お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

わたしは光をにぎっている

G

人、場所、時間――

両親に代わって育ててくれた祖母・久仁子の入院を機に東京へ出てくることになった澪。都会の空気に馴染めないでいたが「目の前のできることから、ひとつずつ」という久仁子の言葉をきっかけに、居候先の銭湯を手伝うようになる。昔ながらの商店街の人たちとの交流も生まれ、都会の暮らしの中に喜びを見出し始めたある日、その場所が区画整理によりもうすぐなくなることを聞かされる。その事実に戸惑いながらも澪は、「しゃんと終わらせる」決意をする―

詳細情報

関連情報
撮影:平野礼 美術:安藤秀敏,菊地実幸 録音:伊豆田廉明
音声言語
日本語
制作年
2019
制作国
日本
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2020-06-03 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

ドラマ邦画ランキング

わたしは光をにぎっているの評価・レビュー

3.8
観た人
3091
観たい人
9980
  • 5.0

    nozomiさん2020/07/10 01:43

    普段は邦画を観ないんだけど、これまた普段は洋画しか観ない映画好きな上司との飲み会でお勧めの映画とかあります?って聞いた際にお勧めされた映画。控えめに言っても最高で、久しぶりに泣いた。自分が住んでいる場所が超高齢化の町だからこそ、想像力が働きすぎてしまい涙腺が崩壊した。

    ●距離を置いたカメラワークが最高
    ●主役の松本穂香さんはこれ以上ないドンピシャな配役。
    ●銭湯最高。銭湯に行きたくなる
    ●主題歌の「光の方へ」もイメージにピッタリ
    ●何気ない風景の映像美が凄い
    ●終盤に地元のじっちゃんばあちゃんみんな出てくるシーンずるい
    ●呑んべ横丁行きたすぎる
    ●しゃんとしましょう

    最後の終わり方は、湯を沸かすほどの熱い愛に似てた。

  • −−

    peppermintさん2020/07/09 16:51

    言葉で心で光で、無くなるものの中にこれからずっと先大事にしたい思いがあった。とても好き。銭湯いきたい

  • −−

    みさん2020/07/09 04:55

    形のあるものはいつか姿を消してしまうけれど
    言葉だけはずっと残る
    ことばはこころだから
    こころはひかりだから

  • −−

    真昼の幽霊さん2020/07/09 01:00

    印象的なショットがいくつもある映画だけど、実は水面を奥に見た船内のショットが一番すごいかもしれない。なんか怖い。

  • 3.4

    よっしーさん2020/07/08 12:59

    銭湯映画と言う事で。陽の光にあたる、お湯ってホント美しいんですよね。内容はいかにも日本的なフワッとした物語。

  • 3.8

    たいりょうさん2020/07/08 04:05


    ‪田舎から出てきた主人公が過ごす時間と、彼女が暮らす街を切り取った劇中劇のドキュメンタリー映画の部分が徐々にシンクロしていく瞬間が切なく暖かい。否応なく変化していくものがあってもそこで過ごした時間、出会いは忘れない限り輝き続けるものなのかもしれない。‬

  • 3.9

    がひさん2020/07/07 02:17

    いい映画だなぁとほっこり。
    ストーリーというよりシーンシーンで心に残るものがあった。
    すっぽんのシーンが好きー!

  • −−

    opiさん2020/07/06 21:36

    返事しない主人公にイライラしてしまい自分の具合がよくないなと感じたのて早送りしてしまった…

    渡辺大和くんはいつも良い

  • 3.0

    silenceさん2020/07/05 21:56

    ゆったりとした雰囲気と美しい風景は前作同様で独特の余韻が残る。
    ただもう少し踏み込んで描いてほしいところもあって少々消化不良。

  • 3.8

    sciさん2020/07/05 17:00

    ロケ地が半分以上主役の映画。再開発されていく東京の雑然とした下町の姿を、内気な少女の居場所の物語に絡めてとどめている。ゆったりした雰囲気で心が穏やかになる。
    光石研二さんと松本穂香さんの関係にちょっとドキドキしちゃったのは正解だったんだろうか。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す