺しようとしても死ねないというのが、偶然が重なったりして、彼を死なせないようにする神様のイタズラというか、そんなようにも取れた。

    生きる希望を見出すという彼だけのストーリーだけではなくて、殺し屋の方にもストーリーがしっかりある。
    ベテラン殺し屋レスリーだが、もう老体でノルマもギリギリ、失敗も重ねてしまい、上からは引退を迫られている。
    でも自分としてはこれが生きがいで、仕事を全うしないと生きてられないと感じ、引退を何度も断って、プライドを捨てでも仕事を続けようとした。
    そんなレスリーもウィリアムとの出会い、そして妻とのやりとりで心が動いていく。
    この妻がまた良い人極まりない。
    この老夫婦って夫婦のすごく理想な形だと思う。
    彼の決断と妻とのやり取りを観て心温まった。

    そしてラストの締め方、こんな終わり方をするかと少し驚いた。

  • 3.6

    lalaさん2020/06/04 12:52

    ウィリアムは小説家として芽が出ず自殺を何度図るもすべて失敗して生き延びてしまう。ある日、暗殺のノルマが達成できずクビ寸前の殺し屋に出会い、1週間以内に自分を暗殺してもらう契約を結ぶ。


    自分の存在価値がキーワードな映画。生きる意味を失った小説家志望の男と、人を暗殺する仕事に命をかける殺し屋。恋人や妻の影響で、2人の自分の存在価値に対する考えが変わっていく姿が面白い。

    まじか!ってなるラストだけど、これも1つのハッピーエンドだと思いました。(捉え方は人によってかなり分かれる)

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す