お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

パリ、嘘つきな恋

G
  • 字幕

トンデモナイ嘘から最高の恋が始まる!?

ジョスランはパリの大手シューズ代理店で働くビジネスマン。イケメンでお金持ちで女性にモテるが、恋愛に求めるのは一時的な楽しさだけ、という軽薄な男。ある日、ひょんなことからジョスランが車椅子に座っていると、偶然美しい女性ジュリーと遭遇。彼女の気を引くために「自分は車椅子生活だ」と、とっさに嘘をついてしまう。すっかり信じたジュリーが彼に紹介したのが、姉のフロランス。車椅子生活を送りながらも、ヴァイオリニストとして世界中を飛び回り、快活でユーモア溢れる魅力的なフロランスと出会い、ジョスランは本気で恋に落ちる。2人はデートを重ね、互いに惹かれていくが、ジョスランはまだ最初の嘘をついたまま。一方、実はフロランスも彼に隠し事があるようで・・・?果たして、トンデモナイ嘘から始まった恋の行方は!?

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

ラブストーリー・恋愛・ロマンス洋画ランキング

パリ、嘘つきな恋の評価・レビュー

3.7
観た人
3191
観たい人
6777
  • 4.1

    daimaeさん2021/06/12 21:24

    車椅子だが活動的な女性と、ヒョンな事から車椅子のフリをする事になった男性の恋愛映画。個人的には配役が絶妙で、アレクサンドラ・ラミーがとても魅力的でした。
    恋愛映画では、最後に強引に結び付いたり、いつ好きになったの?という展開のものも多く、まあそれはそれで割り切って観てる部分もあるけど、この映画はその過程が丁寧に描かれておりそこもよかったです。

  • −−

    ともきちさん2021/06/07 16:05

    ジョスラン、モテ男とは思うけどどう見ても49歳には見えなくて。。。フロランスは最初はピチギャルな妹に比べて地味に見えたのに、どんどん魅力が溢れ出て来る憎い演出だった。
    ほっと一息つきたい時に観れる作品。

  • 3.5

    ほおづきさん2021/06/05 21:54

    車いすの女性を口説くために、あるきっかけから自分も車いす利用者だと偽らなきゃいけなくなった男のドタバタシュールコメディ。

    なんだかんだ真実を言い出せなくなる主人公や、絶対うそってばれてるでしょwとか思いながらも慣れない車椅子生活に四苦八苦する姿に笑ったりして、コメディの部分は面白かった。

    コメディ要素だけじゃなく、相手の女性が妹に本音を打ち明けるシーンにジーンとしたり、チャラ男だった主人公が本気で好きになった女性だったからこそ本音を言えないでいるっていう姿もよかったとは思うんだけど・・・
    ただ、主人公の友人、弟、秘書といったまわりの人たちが気が利く人ばかりで、全部フォローで助けられちゃってて主人公が自分では何もしていないから、観終わってからも素直にいい映画だった~とは思えなかった・・・

    これ女性の方を主人公にしたらよかったと思った・・・でもそうするとコメディじゃなくなっちゃうのか・・・

  • 4.2

    唐澤俊輝さん2021/06/05 20:29

    現代だけど美しさのある映画。
    音楽がとても好きだった。
    嘘が嘘をよぶ。
    最後の嘘はカッコよかった。
    嘘も使い方次第。
    障害を持ってる人を悲観に見てしまいがちだが、本人はもっと前を向いて生きてることが伝わる、とても素敵な映画。

  • 3.5

    Jon90さん2021/06/05 19:41

    馬鹿な男 笑
    いい女

    陽気なフランス映画だと思って観てたのに、迂闊にも感動。

    それにしてもすごい家だな…

  • 3.0

    mioriさん2021/06/05 00:50

    フランス人の笑いのツボって
    なんか…う、うーんて感じで独特なのよね

    プールのシーンが最高だったな。

  • 4.8

    akrさん2021/05/29 16:27

    久しぶりに良い映画を観ました!(感想長いです)

    原題はTout le monde debout(みんな立ち上がろう)
    主人公を真っ向から皮肉しててこういうところThe フランスだなって思いました笑
    私は原題の方が好き!

    主人公の考えが本当に浅はかすぎ😂
    でもその考えを徐々に変えていく恋の力ってすごいなって思えた映画。車椅子の嘘を通し続けた主人公もすごい笑笑

    何歳になっても恋愛する精神は本当に好きだし最後何故か泣いちゃった笑 
    でもPardonよりJe suis désolé じゃないのってつっこみたくなった

    「自分が障がい者であることと向き合え」って言葉が素敵だったし、私には無い考え方だったから勉強になった。障がい者であることを認めて自分は自分、他人は他人と割り切って生きていった方が楽だと思う。これは自分が障がいを持ってないから言えるのかもだけど。
    健常者はいつも綺麗事しか言わず、うわべだけの同情しかしないみたいなセリフも心に響いた。まさにその通りだし健常者が「障がいなんて関係ない、みんな同じだよ」と言ったとしても本当の心の中はそう思ってなさそう。自分は障がい者とは違うんだって一線引いてる感じ。

    障がい者の人とどう接していくかって人生の課題だと私は思う。この悩みは一生尽きないし、答えが出ない。ここまで考えさせてくれた映画には出会わなかったから観て良かった!

    長々と書きましたが最後まで読んでくれてありがとうございます♪

  • 4.0

    ぺさん2021/05/27 17:17

    恋って素敵だー!!幸せな気持ちで満たされた。嘘ついて引くに引けないのわかる。嘘はよくないね!
    あんな女性憧れるな〜強くて地に足ついてて前向きで。あと秘書も憎めなくて好き笑

  • 3.0

    雨宮はなさん2021/05/27 15:44

    フランスだからこそ面白くできたロマンスとシナリオ

    主人公のついた嘘のバレ方が3パターン用意されているのが面白かった。
    嘘だと知るキッカケも、嘘を楽しむ気概も人生を少し長く歩んだ人間ならではだった。

    日本のように「こんなに大変だなんて!」「優しくしよう」といった親切を強要するための作品ではないし、米国のように「ありのままの自分を受け入れるのー!」「これが自分よー!」という俺覚醒・主張作品でもない(一部そういった表現のシーンもあるが)。
    フランスはあくまで「自分はこういう人間だというだけ」「こういう人間もいるというだけ」と表しているに過ぎない。自分の状態を正しく認知し、本当に受け入れているからこそ「普通にできない」ことも提言できる。本当に障碍者を差別しない、という良いお手本だと思う。

    主人公がヒロインと過ごすにつれて真人間になっていく過程が面白い。
    謝罪の仕方は強引だったが普段と違っていいわけなしで謝罪だけで切り上げたのはかっこよかった。
    ただ、主人公は遊び人という設定にはいまいち納得がいかなかった。外見と金が揃っていてモテる、招待を隠して遊んでポイ…という台詞が観られたが、冒頭でついた嘘のテキトーさをみるにあれで成功するとは思えない。50歳にしてはかなり老けていると思えたし、隣人の胸ばかり見ている姿はまさしくボケ老人そのものだった。いいとこいって、”しゃんとした60歳””50歳のわりにモテる”くらいだと思う。

  • 4.0

    Nancyさん2021/05/26 23:03

    フランス発のコミカルかつ、オシャレなラブストーリー。

    たまには大どんでん返しや、あっと驚く展開のないこういうラブロマンスが観たくなる!
    会話もオシャレだし、ロマンチックなシーンもあるし、何より明るいのが◎
    大人のラブコメのお手本って感じ。
    プールのシーンは映像が綺麗でセンスを感じる。
    映画としてどうこうじゃなく、純粋にこういう作品が好きだなぁ。
    ラブコメ好きな方はぜひ。

    139

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す