お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

TOKYOドラゴン飯店

G

ラーメン×任侠×ダンス。こんな映画、観たことない!!

極道抗争で身代わりになり服役していた辰(山口祥行)、刑務所に迎えに来た兄貴分龍(本宮泰風)から謎の男、ギズモに組は解散させられ、皆バラバラになったことを聞く。龍は辰に「ラーメン屋龍飯店を一緒に経営しよう」と提案する。しかし、そう簡単には来てくれなかった。そんな時、極道時代にライバルだった仁(小沢仁志)と和(小沢和義)もギズモに組を解散させられ、「龍飯店」の近くに「ラーメンOZAWA」を立ち上げる。ライバル同士のラーメン抗争が勃発し、そこにギズモ(ゆうたろう)の魔の手が迫ってくる。

詳細情報

関連情報
エグゼクティブ・プロデューサー:鈴木祐介(ライツキューブ) プロデューサー:河野博明(ライツキューブ),西村喜廣 助監督:塩崎遵 撮影:鈴木啓造 照明:太田博 音楽:中川孝,河野亜希子 美術:佐々木記貴 録音:シネマサウンドワークス 衣裳:中村絢 ヘアメイク:征矢杏子 アクション監督:匠馬敏郎 特殊メイク:奥山友太 特殊衣裳:カリわんズ フードコーディネーター:西村栄香,石川雄也 制作担当:櫻井紘史 振付:富田彩 VFX:鹿角剛 スチール:タイナカジュンペイ メイキング:阪元裕吾 肌絵・刺青:彫政統 タイトルデザイン:広木淳,川井明子 ロケ地協力:吉原青年部,不破利郎 主題歌:「Easy as pie」美ら莉亜奈(作詞・作曲・編曲:サイラスリー) 宣伝・配給:ライツキューブ 製作:ライツキューブ 制作プロダクション:西村映造 原作・編集・キャラクターデザイン:西村喜廣
音声言語
日本語
制作年
2020
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2020-12-01 10:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

Vシネマ(一般作)邦画ランキング

TOKYOドラゴン飯店の評価・レビュー

3.2
観た人
39
観たい人
104
  • 1.4

    ブレゴリ案さん2021/07/04 02:54

    えーと任侠初めてなんですが入り失敗しました
    唐突によくわからない歌とダンス(全然合ってない)
    恐ろしくおもんない
    小沢兄弟とかよくみる人出してなんとか土台を支えてるけど、もう全体がボロボロです

  • 3.1

    ヤンさんさん2021/06/30 17:35

    語彙力が弱いため適切な言葉が思い浮かばないことが非常に残念でならないのですが、ムショ帰りの男がはじめたラーメン屋と、ムショ帰りの男がはじめたラーメン屋台が覇権を争う物語です、終盤になると共通の敵が現れたりするものの、普段の西村作品からすると非常に牧歌的で平和で穏やかな作品です、あと馬鹿馬鹿しい笑

    そんなくだらなさとアホらしさと馬鹿馬鹿しさの固まりのような作品だというのに出演者4人の威厳と迫力と格好の良さが生半可ではなく、まずそこに驚くことでしょう
    加えて脇を固めるJKや占い師、Youtuberがかわいかったりエロかったりアホの子だったりで心温まること間違いないですし、そもそも本宮&山口&小沢&小沢の4人がラーメンを作っているだけで面白いから卑怯極まりないと思いませんか

    あと地味なことかもしれませんが、お互い真面目にラーメンを作っていたことも良かったです

  • 3.8

    真世紀さん2021/06/13 07:53

    今夜のつまみ映画は飲まずに素面で観てたけどまるで酔ってるような気持ちになる内容だった映画「TOKYOドラゴン飯店」。

    元ヤクザの龍(本宮泰風)は出所した弟分辰(山口祥行)の料理の腕を見込み、観音様のお告げでラーメン店を開店。人気店となるも向かいにヤクザ時代の抗争相手、小沢仁志、和義兄弟がやはりラーメン店を開店し、対抗するという大筋なんだけれど、これ、下敷きにしているのがあの名作「ブルースブラザーズ」で、いちいちこれ、あの場面やんと重なって笑う。

    お告げについて語るのが教会ならぬ銭湯でお客さんらの群踊が始まっちゃったり、ラーメン好き女子高生がいがみ合うラーメン店主らの間にアレサ・フランクリンの「Think」ばりに割って入り。

    もちろん、歌われる楽曲もラーメン絡みで、ラーメンの魅力を歌い、街頭にまで繰り出す女子高生、新体操のリボンのように菜箸とその先の麺を舞わせてなバカ負け具合。

    でも、肝心なラーメン、白を引き立たせる赤でザリガニの天ぷらが大量に出てきたりでそれは美味しいのかと微妙だったりする(爆)。

    主役の二人は「日本統一」シリーズの名コンビで息もぴったり(「日本統一」踏まえた本宮のセリフも有ったりでニヤリ)。坂口拓さんも顔出したりとなかなかに楽しい。

  • 3.6

    何でも見るアルパカさん2021/05/06 19:43

    すごい
    なんか滅茶苦茶なのに不思議と嫌いじゃない
    不思議な魅力のある映画
    癖がすごいのになんかまとまってる

  • 3.5

    あーぁさん2021/04/06 03:44

    美少女×ラーメン×ヤクザ

    なん?このオヤジホイホイ映画は!?

    ということで全くハマらなかった『日の丸ランチボックス』の腹いせと飯テロを求めて同じく西村監督の新作のコチラも見てみたぞー!

    出所してカタギになった極道ヤクザの辰と兄貴分の龍がラーメン屋を開く事になったぞ!
    ところがどっこい。そんなヤクザラーメンに対抗して極道時代のライバル小沢ブラザーズが店の向かいにラーメン屋(OZAWA)を引っ提げて対抗して来たぞ!

    そんなラーメン戦争が勃発する中、謎の目玉オヤジ軍団により巷のラーメン屋が危機に陥ってしまう!
    ライバル同士が手を取り合いラーメンで日本を救えるのか!?

    まぁなんと言っても今作は私の大好きな吉田凜音ちゃんがヒロインというこの上ないアドバンテージがあるからもうその時点で評価3.0は確定なんですけども

    凜音ラップにラーメンミュージカルに目玉オヤジとのアクションと凜音ちゃんの可愛さ爆発してっし、もうラーメン美味しそうにほうばる凜音ちゃんみたら桜田ひよりちゃんが二代目を演じた『ラーメン大好き小泉さん』に匹敵するラーメン無双っぷりよ。

    ん?『ビキニ⭐︎ラーメン』?聞かなかった事にするわ

    そして今回は一応任侠ものということもあり小沢仁志を初め、主演は任侠俳優達が脇を堅めてるものの、ちょい役でいつもの西村さん映画のメンツがちゃっかり出てきたのは嬉しかったな!
    坂口拓さんとか最早ツイッターでのラーメン食ってる日常の呟きのまんまの光景で笑ったわ。

    ただ一つ難点上げんなら出てきたラーメンが一つも美味しそうやなかったのは残念でしたな。
    麻婆豆腐とラーメンの組み合わせはわしゃあんましすっきゃないかなぁ

    西村監督の醍醐味のチマツーリこそ無いものの楽しく観れるゆるふわ極道ラーメン物語で安心して見れる楽しさあったな!

    とりま小沢仁志って国民共済入ってたんな。笑

  • 3.7

    TAKAさん2021/03/19 17:23

    2020-199-181-018
    2020.11.19 シネマスコーレ

    ・B級の予感・・・( ̄ー ̄)ニヤリ
    ・カオスな世界をゆる~く楽しむバトルアクションコメディ東映Vシネマ風♪
    ミュージカルを散りばめて
    (追記)
    ・シネマスコーレ
    ・先代シンケンレッド

    出張にかこつけて、
    来ました念願のシネマスコーレ!
    フワッホー!(* ̄∇ ̄)ノ♪
    なんたって、あの亜紗美さんが舞台挨拶したりお好きだったらしい劇場!
    来てみたかったんです フワッホー!
    (* ̄∇ ̄)ノ♪

    なので、取り敢えず上映してたものを観たって感じで、予備知識なしで鑑賞したのですが・・・
    ( ̄ー ̄)ニヤリ
    B級の予感・・・
    ヾ(≧∀≦*)ノ〃
    しかも坂口拓さんまで!!
    ヾ(≧∀≦*)ノ〃ヾ(≧∀≦*)ノ〃

    そりゃあ観るしかないじゃないですかっ!
    (*`Д´)ノ!!!(*`Д´)ノ!!!

    で感想。

    カオスな世界をゆる~く楽しむ
    バトルアクションコメディ東映Vシネマ風♪
    ミュージカルを散りばめて

    そんな感じっスかね?(* ̄∇ ̄)ノ♪
    (どんな感じだ!?(ФωФ)笑)

    合わない方は合わないと思いますが
    B級を気楽に笑い飛ばせる方は楽しめると思います(^_^)♪

    バトルは楽しいし
    ミュージカルは謎だけど(爆)、
    可愛い女の子を暖かい目で見守ってると楽しいし
    ユーチューバーだとか謎に活躍するし
    坂口拓さんも占いのおねーさんもいい感じだし
    (^_^)♪
    しかもしかも
    宇宙人まで!?!!(゜ロ゜ノ)ノ
    もうてんこ盛りさっ!(* ̄∇ ̄)ノ♪
    ヾ(≧∀≦*)ノ〃

    何より
    芸達者なキャストが力一杯バカやってんのが楽しいのよね~!(* ̄∇ ̄)ノ♪

    ま、
    Vシネ常連のオヂサン方は少し迫力あり過ぎるし、重々し過ぎるかなって感じもしなくはないですが・・・( ̄▽ ̄;)

    楽しみました!( ̄▽ ̄)b♪
    最後、続編への伏線アザっす!
    続編待ってます!(* ̄∇ ̄)ノ♪

    (追記)
    シネマスコーレ。
    手づくりの映画愛の感じられる
    暖かい小屋でした(^_^)♪
    ・・・津田寛治さんって、先代シンケンレッドでしたよね?

  • 3.6

    daiyuukiさん2021/03/14 12:39

    極道抗争で身代わりになり服役していた辰(山口祥行)、刑務所に迎えに来た兄貴分龍(本宮泰風)から謎の男、ギズモに組は解散させられ、皆バラバラになったことを聞く。龍は辰に「ラーメン屋龍飯店を一緒に経営しよう」と提案する。
    しかし、そう簡単に客は来てくれなかった。そんな時、極道時代にライバルだった仁(小沢仁志)と和(小沢和義)もギズモに組を解散させられ、「龍飯店」の近くに「ラーメンOZAWA」を立ち上げる。
    ライバル同士のラーメン抗争が勃発し、そこにギズモ(ゆうたろう)の魔の手が迫ってくる。
    今回は、ヤクザ+ラーメン+YOUTUBERで、チャーシューやもやしをどか盛りにしたコッテリした豚骨ラーメンや白唐辛子ラーメンなど美味しいラーメン、YOUTUBERを使うなどラーメン屋を流行らせる苦労、ベタなミュージカル、中華包丁などで殺し屋に立ち向かう奇想天外なアクション、西村監督の今までの作品と比べるとマイルドだけど気楽に楽しめるアクションコメディ映画。

  • −−

    Gautamaさん2021/03/06 13:17

    感想が述べずらいがタイトルのまんまというか飯テロ料理バトル。それに加えて近頃馴染みあるYoutuberとか大食いとかの要素取り入れたり。あとVシネヤクザものの帝王たちのバトルも見所。

  • 3.3

    くぅーさん2021/02/25 07:50

    ちょっとお疲れモードで、久しぶりにいわゆるVシネマ系を見たくなり・・・本宮泰風に山口祥行に小沢和義に小沢仁志、このお馴染みの強面俳優陣四人衆がラーメンバトルに挑むって話なんで、肩の力を抜きまくって堪能(笑)

    うん、やはりヤクザ絡みで、最後は謎の組織とのバトルに持ち込み、個人的にはラーメン対決に専念して欲しかったけど・・・まぁ、いいか。

    ミュージカルなトッビングに、坂口拓の隠し味・・・ごちそうさまでしたw

  • 1.3

    りちゃあどさん2021/02/14 22:11

    カオスすぎる…ストーリーもよく分からん…私には難しすぎた。途中から龍が如くみたいだった。シームレスだね。ドスでチャーシュー切ってるところがピーク

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    戻る