お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

だれもが愛しいチャンピオン

G
  • 字幕

スペインで年間興収第1位の大ヒット!社会現象にもなったオンリーワンの感動作!

あらゆる観客の想像を軽々と超えてラストに迎える、奇跡の瞬間―――これは、迷走中のプロ・バスケットボールコーチと実在するハンディキャップ・チームとの絆を描く、オンリーワンの感動作!ゴヤ(スペイン・アカデミー)賞 作品賞ほか3部門受賞し、アカデミー賞外国語映画賞スペイン代表にも選ばれ、2018年スペイン映画興行収入圧倒的第1位!とびきりのユーモアで綴る、バスケットボール・コーチとアミーゴスの奮闘の日々―実在するチームに着想を得た心温まるストーリーと予想を裏切るエンディングに、爽快なまでに100%ポジティブな感動へと結実する一作!オリンピック、パラリンピックへのモチベーションを上げるための映画にピッタリの笑えて泣けてスカッとする映画!アミーゴスのメンバー総勢10名に演技ド素人の実際の障がい者たちをキャスティングすることで、映画に真実味と予測不可能な笑いと驚きを吹き込まれた。

詳細情報

関連情報
共同脚本・編集:ハビエル・フェセル
音声言語
スペイン語
字幕言語
日本語
制作年
2018
制作国
スペイン
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2020-06-17 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

コメディ洋画ランキング

だれもが愛しいチャンピオンの評価・レビュー

4
観た人
808
観たい人
1986
  • 4.5

    1Q8GOさん2020/07/11 11:01

    2020 60本目

    コーチ、選手は役割であって学びはお互いに。共に過ごし泣き笑い成長していく様は本当に美しいですね。

    血の繋がった家族も、そうじゃないチームも組織も全部そうであるのが理想だなぁやっぱ。

  • 4.0

    Tommyさん2020/07/09 21:32

    勝利しか見えぬバスケコーチとまっすぐ純粋な知的障害選手との交流を通して描く勝ち以上の価値。"一生懸命ありのまま楽しく生きる"という競争社会で失った人生で大切な事をスポーツ本来の目的,在るべき姿と共に思い出させてくれる。笑いと涙の絶えぬ爽快で心温まる娯楽作

  • 3.8

    KANAKOさん2020/07/07 23:26

    本当に題名通り、誰もが愛しいチャンピオンだった…!
    素敵過ぎるなあ。新しい気づきがたくさんあった。勉強になった。
    最後の試合なんか素晴らし過ぎて感動泣き久しぶりにした。

  • 4.5

    Pさん2020/07/07 21:02

    600本目レビュー👏✨

    何回か声出して笑ったーー笑
    みんな個性的で楽しっ( ´﹀` )
    人なっつっこい人が多い気がするなぁ♬

    みんなの成長が嬉しいし、
    ラストにかけては
    ほっこりメーター振り切りすぎて
    笑顔が零れまくった( ⸝⸝⸝ᵒ̴̶̷ωᵒ̴̶̷⸝⸝⸝)

    めちゃくちゃに
    心がぽっかぽかになるよ♬
    いい作品だったーー!!✨

  • 4.0

    じさん2020/07/06 11:36

    短気な元プロバスケチームのコーチが問題を起こした奉仕活動として障がい者施設のバスケチームコーチになるお話。個人個人のキャラが濃くて見ていて楽しいし登場人物みんな良い人で気分が良い!!
    コーチがみんなと打ち解ける過程が良き!心を穏やかにして過ごすって大切ですね。悲しくて泣ける映画じゃなくてこういう心温まって泣ける映画大好物すぎる!!!

  • 4.0

    ともさん2020/07/05 21:11

    君たちが俺の世話をしてくれたんだ

    飲酒運転で事故を起こしてしまったプロバスケチームのサブコーチ。裁判所から彼に命じられたのは知的障がい者達のバスケチームのコーチをすることだった…

    爽やか!
    障がい者を描いた映画にありがちな、感動ポルノ要素やジメジメした要素はほとんど無くて、終始明るく観れました。それは登場人物たちがハンディギャップを自らの個性と受け入れていることが大きいと思います。コメディシーンもかなり笑えます。

  • 4.3

    sudomiさん2020/07/05 20:23

    日曜の夜、心が温まった。

    一番を目指すのは悪いことじゃない。

    でも…一番大切なのは、楽しむこと。
    喜び合うを分かち合うこと。

    そんな当たり前のことを
    思い出させてくれる映画。

    クスクス笑えるところも多くて、
    テンポも良い。

    笑いと涙で胸いっぱい。これは観るべき1本!

  • 4.3

    ヘンダーソンさん2020/07/05 14:59

    障害者ものは動物ものと並んで映画として色々と難しいと思っている。変に説教臭くなったり、逆にお涙頂戴みたいになったり。
    この作品の奇跡的なバランスといったら。湿っぽくならず、でも障害者に対する偏見への答えもしっかり示している。
    主人公の成長する姿も自然だし、チームを受け入れ、チームに受け入れられていく過程は感動的。
    いい俳優だった。

  • 3.4

    ピクサートイストーリーさん2020/07/04 20:51

    なかなか楽しめました
    スペイン産のコメディが観れて良かった
    ありがちなストーリーでもやはりスポーツあってのストーリー

  • 3.9

    kanegoneさん2020/07/04 15:58

    コミュニケーションの結果は、常に受け手が決める。

    伝わったかどうか、何がどう伝わったのかは、受け手にしか分からないからだ。


    この映画は描き方がだいぶアレなので、序盤は「マルコはろくでなしだが、彼らがなかなかすごい」ように見える。

    「待つしかないバンド」が意外とポップで上手かったり、それぞれが自分に出来ることをしっかりやっていたり、確かに彼らはすごい。
    シャワーとかエレベーターのシーンであんなに尺を取れるなんて、大したもんだ。

    しかし、しかしだ。

    公共のバスん中とか、自分が実際に同席してたらどうか。

    「白い粉を浴びることのない画面越しだから笑顔で見てられるんだよな」とただの1秒も思わずに、あれを見てられるだろうか。

    会話や演出の随所にユーモアが効いてるのは素晴らしいが、この映画の全てを笑顔で受け止めて、「めでたし、めでたし」とするのは難しい。

    最低限のマナーが保たれなかった時に、平常心で笑顔を保つのは、なかなか難しいのだ。


    基本的な面白さは主に、映画「メジャーリーグ」と同じ方程式で組み立てられているので、安心して見ていられるようにはなっているが…

    どう笑えば、どう見ればいいものか、一抹のモヤモヤが湧き上がってくる。
    演技はしっかり上手いわけだし、あからさまに痛快な部分もあるので、素直に笑って見ればいいのかな。

    個人的に、オススメするのが少し難しい一本。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す