お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

BANDAGE バンデイジ

G

きっと何年たっても変われないものがある

1990年代、日本の音楽業界を空前の「バンドブーム」が吹き荒れていた。たくさんのバンドがデビューしては、次々に消えて行く。そんなバンドブームの渦中に、LANDS(ランズ)というバンドを組む若者たちがいた。アサコとミハルは都内の高校に通う普通の女子高生。親の不祥事もありミハルが高校をやめることになった日に、アサコはLANDSのCDをもらう。天才的な音楽センスを持つユキヤに惹かれLANDSのファンになったアサコ。ミハルとともに行ったライブで2人はLANDSの楽屋に忍び込む。そこで、アサコはボーカルのナツ、リュージ、ケンジたちと出会う。アサコのことを気に入ったナツは、アサコを連れてLANDSの練習スタジオへ。そこには音楽に全てを注ぎ込むユキヤやアルミらの姿があった。そしてアサコはマネージャーとしてLANDSに深く関わっていく――。

詳細情報

関連情報
原作:菅知香「グッドドリームズ」 音楽:小林武史 主題歌:LANDS「BANDAGE」(ジェイ・ストーム)
音声言語
日本語
制作年
2010
制作国
日本
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2020-08-26 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

キャンセル

青春邦画ランキング

BANDAGE バンデイジの評価・レビュー

2.8
観た人
3091
観たい人
411
  • −−

    かりんさん2020/12/04 03:44

    ネトフリの広告に出てきて流れでみちゃった。小学生か中学生の頃映画館みにいったな懐かしい。
    話はよーわからんけどとにかく赤西がかっこいい映画。

  • −−

    ぴーなつ子さん2020/11/23 00:07

    落としたコンタクトを口の中で舐めて消毒 (?)して、そのまま相手の目に戻してあげてるシーンしか思い出せない。その記憶しかない。ひぇっ。

  • 2.0

    Canapeさん2020/11/17 13:57

    赤西仁を拝み赤西仁に想われる疑似体験映画。Tシャツパーカーだけでかっこいい、歌も絶妙に下手、どこまでもどこまでも赤西仁です。そして、最後にあの人が歌った!歌が赤西仁より上手い!

  • 2.6

    nnewaoさん2020/11/12 20:47

    なんじゃこら…て半笑いで観てたらいきなり岩井ワールドになって孤独が…て言い出してダラダラウダウダしてたら終わった

  • 3.5

    うろもとうとかさん2020/10/12 11:58

    始まり方これでもかってぐらい小林武史
    拘りの強いアルバムのintroductionという感じ
    当時は思わなかったけど
    今観ると台詞が
    えらい詰め詰めだなって感じちゃう
    世間一般に見えてないバンドの裏側の
    言いたいこと詰めたいのはわかるけど
    個人的にこの内容、岩井俊二の脚本はもっと
    台詞ボソボソ言って欲しいな
    赤西の演技はナツにハマってると思うんだけど
    LANDSのボーカルとしては
    歌声がハマりきってないと
    やはりどこか感じちゃう
    小林武史の曲にってことかな
    当時先に曲を聴いてなんで赤西なんだろって
    本編で演技観てちょっと納得はしたけど
    もっと映画としてつめるところつめてたら
    忘れ去られないものに
    なってたんじゃないかなと思う
    勿体ない素材が詰まってる
    2009年、その時代に消費され流れてった映画
    誇らしさを感じないのかな
    それが劇中のLANDSに沿ってて
    そこまで含めてこの作品だったとしたら凄いけど
    小林武史はやっぱ音楽の人

  • 1.0

    くるーぞーさん2020/10/08 18:04

    90年代にした意味あるのか?
    全然違うだろ髪形とかファションとか。

    まあ内容は妄想女子が喜びそうなバンド映画です。
    とにかく主人公二人の男女のキャラが嫌いで
    入り込めなかったです。

    こんなのだったらNANAのほうがバカで面白い。

    つかもっと言えば
    岩井俊二は監督すれば
    もっと面白くなったと思うんだけど?

  • 2.0

    macomiさん2020/08/21 13:30

    いやコンタクト口に入れてそれ目につけんなよ……。赤西がかっこいい。あとコバタケの音楽が私は好き。二十歳の戦争が好き。元気はもっと好き。この歌にあの赤西の声が出てめちゃくちゃ合ってて、いまでもたまに聴く位には好き。

  • 2.5

    べりすさん2020/08/13 19:23

    マネージャーとは()
    終わりも終わりだしさ。

    赤西くんがイケメンだということはとてもわかった。

    1990年代とか最高そうなのにー。
    なんだーーーー。


    結局こういうのは自分の環境や、仕事とリンクしてしまってツッコミを入れてしまいたくなるけど、
    それでも闇な感じの潰れそうになってる赤西くんのんはマネージャーのせいもあるやろって思ってしまったよね。

    そーいや、知人が事務所に入るときになぜかボーカルになってて
    「立ち位置的に美しくないから君ボーカルね」っていきなりボーカルになったとかゆーてたその人は00年代か何かだったけど。
    理不尽なこともやるならもっとわかりやすくやってほしい映画だったな。

  • 3.0

    takaさん2020/08/12 12:46

    何かバンドな話と役者だけで観てしまったが自分にはイマイチだった(笑)
    もっと演奏や楽曲側に寄ってたらなあ。明るい系かなと思ったら重かった😅やっぱり邦画はこのカメラを使うのが多いから基本がホラーみたいに暗いのがネック…。でも懐かしき赤西仁が役にハマってて、北乃きいが可愛いく、スワロウテイルから大人に成長したキレイな伊藤歩と杏のスマートな歌声が良かった(^ ^)
    ストーリーはあるあるなバンド物語で可もなく不可もなくなシンプルだけど、まとめ方は良かったから好感でした。

    中、高、大とバンドやってたけど仕事ではないから、そんな問題はなく公演に向けて楽しくやれてたなあ(笑)

  • 3.0

    ボワ17さん2020/05/23 07:31

    公開当時に映画館でみた作品です。
    赤西仁がとにも、かくにも、格好いい。歌声がキレイ。

    なぜか当時2回も映画館でみるっていう、なんでそんなによかったは今はわからないけど笑

    10代の女子にはとっても刺激された映画。
    バンドマンのカッコよさに溺れたい時におすすめな感じですかね。

    歌は今でも思い出すくらい良曲があります!
    小林武史プロデュース(アルバム全曲かはわからない)のおしゃれな歌が沢山です。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す