お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

バニシング

G
  • 吹替
  • 字幕

絶海の孤島で、3人の男が忽然と消えた。その“謎”は今も、そして永遠に、解かれることはない。

スコットランド沖のフラナン諸島。絶海に浮かぶ無人島アイリーン・モア島に、3人の灯台守がやって来る。これから6週間、寒風吹き荒ぶこの島で灯台をともし続けるのが彼らの仕事だ。メンバーは、灯台守を25年続けているベテランのトマス、短気で粗暴な大男のジェームズ、まだ新米の若者ドナルド。3人の静かで退屈な日々は、嵐の夜の翌朝、破られることになる。ドナルドが、流れ着いたボートと漂流者を発見。崖下に降り、ボートに積まれていた木箱を引き上げようとしていると、死んでいると思っていた漂流者が突然襲いかかってくる。身を護るため必死で抵抗したドナルドは、逆に漂流者を殺してしまった。そして木箱を開けてみると、中には金塊がぎっしりと詰められていたのだ。

詳細情報

原題
KEEPERS
関連情報
音楽:ベンジャミン・ウォルフィッシュ
音声言語
英語or日本語吹替
字幕言語
日本語
制作年
2018
制作国
イギリス
対応端末
公開開始日
2020-05-02 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

サスペンス・ミステリー・スリラー洋画ランキング

バニシングの評価・レビュー

3
観た人
783
観たい人
852
  • 2.8

    しかぴさん2022/01/17 13:31

    実話を元にした話。

    みたあとにwiki読みました。


    映画自体はずっと重苦しい。
    そんなに面白くもないし、私的にはwiki読んでる方が面白かった。

    いまいちよく分からない映画でした

  • 3.3

    三鷹さん2022/01/16 18:35

    始終明るい光が差さず、風は常に強く吹き、薄ら寒い。無線も壊れたまま。そんなアイリーンモア灯台で難破した男を殺めてしまい、その彼が運んでいた木箱に金塊が数本入っていたところから三人の歯車が狂いだしていった。
    命より欲、人を殺めるということの恐ろしいほどの罪悪感。鬱々とした映画だった。

  • 4.0

    nockさん2022/01/10 23:00

    重っ。赤ん坊だと思って背負ったら子泣き爺やったくらい重い。石化しよった。
    男三人、孤島の灯台守というネタで「女子会」ならぬ「男子会」が開かれるようなふわふわ花びらのようなストーリーでないことは覚悟していたが。

    そもそもが不幸の始まり。この「そもそも」あたりまでは現代の法律ではセーフかアウトのぎりぎりラインであるが、そのあとがアカン。
    「人間の性」と言ってしまえばそれまでだが、連鎖してしまったことが残念だ。

    誰を責めると問われたら迷わずピー(名前はネタバレ)を名指すだろう。
    生まれたときからチヤホヤされ純粋無垢で全く「悪意」を持たない。
    誰からも愛され、人を魅了してまう罪なピー。
    自分はピーが犯人だと思う。

  • 3.0

    みーるさん2022/01/05 21:07

    実在の事件に独自の解釈を加えて映画化したので、割とツッコミどころ満載だった。
    実際の事件が解決してないから評価しにくいけど、この作品の中でも設定が弱くて中途半端な印象。
    ただワンシチュエーションものとしての雰囲気作りはバッチリでした。

  • 2.8

    Alexさん2022/01/05 15:10

    1世紀前に実際に起きた、3人の灯台守行方不明事案を映画化。忽然と行方不明となった3人の末裔達は今も事故か事件か定かで無い中で描かれたこの作品を不愉快この上ないとしか感想を持たないでしょう。

  • 3.2

    宙2秒さん2022/01/03 11:52

    ・フラナン諸島で実際に起きた失踪事件を元にしたミステリー映画。タイトルのバニシングは突然消えるという意味なので、そのまんまだが、バニシング・ポイントやバニシング・ヴィジョンなどと被るので、違うタイトルにしてほしかった。アイリーン・モアじゃダメだったのかな?

    ・個人的に興味のある事件の映画化ということで、近年稀に見る注目作品だったが、わりと現実味のある渋い展開で、それなりに楽しめたが、妖精さんが現れて全てをぶち壊すラストだったら最高だったんだけどな。

    ・失踪事件モノなら『ピクニックatハンギングロック』という名作があるが、フラナン諸島自体にミステリアスな景色が一つもないので、超自然的な感じにも出来なかったんだろうね。

    ・実話では三人とも失踪したはずなんだけど、この映画の最後はそうなってないけど?

    ・岡山地底湖行方不明事故も映画化してほしい!

  • 2.2

    TeeK記録用基準2点5さん2021/12/31 15:42

    実在の世界的に有名な怪事件をベースにしたサスペンス。といっても実事件は誰もいなくなっていた、という結果と僅かな状況証拠しかわかっていないので、基本的にはすべて仮説で作られた映画。うーん、色彩や寒さ伝わる空気感だったりはいいんだけど、シナリオは大味でガバガバ。とくに実事件ベースである必要性がみえない。やるならもっと現実を深堀りしたリンクがないと意味が無い。

  • 2.9

    くーたさん2021/12/27 13:13

     2018年イギリスのミステリーサスペンス。にスコットランド沖、フラナン諸島アイリーン・モア島の灯台守3人は島に座礁したボートからある物を見つける。絶海の孤島を舞台にイギリスミステリーらしく、重厚かつ静寂な展開。紅茶を飲むシーンも何度も出てくる。ただ、スリリングな感じは薄く、やや冗長でもある。
     原題は「Keepers」。1900年12月に実際に起きた「フラナン諸島の謎」に着想を得ている。付近の海は難所として知られ、航行する船の安全を確保するために灯台を建設。3人が灯台守として常駐していたが、ある日、貨物船が灯台の光を探したものの見当たらず応答もなかった。その後、食料補給で訪れた船が島を調べたが、3人の姿はなかった。外国スパイによる誘拐、幽霊、暴風雨で海に投げ出された、あるいは狂気による殺人と自殺などの諸説があるが、真相は謎に包まれたままで、本作は仮説と解釈によるもの。

  • 2.5

    まるみさん2021/12/24 14:03

    家族に見立てた蝋燭のシーンの辺りとか、特段深い今はなくて「それっぽさ」だけある感じなんだよなーーー。表面だけ取り繕ってる映画が、やっぱ好きじゃないのかも。

  • 2.8

    inogeさん2021/12/18 00:25

    灯台守をする為6週間孤島で生活する三人に悲劇が起きる。
    金塊を持った人間が逃げて来たのを殺してしまった為に殺人は繰り返される…
    映像は寒く孤独感が伝わるのがいい感じでした、ただ盛り上がりがないかな〜。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました