お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

バニシング ’72

G
  • 吹替
  • 字幕

ニクソン大統領の為の極秘不正資金を強奪!語られる事がなかった、実在のアメリカ史上最大の銀行強盗

1972年、ハリー・バーバーと彼の兄弟達は、ニクソン大統領が再選の為の秘密資金30億円が保管されている、カリフォルニア銀行を襲う計画を企てていた。彼らは、用意周到に準備し銀行に侵入する。しかし金庫を開けている最中に、FBIに出くわしてしまう。FBIは指紋を基にモンタージュ写真を作り、指名手配となった強盗メンバーはバラバラに逃走する事に。ハリーは彼女のモーリーに、一緒にメキシコに逃げようと提案する。モーリーは父親が保安官だとハリーに告白し、罪を白状していたことを告げるが…               

詳細情報

原題
Finding Steve McQueen
音声言語
英語or日本語吹替
字幕言語
日本語
制作年
2019
制作国
アメリカ
対応端末
公開開始日
2020-02-04 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

キャンセル

クライム・犯罪洋画ランキング

バニシング ’72の評価・レビュー

3.3
観た人
81
観たい人
92
  • 3.0

    ブルースターさん2021/11/03 18:45

    WOWOW.

    1972年アメリカで実際に起きた銀行強盗事件を再現した犯罪群像劇。ニクソン大統領が隠し持つ大金の強奪を企てた。ゆるい雰囲気でしたが、違和感なかった。実話でもこんな作り方があるんだなあと感心した。ラブロマンスの人間ドラマを見るのか、銀行強盗のスリルを楽しむのか迷いますが面白かった。

  • 4.1

    ダイチャンさん2021/09/23 18:54

    主人公は結構イイやつだなぁって感じ
    黒人初のFBI捜査官と女性初の捜査官も出てくる
    廃業した映画館の上に住んでるって素敵な設定だし、ダイナーのデザートも美味しそう
    派手な色彩だけど、とても感じのいい画面だった
    フォレスト・ウィテカーの登場のときの太陽光線凝ってたし、どこもかしこもいい感じに思える映画でした

  • 3.6

    キッチャンさん2021/09/10 15:32

    スティーブ・マックイーンを見つける
    ウィキペディアから、無料の百科事典
    ナビゲーションにジャンプ検索にジャンプ
    スティーブ・マックイーンを見つける
    Finding Steve McQueen.png
    劇場公開ポスター
    監督:監督 マーク・スティーブン・ジョンソン
    書き込み
    ケン・ヒクソン
    キース・シャロン
    プロデュース:プロデュース
    アンソニー・マストロマルーロ
    シルビオ・ムラリア
    アレクサンドラ・クリム(デ))
    主演
    トラヴィス・フィンメル
    レイチェル・テイラー
    ウィリアム・フィヒトナー
    リリー・レイブ
    リス・コイロ
    フォレスト ウィテカー
    撮影 ホセ・ダビド・モンテロ
    編集日時:
    ジュリア・フアニズ
    キャサリン・ヒモフ
    音楽による ビクター・レイエス
    制作
    会社
    パラドックス スタジオズ
    アイデンティティフィルム
    AMBIメディアグループ
    配布方法 モメンタムの写真
    リリース日
    2019年3月15日(米国)
    再生時間 91分
    国 米国
    言語 英語
    切符売場 $18,566[1]
    スティーブ・マックイーンを見つけることは、マーク・スティーブン・ジョンソン監督とケン・ヒクソンとキース・シャロンによって書かれた2019年のアメリカの強盗スリラー映画です。映画スタートラヴィス・フィンメル、レイチェル・テイラー、フォレスト・ウィテカー、ウィリアム・フィヒトナーは、ニクソン大統領の違法な政治的スラッシュ基金から数百万ドルを盗もうとしているギャングの物語を語っています。2019年3月15日にアメリカでモメンタム・ピクチャーズによってリリースされました。映画は、ユナイテッド・カリフォルニア銀行強盗に基づいています。


    内容
    1 陰謀
    2 キャスト
    3 生産
    4 レセプション
    4.1 切符売場
    4.2 重要なレセプション
    5 参照
    6 外部リンク
    プロット
    1980年、ハリー・ジェームズ・バーバーは、彼が彼の秘密を発見した後、関係が緊張している彼のガールフレンドモリー・マーフィーに8年前に犯したカリフォルニアの銀行強盗についての彼の話をします。

    1972年、ハリーはペンシルベニア州の改装された劇場の隣に住み、俳優のスティーブ・マックイーンの大ファンです。ハリーは、リチャード・ニクソン大統領の違法なスラッシュ基金を含む銀行を強盗するハンドラーエンツォ・ロテッラ率いる計画に同意していた。チームにはポール・キャラハン、レイモンド・ダロウ、ハリーの兄トミー・バーバー(ベトナム戦争のベテラン)が参加しています。

    ギャングはカリフォルニアに旅行し、銀行から遠くない別荘を借りる。ハリーは、夫が車両事故で死亡したバーで未亡人モリー・マーフィーに会います。ハリーとモリーは喜んで二人の関係を発展させるが、彼は関係を通してモリーから彼の計画についての秘密を隠す。夜には、ギャングは警報システムを無効にし、ダイナマイトで金庫の屋根に穴を吹くことによって銀行の金庫に入ります。3日間の強盗の後、彼らは正常に全体で約900万ドルを略奪しました。しかし、ハリーは$10,000しか受け取らず、残りのチームは別々の道を行きます。強盗の後、銀行の仕事は公的な知識となり、FBI捜査官ハワード・ランバートとシャロン・プライスが事件を起こす。徹底的な調査の後、彼らは最終的に仕事にリンクされた別荘を見つけ、洗われていない食器や道具に残された指紋を通して犯人を特定するために管理します。その後、逃げ出して逃走するハリーを除き、ギャングのすべてのメンバーが当局に逮捕される。

    1980年、ハリーはモリーに法律から逃げ出し、保安官の父親に電話して逮捕したと言う。彼らがダイナーから出ると、ハワードと地元の保安官が到着し、ハリーは拘禁される前に彼女の別れにキスをします。エピローグは、ハリーは懲役7年の判決を受けたが、保安官からの手紙がハリーの性格を証明するために町民によって署名されてから3年後に減刑されたと述べている。

    キャスト
    トラヴィス・フィンメル: ハリー・バーバー
    レイチェル・テイラー : モリー・マーフィー
    フォレスト・ウィテカー : ハワード・ランバート
    リリー・レイブ: シャロン・プライス
    ウィリアム・フィヒトナー : エンツォ・ロテッラ
    ジェイク・ウェイリー : トミー・バーバー
    ジョン・フィン: W・マーク・フェルト
    リス・コイロ: レイ・ダロウ
    ルイ・ロンバルディ: ポーリー・キャラハン
    プロダクション
    映画の主な撮影は2016年9月の初めにジョージア州アトランタで始まりました。 [3][4]

    シーンは10月上旬にジョージア州ダラスで撮影されました。

    レセプション
    ボックスオフィス
    スティーブ・マックイーンを見つけたのは、米国とカナダで69ドル、他の地域で18,566ドルでした。 [1]

    重要な受信
    レビューアグリゲーターロッテントマトでは、映画は5.95/10の平均評価で、23のレビューに基づいて52%の支持率を保持しています。 [5] Metacriticでは、この映画は「混合または平均レビュー」を示す9人の批評家に基づいて、100点中56点の加重平均スコアを有する。 [6]

    以上Wikipediaから引用

     トミーがフロントポーチの野球カードの札を見ている時、1988トップロジャークレメンスオールスターカードがあります。映画は1972年が舞台のでこれは明らかに間違いです。
     エージェントランバーはタクシーを検索するためマグライトトーチ使用していますがマグライトは1979年まで作られておらず映画は1972年が舞台ですのでこれもおかしいです。
     
     主人公はSETEVE MAQUEENのフアンで
    サングラスはMAQUEENは私生活・映画華麗なる賭けで使用しているイタリアのペルソールの折り畳みのMAQUEENモデルのサングラス714SMか、それより細身の9714s。

     でもMAQUEENは映画の黒色フレームではなくて茶色フレームを愛用していました。
     
     せっかく青色のタートルネック通ってる過ごしているのですからズボンもジーンズではなくブリットみたいにグレーのスラックスを着用し靴もマットガードにして欲しかった。

     実際の主人公のモデルになった方がマックイーンに似ているみたいですがこの主人公は小太りなところが愛嬌でしょうか。

  • 3.1

    ザンさん2021/09/05 21:30

    綿密にたてた計画のようでありながらも、どこか抜けている米国流犯罪。動かない食洗器の中身は証拠の宝庫だろうな。通報されて現場に来ているはずの地元警察の杜撰な立ち振る舞いと女性捜査官の勘の鋭さは対照的。

  • 3.8

    やぎちゃんさん2021/08/18 14:58

    ニクソンのお金を銀行から奪おうとした男たちとその後。ほっこりラブロマン。どこまで実話なのか調べてもわからない〜。面白かったです。

  • 3.8

    レイチェルさん2021/08/16 08:53

    細かいところがたくさんクスッと笑える選手権のトップかも。映画愛、特にS.マックィーン愛でいっぱい。60年代70年代の名作タイトルが散りばめられてワクワク。

    実話。とは思えないほどユルユルの銀行強盗事件。ニクソン大統領の隠し金があるらしいので、盗んでも追われないだろうという計画はあまりにもトンマで最高。

    ベースのラブストーリーが可愛い。

    たくさん気がついて笑ってほしいです。

  • 3.0

    風来坊さん2021/08/14 20:50

    悪名の高かったニクソン大統領の隠し資産の噂を聞き付け盗もうとした、1972年に起きた"ユナイテッド・カリフォルニア銀行襲撃事件"を基に描いたアメリカ製の犯罪群像劇。

    実話を基にした犯罪群像劇ですが、雰囲気は緩く軽いノリ。実録犯罪劇特有の影を落とす感じがない変わった作風。
    70年代というセキュリティがまだ緩い時代とはいえ、こんな杜撰な計画がよく実行出来たと思う。

    あんな大事件起こして刑期も短いし、やっぱり時代の緩さなのか…。
    エンディングに主人公の実際のモデルが顔を出すが、反省してない感じはなんかモヤモヤ…。

    ロマンスの時に流れる音楽は「トゥルー・ロマンス」を思わせる。
    事件に関わるそれぞれの視点を別に描いているので時系列はバラバラの構成。犯罪一辺倒にさせずに飽きさせない構成とは思うが、恋愛がメインみたいな感じなので好き嫌いが分かれそうですね。

    スティーブ・マックイーンに憧れる主人公を演じるのはトラヴィス・フィメルさん。脇でウィリアム・フクナーさん、フォレスト・ウィテカーさんという大御所が物語を彩っていました。
    ヒロインのビジュアルはニコール・キッドマンさんをイメージしているのか?それともフェイ・ダナウェイなのか?

    スティーブ・マックイーンを物語の小道具としては使用したり、緩い雰囲気は評価が分かれそうですが、実話を基にしながら殺伐さを感じない物語は珍しくまあまあ楽しめた作品でした。

    まとめの一言
    「華麗ではない賭け」

  • 3.0

    fishmuttonさん2021/08/10 23:48

    良いドラマだった。
    銀行強盗の話だと思ってみたら、主人公のドラマだった。キャラクターというか、彼の表情から見える感情が良かった。

    恋人モーリーをカフェに呼び出した主人公。彼は8年前の’72年に起きた銀行強盗の犯人“ハリー・バーバー”だと言い、ここに至る経緯を彼女に語り出す。
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    弟を何より大事に思っているんだろうなってのが、視線や行動で伝わってきた。
    叔父に誉められると嬉しいし調子にも乗っちゃうけど、大事にされてないとわかって悲しむ様。
    事の大きさに動揺する様。
    恋人の実家で子供達と戯れる様。
    元来気の良い奴なんだろうけど、どこか寂しそうというか捨てられた子犬みたいな感じがあるなと思った。

    モーリーに出会えて、自分の中でけじめを付けられて、変われて良かったね。
    刑期の減りのすごさにはビビった。それだけ慕われた人物だったのだろうか。
    弟と、モーリーのその後が気になった。

    ハリー:主人公。S・マクィーン/ジョン・ベーカー。
    トミー:ハリーの弟。ベトナム帰還兵。野球カードが好き。
    叔父:計画の主犯。ニクソン憎し。今回はハリーを誘う。
    太っちょ:当初計画に難色を示していた。
    ひげ:銃持った見張り役。
    黒人警察官:事件を捜査。良く気がつく。
    女性捜査官:事件を捜査。勘が良い。
    モーリー:主人公の恋人。ルールは互いに“嘘をつかないこと”。父は保安官。

  • 3.5

    なおさん2021/08/10 22:11

    1972年アメリカで実際に起きた銀行強盗の話。テンポよく進み、何も考えずに楽しめた😊主役の人がスティーブマックィーンが大好き、という設定だったのでマックィーンの映画が観たくなった(ちなみに、私もマックィーン大好き❤)

  • 3.2

    犬さん2021/08/09 11:42

    野球カード

    1980年、ペンシルベニア州
    ハリーは7年も交際中の恋人モリーに今まで隠してきた秘密を明かす
    1972年、ハリーは同じ職場で働くエンゾから現職の大統領ニクソンが“ユナイテッド・カリフォルニア銀行”のある支店に隠している3000万ドルを奪う計画に誘われてそれに加わる
    ハリー、エンゾなど計5人のグループは、貸金庫室に侵入することに成功するが、ニクソンの資産は見当たらず……

    ある犯罪者グループが悪名高いニクソン大統領の隠し資産を盗もうとした“ユナイテッド・カリフォルニア銀行襲撃事件”を描いたクライムドラマ

    フレンチホルン

    回想
    変わった構成でした

    それぞれのドラマ

    アクション
    緊迫感もある

    捜査
    最後はどうなるか

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました