お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

地球に落ちて来た男

G
  • 字幕

人間に似た姿の宇宙人が乗る宇宙船が、地球からはるか離れた惑星から飛来して、ニューメキシコ州の湖に不時着する。地球人と変わらない服装・容姿をしており、見た目では宇宙人とは分からない。彼は不時着後、近くの古物商に彼のイニシャル”T.J.N.”の刻印された指輪を売る。その際、身分証明としてトーマス・ジェローム・ニュートンと記載されたイギリスのパスポートを見せる。川辺に来たトミーは、コップに1杯川の水を汲み、乾きを潤すように飲み干す。身なりを整えたトミーは、特許に明るい弁護士オリバー・ファーンズワースを訪ね、9つの根本的な特許を元に複合企業体World Enterprises(W.E.社)を立ち上げ、彼を社長に据える。ほどなくしてトミーは巨万の富を得る。

詳細情報

原題
The MAN WHO FELL TO EARTH
音声言語
英語
字幕言語
日本語
制作年
1976
制作国
イギリス
対応端末
公開開始日
2020-11-13 10:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

キャンセル

SF・超常現象洋画ランキング

地球に落ちて来た男の評価・レビュー

3.5
観た人
1542
観たい人
4700
  • 2.6

    クリープさん2021/07/24 14:57

    チラシは何十年もタイムカプセルのように 温めてきた。
    今や サブスクや1900円のDVDで 手頃に観れる時代☕
    なのに、「カルネ」や「個人教授」は未だ高額で、手に入らない☘️
    ●物語は故郷の惑星が水不足なので ― 地球に不時着、侵略する脅威というより、こそこそしてて―派遣労働のような 生活保護の適応者のようで、かわいちょ(YouTuber へライザー風に)

    横顔がアン・レノックス「ユーリズミックス」ぽいのに、体が弱い☘️時速50キロ以上の車はめまい、エレベーターもよわい。但し 特許は9つ、12台のブラウン管TVを同時に理解できる。デイブ・スペクターも日本の番組を絶えず何台かのモニタ―でcheckしてたとか(笑)
    後半になると だんだん日本軍に捕虜になったデビット・ボウイになっていく―――
    ●ニコラス・ローグ「ジェラシー」と共通した死と隣り合わせのセックス、退廃の美的化♪詩的でテンポに合わせにくいテイストは逆に新鮮☕
    ●みどころ
    「ビデオドローム」のデボラ・ハリーのように、大スターのオーラを殺し それを本人は楽しんでる♪
    5.6メートル 幅2m強のリンカーン・コンチネンタル、天井にデッカイ アンテナ
    ピンセットで角膜ひっぺ剥がす
    故郷の家族が テレタビーズ(古くて 分かりにくい(笑)

  • 2.3

    mamさん2021/05/26 14:04

    地球に落ちて来た、この世で一番美しい男。

    シャワールームの鏡のシーンとか、この作品のオマージュだったんだ...。

  • 3.8

    ソーthorさん2021/05/21 21:21

    デヴィッド・ボウイが宇宙人にしか見えない!それ程に美しい。
    「月に囚われた男」にも卓球のシーンがあったな…。

  • 4.0

    わかんないさん2021/05/16 01:24

    20歳の時に、この作品の為に1泊2日で県外に出掛けて観たなあ、金銭感覚狂う!
    今となっては良い思い出

  • 4.0

    yoitomakeさん2021/05/05 13:23

    1時間くらいはクソつまんないけど、ラストに向かっての落ちぶれっぷりがほぼAV。股間も無修正。なすすべも無く、視力まで失うボウイがエロすぎ。
    文学で言うならオスカーワイルドの「ドリアン・グレイの肖像」、有島武郎の「或る女」みたいな感じ。やっぱり美しい人が酷い目に合うのってグッとくるよね!
    特に、ラストのもうやってらんね~みたいな微動だにせず、顔も見えないボウイのカットがしんどすぎて最高。余談だけど似たような時代に公開された「太陽を盗んだ男」もラストシーンが同類の虚無。ボウイもジュリーもきれいで最高。美しい人最高。

  • 3.1

    Makikoさん2021/05/03 05:04

    ニコラス・ローグ監督という人をよく知らないので、これが名作なのかカルトなのかも分からない。お洒落っぽいカットや意味深な台詞が多く、わざとらしくて受け入れられない。考察や解説をもってしてやっと分かる系の映画だとしてもチープ感が強いので感心するよりイラッとくる。あと長い。

    この映画が悪趣味なポルノになりそうでならないのはやはりデヴィッド・ボウイだからだろう。宇宙人のペルソナを完成させてしまった人間。
    この映画“前半の“ボウイのベッドシーンで10秒くらい息が止まった。衝撃の映画体験だった。後半は無修正でチン…………てしまっていて妖艶というよりは生々しく、あ〜やっぱり人間か、と思ってしまった。銃口を咥える仕草はエロス満載で良い。

  • 3.0

    NTKingさん2021/04/22 14:56

    デヴィット・ボウイの美しさたるや...。
    宇宙人を恋人にしたらきっとこうなるんだろうな、と思った。
    複数のテレビを目の前にして狂ったような少年のような笑みを浮かべる彼の顔が一番印象に残る映画。

  • 3.5

    Mariririさん2021/03/10 15:27

    デヴィッド・ボウイがそれはそれは美しくて。
    それ以外は突っ込みどこだらけ(というか、突っ込みどこしかない)でした。
    宇宙人妻の歩くマネしながら帰るわたし。
    赤い髪の内側が金髪で、ガリ勉メガネ(銀縁、鼻のとこ二重、フレームでかめ)かけてんのに、スタイリッシュ男子!!!!
    美しさは才能です。

  • 3.5

    ysさん2021/03/09 07:14

    ニコラスローグ作品。
    原作はハスラー🎬、クイーンズギャンビット🎬のウォルターテヴィス。
    スタ〜マ〜〜ン♬で、別名ジギースターダストの
    デヴィッドボウイが若くて、
    地球人離れした美しさ。
    スピードに弱い宇宙人トミー。
    出会ったメリールーが、トミーをお姫様抱っこ!笑
    出てくる映画は昼下がりの情事🎬と第三の男🎬
    宇宙人ファミリーがシュールでした。
    Tommy, Can You Hear Me ?というセリフは
    ザ・フーのトミー🎬の歌ですね。

    音楽はツトムヤマシタとママス&パパスのジョンフィリップス。
    ヒロイン、メリールー(メアリールー)は毛皮のマリーズの歌にもなってます。

    ニコラスローグの作品は、
    トッドヘインズ、スティーヴンソダーバーグ、
    ウォンカーウァイ、チャーリーカウフマン、
    クリストファーノーランに影響を与えているそうです。

  • 5.0

    グレアムの手紙さん2021/03/07 21:45

    モザイク的にイメージをオーバーラップさせていくローグ流のストーリーテリングが時間の輪郭をぼやかす。

    場所もぼやけている。登場シーンから謎が多い。湖に落下したように見えたニュートンが、次のショットでは丘の上から滑りながら降りてくる。自分では一人で来たと思っているが、誰かが丘の向こうで確かに彼を観察している。全部仕組まれていたのか?
    ブライスへのカミングアウトでは、彼が暮らした母星の砂漠とニューメキシコの荒野との間を隔てる距離が存在しないことが明かされる。「どこから来た」「天文学はわからない... そこら辺だ(目前の荒野を指差して)」

    異星人のエスパー能力が、記憶とメディア装置を交錯する。テレビの映像からたどる世界中の出来事の記憶、母星の記憶、文明が開拓する以前の人類の営みの記憶、そして星の滅亡という未来?の記憶。「メディアは真実以外のありとあらゆるものを映す」ここで彼がいう"メディア"とは、もはやテレビやラジオなどの通信媒体にとどまらない。より広い意味での、つまり「世界と自己を隔てる媒介」という意味で、彼が人為的に装着せざるを得ない網膜、もっと言えばその仮の肉体までをも意味する。

    閉じ込められ抑圧される人体の痙攣状態
    耐え難い現代文明の疎外感と寂寥感
    これが今の地球。
    されど美しい、地球もボウイも。


レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す