お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

タイムリミット/見知らぬ影

G
  • 吹替
  • 字幕

イヤホンの声から生還のカギを探し出せ 瞬たりとも目が離せないシチュエーション × 予測不能のクライム・カーアクション!

爆弾事件に巻き込まれた男の壮絶な運命とは・・・。ベルリンの不動産会社で大規模な建築プロジェクトを手がけているカールの人生は、ある日突然一変した。月曜日の朝、娘ヨゼフィーネと息子マリウスを車の後部座席に乗せ、学校に送り届けようとしている最中、正体不明の男からの脅迫電話を受けたのだ。その脅迫者はカールらが座席を離れると爆発する特殊な爆弾を車に仕掛け、巨額の金を支払うよう要求してくる。同じ犯人に脅迫された上司とその妻が無残に爆死させられるのを目の当たりにしたカールは、やむなく理不尽な要求に従おうとするが、爆発の際に破片を浴びたマリウスが重傷を負った揚げ句、広場で警官隊に包囲されてしまう。しかも捜査の指揮を執るドラッヘ警部は、不仲の妻への復讐に走ったカールが子供たちを人質にとり、破れかぶれの行動に走ったと断定していた。やがて爆弾処理班が到着し、現場周辺に狙撃部隊も配置されるなか、もはや八方塞がりのカールの前に大胆にも脅迫者が姿を現すのだった…。

詳細情報

原題
Steig. Nicht. Aus!
音声言語
ドイツ語or日本語吹替
字幕言語
日本語
制作年
2017
制作国
ドイツ
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2020-07-29 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

キャンセル

サスペンス洋画ランキング

タイムリミット/見知らぬ影の評価・レビュー

3.8
観た人
161
観たい人
1494
  • 3.7

    たくやさん2020/08/11 09:37

    緊張感が半端ねえー!!!!

    動くワンシチュエーション・サスペンス。
    車の座席に爆弾を仕掛けられて、席から離れたら爆発する。
    謎の犯人からの要求に答えながら、同乗している子供たちを守るために車を運転し続ける。

    これ次どうなるのよ!?!?
    という、ハラハラドキドキ感がスゴい。映画館で観たかったかも。
    いつ爆発するかわからない怖さってのが良い演出になっていた。
    もし自分だったら、途中発狂して爆死してると思う(笑)


    あとこれ『カットオフ』の監督だったとは!サスペンスお得意の人。
    彼は、理不尽に追い込まれる演出が好きなのかな?私は好きです(笑)
    ぜひ次はガッツリホラー作品とか作っていただきたいな~


    許せないことは1つだけ(笑)
    警察が無能すぎ!
    まさに、犯人の思う壺www
    犯人のスカスカの計画部分を突けば、速攻で捕まえられた。
    指揮官?のあまりにも的外れな推理(演出としてわざとなんだろうけど)過剰すぎる。
    物語を進める上で配置された感が否めない。だからスゴくムカついた。
    最後、謝罪して欲しかった。
    大和田常務並の土下座しろよ、って心から思った(笑)


    まあここの愚痴はあくまでも個人の見解なので🤣
    最初から最後までハラドキを楽しめるこのサスペンスは、一度は観る価値がある!!
    U-NEXTでレンタル中!
    ぜひご覧あれ~

  • 5.0

    パージくんさん2020/08/11 02:33

    面白い。つか泣けた、娘と爆発物処理班のツァッハが救いやな。どんどん窮地に追い込まれる父親の状況のもどかしさが作品の醍醐味というか、それが無かったらタダの平坦な訳わからん映画になっていたでしょう。

    現場の指揮をとっている無能な警察も実際にいてもおかしくないですし、映画では上手く収めれても実際はそのまま濡れ衣を着せられて終わるということもあるでしょう。冤罪という言葉があるくらいなので。

    巧妙に仕掛けられた罠とはいえ何も考えずに指揮するあの警察は最低でした。

    ただ今回は犯人の背景にも事件に至った理由があるので犯人の気持ちも理解できました。

    そして、いちいち作品にケチをつけるレビューを見てしまい貴方たちは人生楽しいですか?と言いたくなりました。

  • 3.0

    はれりーまんさん2020/08/10 23:46

    90年代ハリウッドアクション映画からアクションを減らして、サスペンス·スリラー味を足したような映画。
    色々と無駄が多い。最初の飛行機内の逆ナン、妻の不倫、爆発物処理班登場時の大袈裟なアングル、捜査班の過剰な反応と、サスペンス要素には何も寄与しない。脚本あるいは役者の演技がいまいちなせいで、 それらは雰囲気の醸成にも寄与しない。やりたいことと、やってしまったことにギャップを感じる。
    設定やストーリは好きなだけに残念。

  • 2.5

    reonaさん2020/08/10 22:26

    ほんま最後までクソ苛々する映画だったわ

    主人公と娘以外ほんまうざすぎるやろ

    警察とかクソ過ぎて。。。。。

    これがホンマの警察だったらほんまに最悪って思った

  • 3.7

    ゆいまるさん2020/08/10 16:12

    レンタルショップで
    借りたい作品が殆ど貸し出し中でラスト1本だった時・・・

    か・・・借りたくなる衝動に襲われる(; ̄°Д° ̄)❗️
    そして期待が膨らむ😳(これってかなり面白いんじゃ?)笑

    今作、そんな期待を勝手に上乗せしちゃったのが悪かったのか?・・・面白かったけど、ツッコミが優ってしまった😂(それはそれで楽しかったけど❤️)・・・

    ドイツ警察👮‍♂️大丈夫?って思ってしまったよ🤣❗️

    映画だから✨いいんだけど☺️✨

    展開が読めるようで読めなくて( ・᷄ὢ・᷅ )!👏

    ラスト・・・本人が良ければ良しとするか(ᇂωᇂ)

  • 3.5

    TATSUYAさん2020/08/10 13:38

    声を出さずに連絡したり、人間の代わりに重いものを載っけるとか、なんとかならんのか、と観てる私が、もの凄いイライラした気持ちになった映画。お父さんが、子供の脱出より犯人の指示に従うのに懸命になってしまってる上に、後半からは、お間抜け警察も加わって、さらに感情を刺激してくる。
    矢継ぎ早の展開で、見せていってくれますね。

    監督さんは、クセのあるスリリングな作品を撮ってるクリスティアン・アルヴァルト。爆弾処理班は『4分間のピアニスト』に出てたハンナー・ヘルツシュプルンクだったんですね。

  • 3.9

    ハナさん2020/08/10 10:38

    なかなか見応えのある映画でした。
    周りが全然信じてくれない辺り、どんどん苛々としてはきたけど…いい娘さんが居て気持ちが助かった。あともう1本どれを借りようか悩んで、これを手に取って良かった。

  • 3.8

    こぅさん2020/08/10 10:37

    【カット/オフ】のクリスティアン・アルヴァルト監督
    による、【巻き込まれ型サスペンス】。

    不動産会社に勤めるカール(ヴォータン・ヴィルケ・
    メーリング)は、娘と息子を乗せ学校へ送る途中、
    見知らぬ男から脅迫電話を受ける。ある仕掛けを脅迫
    に大金を要求してくる…。

    ドイツ産で 大ハズレ なイメージは未だ無い。

    冒頭から スタイリッシュ で、テンポ良い滑り出し。
    そして、主人公の誠実さ、良い夫キャラを充分伝えて
    くれる。

    プロットや犯人の目的ってのは、使い古されて新味
    は無いが、、
    この手の題材でもまだ【アイデア】は残っていたんだ、
    と、少し関心。

    誰のスキル⁈いつセット⁈というのは敢えてスルーで。

    カット数の多い編集。

    カールの焦り描写には効果絶大。

    厳密には 嘘邦題 に惑わされるが、、所謂それ系では
    無い。

    それが分かる起点になる息子の◯◯はこじつけっぽい
    が、展開上、やむを得ないかな。

    前半少し【停滞気味】になるも、緩急もあり、中々
    引っ張る脚本力。

    これは、今の スマホ時代 を活用させた展開で説得力
    あり。

    欲を言えば、表だけじゃなく、裏でも も少し面白く
    出来たかも。

    ハラハラ展開と◯◯警察に【イライラ】するのが本作
    の楽しみ方。

    このイライラ要因は、カールの【泣きべそ演技】が
    助長していると分析。

    観る者にカール同様【絶体絶命的絶望感】を体験
    させる。

    カールが、容疑者扱いされる要素、展開への運びが
    巧い。

    この中盤辺りが本作の見所ピーク。


    クライマックス、ご都合主義を経て、、
    決着は、納得いかないな、、。

    減点。

    カールは、正義感強いナイスガイだけに、◯には
    裏切られたけど、◯がいてくれて良かった。


    ラスト、数年後⁈(ここまで描くのは良い。)は
    、、平和、綺麗にまとめ過ぎ⁈。

    減点。


    *主人公が ◯◯操作 する 、そのツールは、前作と
    共通点あり。

  • 4.3

    Xavierさん2020/08/09 14:45

    最初から最後まで、手に汗握る展開なんだけど……
    ベルリンの不動産会社で大規模な建築プロジェクトに携わるカールは、ある朝娘と息子を車に乗せ、学校に送り届けようとしている最中、正体不明の男から脅迫電話を受ける。男は、カール及び子供たちが座席から離れると爆発する特殊な爆弾を車に仕掛けたと告げる。
    同じ犯人に脅迫されていた上司とその妻が、目の前で爆死させられその爆破の際に、爆弾の破片により息子が大怪我を追ってしまい……
    ザックリ言うとストーリーはこんな感じ
    前半から正体不明の犯人に振り回されるハラハラ&ドキドキの展開で目が離せなかった。ネタバレになるので、詳しくは書けないのだか、何故こうなったのかの理由も、ラストに近い所で明らかになるのだが、本当の目的がお金なのか、それとも他にあるのか解らず、サスペンス物としても良く出来ているかなぁ。
    ただラストシーンは……個人的にはもうちょっと違う展開でもよかったかな…

  • 3.9

    そのさん2020/08/09 11:01

    なかなか見応えあり!ハラハラして、あかん!あかんって!近づかんとって!ってあっもゆうまに進んでいく

    クズ警察ども!なにニヤニヤしながら現状報告してんだよ!!!!
    情報が違いすぎて映画なのにめっちゃいらいらして、代わりに説明してあげたくなった。なんでそうなるの?って、どんだけ仕事できへんの?ってなる

    娘よ!さすが!いいビンタしてた!すっきり!

    ラストは親子愛に感動して泣いた

    2020年254本目

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す