お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

影踏み

G

真実を盗み出せ。

世間のルールを外れ、プロの窃盗犯として生きてきた真壁修一(山崎まさよし)。ただの「空き巣」とは違う。深夜に人のいる住宅に忍び込み、現金を持ち去る凄腕の「ノビ師」だ。証拠も残さず、取り調べにも決して口を割らない。高く強固な壁を思わせるそのしたたかさで、地元警察からは「ノビカベ」の異名で呼ばれていた。ある夜、真壁は偶然侵入した寝室で、就寝中の夫に火を放とうとする妻の姿を目にする。そして彼女を止めた直後に、幼なじみの刑事・吉川聡介(竹原ピストル)に逮捕されてしまう。2年後、刑期を終え出所した真壁は、彼を「修兄ィ」と慕う若者・啓二(北村匠海)と共に、気がかりだった疑問について調べ始める。なぜあの夜、自分は警察に捕捉されていたのか。そして、あのとき夫を殺そうとしていた葉子(中村ゆり)という女の行方は?恋仲の久子(尾野真千子)が懸命に止めるのを振り切り、自らの流儀で真実に迫っていく真壁。裏社会を結ぶ細い線が見えてきた矢先、新たな事件が起こって……。

詳細情報

関連情報
原作:横山秀夫『影踏み』(祥伝社文庫) 音楽:山崎将義
音声言語
日本語
制作年
2019
制作国
日本
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2020-04-27 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(3日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

サスペンス邦画ランキング

影踏みの評価・レビュー

3.2
観た人
805
観たい人
2180
  • 2.0

    映画好きなオッサンさん2020/06/02 11:14

    双子、親子、幼なじみとの関係性を描くには良いのですが、事件に対する気持ちとか共感出来ないので、面白く思えなかった。
    頭の悪いオッサンは、途中まで弟の存在が普通に見えていたので、そこは意外で良かった。

  • 2.5

    kanameさん2020/05/28 20:52

    凄腕の泥棒として生きる男が、とある事件に巻き込まれ運命を狂わせていく姿を描いた物語。

    骨太の王道サスペンスを期待してたら予想外の方向へ進む奇妙な内容に肩透かしを食らう…

    過去と現在…あれこれと話の風呂敷を広げたのはいいけど、上手く畳めてない印象…

  • 3.2

    まこりいぬさん2020/05/27 23:17

    中村ゆりの安定の美しさ♡
    ラストシーンのバッグハグ♡♡♡

    追ってる事件の内容が全然頭に入って来ないけど、結局どうでもよかったっぽい。 犯人も動機も!!!となるし。
    山崎まさよし歌声は素敵なのに、話し方と話し声が残念だな。

    北村匠海が見られて個人的には満足。

  • 2.9

    サンタムールさん2020/05/27 11:49

    緊急事態宣言は解除されたけど。。、まだまだお家でシネマしてます。

    影踏みは、歌手の山崎まさよしが主人公を頑張ってやっとります。

    深夜の民家に侵入して盗みを働く、通称「ノビ師」と呼ばれる敏腕泥棒で、偶然、放火殺人現場を目撃。これをきっかけに、ずっと心の底に押し込めていた20年前の事件の記憶が呼び覚まされ…アレコレっていう。。

    ミステリーなんだけども、どことなく、ホッコリ感が漂うのは山崎まさよしから漂ってくるものなのかなぁ?

    面白くない事はないんだけれど、、、
    竹原ピストル🔫出番なくなるの早すぎんかね?
    飲み屋のママに妖艶さがなかったのと、
    尾野真千子の若い頃の女優さんが綺麗な子ではなかったのと、ワルに見えない、いい子にしか見えない弟の北村くんが。。なんとなくミスキャストでノレませんでした。。。



  • 2.8

    Makyuさん2020/05/25 19:40

    原作未読。
    原作との質の差がいくらかあるようなので、いずれ原作を読んでみようと思っている。
    双子の兄弟への振りきれない思いが、2時間の映像化では、少し伝えきれないのかなと感じた。

    中村ゆりさんには見とれてしまうほどの色気が備わってきている。

  • 1.8

    chihoさん2020/05/25 18:51

    罪の意識を持ち続けて生きる。
    悪霊に取り憑かれているようなものだけれど、エクソシストにもお祓いできないのは、それが自分自身から生まれ出ているからだ。
    それが生まれ出てから、その人は必死にそれを解消しようとする。
    大抵は自分を不幸に追い込むような、本来の自分ではない生き方をしている気がする。
    罪の意識を持ち続けることで、生きていてもいい、と思い込むためだ。
    でも、罪の意識とは自分が望むようには解消されないようにできている気がする。
    そう考えると、懺悔して罪悪感から解放される人って、案外理にかなった生き方のようにも思える。

    邦画久しぶりなので、慣れるまで観づらかった…

  • 3.8

    きらあさん2020/05/24 23:18

    話が進んでいく中で「あ、そうゆうこと」って発見があって飽きずに観れた。穏やかな恋。
    あれ竹原ピストルさんだったんだ…
    中村ゆりさん美しすぎやろ…

  • −−

    みわさん2020/05/24 03:03

    2020-79

    入りきれないまま終わってしまった。
    役者がいいので勿体ない印象。

    チャリのシーンはとてもいい。

  • 3.0

    T01さん2020/05/23 14:01

    山崎まさよしが好きで、原作も読んで準備万端で見たけど火曜サスペンス劇場のような感じでした。
    最後の最後まであまり盛り上がらず、ただただ大竹しのぶの演技に圧巻された。あの演技だけでちょっと泣けた。
    邦画ってどうしても、会話が小さくて音量調整が難しい。みんな叫び声はやたら大きいからリモコン片手に握りしめながら鑑賞しました。

  • 3.0

    Telegnosisさん2020/05/23 05:16

    20200523家で鑑賞。
    小説は未読で鑑賞。
    特殊な人間関係が内包する問題が提示される作品だと思いました。

    印象に残っているのは、火事の回想場面で大竹しのぶさん演じる修二の母が無理心中する場面で『修ちゃん、ごめんねぇ。』と詫びる箇所は、2通りの意味に捉えられて、どちらの意味合いでも身につまされました。
    (犯罪者の親になってしまった事で世間から受けた仕打ちも凄かった)

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す