お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ファイティング・ファミリー

G
  • 吹替
  • 字幕

究極のエンターテインメント”プロレス”に生涯をかけた強い絆で結ばれた家族の真実の物語

イギリス北部ノーウィッチでレスリング・ジムを営むナイト一家はレスリングの固い絆で結ばれている。中1の時からリングに立っていた18才のサラヤ(フローレンス・ピュー)は特にレスリングを愛している。日々ジムに通う子供達にレスリングを教え、いつかはWWE(ワールド・レスリング・エンターテイメント)の試合に出て一家を盛り上げたいと願う健気な娘だ。兄のザック(ジャック・ロウデン)もプロレス命。だが彼は愛する彼女と結婚をし、普通の家庭も持ちたい。そんな兄妹に転機が訪れる。トレーナーのハッチ(ヴィンス・ヴォーン)に誘われ、WWE のトライアウトに参加する。そこで二人が尊敬してやまない、かのドウェイン・ジョンソンとの対面を果たすのだ。大喜びでトレーニングに勤しむ兄妹だったがサラヤだけが次のステージに進み、フロリダに行くことが決まる。兄と二人で渡米したいと言い張るサラヤを、ザックが説き伏せる。「家族みんなの為にお前一人でも行ってくれ。」渋々承知したサラヤはリング名を「ペイジ」に決め、大好きな家族と別れてアメリカに渡る——。

詳細情報

原題
Fighting With My Family
音声言語
英語or日本語吹替
字幕言語
日本語
制作年
2019
制作国
イギリス
対応端末
公開開始日
2020-04-15 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入2,200円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
販売終了2020-07-21
アプリでDL可
高画質(HD)
550
販売終了2020-07-21

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

ファミリー洋画ランキング

ファイティング・ファミリーの評価・レビュー

3.8
観た人
5230
観たい人
7137
  • 4.0

    ナダルさん2021/11/27 07:13

    プロレスラーのデビューまでの過酷さをとても分かりやすく見ることができた
    世界最大のWWEってだけあってやっぱり倍率とかトレーニングとかもえぐいんだろうな…
    作中の、「全てやらせなら骨が折れたりしない」的なセリフが印象的だった
    いくら台本があっても、タイミングや場所が少し違うだけで大怪我につながるリスクを背負って戦っている人たちに対して「やらせ」の一言で済ませるのはあまりにも浅はかだと思った
    またイギリスの田舎出身でスタイルもそこまでよくないアウトサイダーが、一晩でスーパースターになってしまう環境とそれを作り出すアメリカ人の人となりがさすがアメリカって感じがした
    あと出てきたAJリーが全然違う人で笑った、ミズとかシェイマス、ビッグショーは本物なのに…笑

  • 3.0

    すしピープルさん2021/11/21 20:29

    スポ根ではなくファミリードラマ。フローレンスピューが可愛いから、ミッドサマーではどう顔が歪むのか興味が湧く...(でも怖くて観れない)
    エリーゴールディングのエンディング曲で後味さらに爽快。

  • 4.0

    二兵さん2021/11/21 18:58

    実在のプロレス一家による、どストレートなスポ根もの。最近至るところで強烈な印象を残している主演のフローレンス・ピューは、ここでも良い意味でインパクト大。

    ポスターでいちばん目立っている人は、本人役かつ10分しか出てきません(笑)。で、いちばん美味しいところを持っていきます。

    『ザ・ロックになりたいだって!?ロック様は一人でいい!最初だよ!オマエが最初にならなきゃダメなんだよ!!』

    …笑いと熱さがこみ上げてくる、名シーンでしたwいやホントに!

    最後、ベタな作りながら感動してしまった。ですが、プロレスという競技の特性上、あの終わり方はどうなのだろう、とちょっと思ったりも。

  • 3.5

    サマラスさん2021/11/18 23:41

    いやあ熱い、涙出たわ
    やっぱりイギリス人オヤジはユニフォームを私服で着るのね
    ドウェインジョンソン本人を偽物扱いするの笑った

  • 3.9

    sariさん2021/11/17 20:33

    とっても後味がいい映画。ちょいとうじうじしてる感あるけど、実際はこんな感じだろうな…からの実話だった笑
    「家族ってなんかいいね」という印象と、「夢って、"叶う"とか"叶わない"だけじゃなくて形が変わる事もあるのかも」って思える作品。

  • 4.0

    Kahoさん2021/11/13 12:38

    これ良かった〜!!!!👊✨✨
    まさかの実話!ロック様が主役と思いきや全然違った〜✋💦🤣🤣
    ロック様の登場シーンは計2,3回😎💦
    しかも本人役なのね🤣

    そして、ピューちゃんが主役やったのね( ˘ᵕ˘ )

    兄妹の葛藤、ライバル、自分との戦い、家族の絆
    どこを取っても良かったよ〜👏👏😭

    プロレス一家で育ったペイジ(フローレンス・ピュー)は兄と共にWWE(ワールド・レスリング・エンターテインメント)を目指して日々切磋琢磨練習に打ち込んでいた👊
    そんなある日、WWEに行けるのは自分だけと知り、兄との壁が出来てしまう。
    いざWWEのためにフロリダ🇺🇸に行ったものの、過酷な現実を知る。
    辞めたいとイギリス🇬🇧に帰ってきたペイジだが、行きたくても行けなかった兄と言い争いになってしまう…
    そんなペイジに転機がやってくる…!

    ニック・フロストのパパ役笑えた😇😇
    下ネタもちょこちょこ出てくるけど、このレベルの下ネタは観てて面白いわ〜

    WWEのトライアウトにいた金髪美女たち眼福💗👩🏼
    陰口を言う意地悪キャラかと思いきや、彼女たちにも参加した意味がちゃんとあって🥺
    自分から彼らはこうだ!って先入観を持って壁を作ってしまうのはやっぱり良くないよね

    失恋したらよく髪型変える女性いるけど、やっぱり効果的なんかな?😅
    私はそんな勇気もなく、髪型はしばらくずっとロングヘア👩🏻✂️😅

    ロック様はやっぱりかっこいいな〜
    短いシーンにも関わらず、さすがの存在感✨👍👀

    赤ちゃん👶も可愛かった💗💗

    エンドロールで本人たちが出てきて、その再現度にびっくり‼️👏👏👏
    そっくりやん〜😊

    やっぱりスポーツものは熱いから好き🔥🔥🔥

  • 4.0

    cozyさん2021/11/11 21:22

    想像以上に面白かったです。
    プロレスは佐山タイガーの頃から好きなので、、、

    皆さん素晴らしいのですが、特にお兄さんが良い感じだった。

    また、True detectiveのフランク役がとても好きですが、ヴィンスヴォーンも良いですね。

    吹き替えでみましたが、ロックのIf you smell what the Rock cookingだけは、オリジナルで良いんじゃないかなあ。
    ※ ロッキーザファイナルのLet’s get ready to rumbleとかもですが

  • 3.9

    くまさん2021/11/10 22:47

    映画の終盤でこの映画の背景というか、実話を基にした作品だということが分かりました。
    ペイジというリング・ネーム、実在した女性レスラーだったということを全く知らないで観ていたのです。

    後で作品について調べてみたら、、、

    アメリカのプロレス団体WWEで一夜にしてスターの座を掴んだ女性ファイター、ペイジの実話をもとに、プロレスを通して固い絆で結ばれた家族を描いたヒューマンドラマ。ペイジとその家族を描いたドキュメンタリー「The Wrestlers:Fighting with My Family」に感銘したドウェイン・ジョンソンが、イギリスの映画製作会社Film4 Productionsとタッグを組んで映画化した。(映画.com より引用)

    もし、最初から実話に基づいた作品だと知っていたら違う観方をしていたかもしれないです。

    プロレス好きなら間違いなく楽しめます。
    そうでなくても家族愛を描いた素敵なドラマです。

    ちょっとコメディ・タッチに描いていて時々クスッと笑えます。

    この一家かなり風変りなヘンテコな家族、、全員がプロレスラー。
    家族でWAWというプロレス団体を経営し、小さな会場で営業しているんです。

    その家族の一人、娘が一夜にしてWWE( World Wrestling Entertainment, Inc.)の女性チャンピオンになった成り上りの軌跡、
    ペイジの奇跡なお話です。

    ドウェイン・ジョンソンが自分のリング・ネームであるザ・ロックとして登場。

    パパとママがとにかくユニークというか素敵です。

    WWEのトライアウト(オーデションのようなもの)を経て
    ペイジだけが練習生となりイギリスからアメリカ、フロリダへ
    厳しいトレーニングと練習の日々で挫折しそうにもなり、、
    ようやくというのか、奇跡的に掴んだWWEの晴れの舞台へ。

    レスラーはマイク・パフォーマンスもできないとスターにはなれない?

    感動の瞬間!

    涙腺が弱いので、、終盤には目頭が熱くなり、、、結構感動しました。

    素敵な作品でした。

    スポーツっていいね。

  • 4.2

    ぐさん2021/11/10 00:46

    めちゃくちゃ胸熱!
    フローレンスピューの序盤リアルにちょいムカつくのにだんだん良いやつに思えてくる演技がクセになる。

  • 4.6

    かざみさん2021/11/09 14:04

    想像以上の傑作。

    プロレスもWWEもペイジも好きなので気になってた作品。やっと観れたー。

    「陰気なイギリス女がプロレスか?」
    「イギリス人にも陽気な人はいます。賢いアメリカ人がいるようにね。」

    最高だなー!

    ロック様ことドウェイン・ジョンソンがブチギレるとこもめちゃくちゃ粋で格好いい。

    ストーリーも実話ベースでありながら、栄光と挫折と再起、友情と努力と勝利の王道パターンでシンプルに映画として面白かった。

    そしてなりよりラストのレッスルマニアのシーン!
    撮影の技法とかもあるんやろうけど、ほんとにWWE中継を見てるかのようなリアルさと臨場感。
    顔も背格好も似ているとは言い難いフローレンス・ピューが完全にペイジに見えるんだから凄い。
    スタントも使ってるやろうけど、相当なトレーニングしたんやろなー。

    そして実話ベース映画の定番であり、めっちゃ大好きな「エンドロールで本人の姿映すやつ」!!!

    大!満!足!

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました