お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

学校の怪談3

G

大ヒットシリーズ第3弾。

大ヒットシリーズ第3弾。新たに平成ガメラシリーズ等で知られる金子修介がメガホンを取った。槙町小学校には、ある噂があった。二人三脚で転ぶと、タイチの幽霊に目をつけられ、鏡の世界に連れ去られてしまうというのだ。タイチは20年前に亡くなった体の弱い生徒で、運動会も見学しかできなかったという。そんな槙町小学校の運動会。久保田良と藤井繭子のペアは、二人三脚を一着でゴール寸前の所で転んでしまい・・・。「シャカシャカ」「のっぺらぼう」等の新オバケが登場。

詳細情報

関連情報
原作:常光徹,日本民話の会
音声言語
日本語
制作年
1997
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2020-12-23 10:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

キャンセル

ホラー邦画ランキング

学校の怪談3の評価・レビュー

3.3
観た人
3651
観たい人
418
  • 3.0

    オカサヤコさん2021/11/27 19:15

    「3番目が、いちばんこわい」ていうコピー今でも覚えてるし
    「一番怖いんやあ…こわああああ」てなってたんも覚えてる

  • 4.2

    ホラーB級さん2021/09/25 15:21

    監督も金子監督に変わり
    それでいて一作目、二作目の雰囲気を
    上手に継承された作品
    脚本も良くなり
    映画としての完成度もぐっと上がり
    面白くなっている

    とは言え
    ただ微妙にいつもの
    学校の怪談と違う作品を
    見た気がしちゃうのは何故なんだろう?

  • 3.7

    satoさん2021/09/19 01:01

    前回の二作品と比べると、子ども達の成長物語に加えて恋愛要素もあったからストーリー性が増してる気はした。(全部名作だけど)
    小さい頃の豊永さん出演してたのが驚き。

  • 4.0

    三ツ矢さいだーさん2021/09/14 07:50


    学校の怪談シリーズ第3段!
    こちらのキャストが2とかぶっているところが多くある意味安心して見られます。相変わらず全員キャラが濃い!しかしくどくなく前作より怖さはアップしていますがコメディとして見られます。
    見どころは義理弟が出てくるところ。1人だけ二次元から出てきたんかってくらいの容姿と立ち振る舞いです。彼は絶対ビッグになる(確信
    3では今まで笑い声しか拝めなかった花子さんの声が聞けます。キャアアアアシャベタァアァアア!!!!
    こちらも笑いあり涙ありです。子供と一緒に見られます。おすすめ。

  • 3.0

    夕暮れの代弁者さん2021/09/12 02:16

    今回は合わせ鏡で鏡の世界に引きずり込まれる話。

    前2作と比べると人間ドラマまで描かれていて完成度は高いのだけれど、以前のテイストが好きだったのでコレジャナイ感。

    幼少期の野口由佳さんが観れる作品。

  • 3.8

    Melkoさん2021/09/11 17:34

    ああノスタルジー。ジュブナイル。瑞々しい。

    「がんばれ!ダイナマイトファイヤー!」
    「あかねちゃんのことは、僕が守る!死んでも!」
    「契約書はどうすんだよ?」「…破棄します、兄さん」
    「早く行かないと、泣いちゃうよっ」

    前作よりも、子どもたち一人一人の個性とキャラ設定がより明確になり、わかりやすく見やすくなった本作。
    光り輝く鏡に吸い込まれる前田亜季の記憶しかなく、ん?こんな感じだったっけ?った内容だけど、若干グダグダするぐらいで、全体的には見やすい。
    登場する子どもたちも、
    成績不良のやんちゃ坊主、乙女まっしぐら、食いしん坊、シニカルおしゃれ、不思議ちゃん、ガリ勉
    とキャラがブレてる子がいないおかげでスッと話に入ることができた。
    西田尚美演じる教師の役回りが若干フワフワしてたのが残念なところではあった。

    何気に、今作はお化けが脅かすだけではなくてガッツリ殺しにきてたのもポイント。
    ザリッザリに研いだでっかい包丁振りかざして襲ってくるのっぺらぼう…ゾンビより恐竜の骨よりシャカシャカより、怖い。
    特殊メイクと特撮の技術は向上途中という感じ。
    たいちとの友情は終盤に詰め込んだ感じで、感動するには少しインパクトが足りないかも。最期の自己犠牲と空から降る赤いタスキはちょっと胸熱だけど。

    キャラとしてのMVPは、ガリ勉のさとる。
    演技が他の子と一線を画してた気がする。
    特に、迫ってくる壁に挟まれそうになる時の叫びはトラウマになりそうなところをよく頑張った!と言う感じ
    「賞と名のつくものはノーベル賞からかけっこまで譲りません!」と息巻く姿は笑える。笑

    コンビとしてのMVPはあかね&まことコンビ。
    やり取りが妙に大人びた2人、追いかけられ水攻めに合い、散々だが見せ場がたくさん。
    まことのフルチン、指の間から見たい気持ち笑、
    「あたしマザコンって嫌いなのよね」
    「僕だって好きでマザコンやってるんじゃないんだ」って核心ついた会話や、
    「あかねちゃんのお婿さんになる!」「わたしに初めて告白してくれた男の子だもんね…」
    等、なんか大人の会話のようななんとも言えない感じで、段々おしどり夫婦のようにみえてくる不思議。

    言わずもがな、りょう&まゆこのコンビも初々しくて良かったけど。
    自分の写真を別れの場面で託すのって、純だけどすごい勇気の要ることだよね。まっすぐな瞳も含め、こんな気持ちを忘れたくないもんだな…

  • −−

    タカさん2021/09/06 23:02

    ※元々のレビューが自分の中で物足りないため、レビューを再投稿しております。元々のレビューにいいね!を下さった皆さま申し訳ございません🙇‍♂️

    「やることなすこと裏目のあなた、特に今日は要注意!次々に不幸に巻き込まれるでしょう」

    学校の怪談シリーズも数えること三作目‼️
    1995年から毎年夏の風物詩と化したドル箱シリーズはさらなる進化を求めて監督を交代
    ガメラシリーズを手がけた金子修介監督によって
    前二作とは違う新たな息吹が吹き込まれる

    フィールドを広げた舞台
    これまで学校の校舎という閉鎖空間で繰り広げられたストーリーが街全体に広がる
    塾、市営バス、自分の家、公園
    怪奇現象が起こる舞台は確実にスケールアップを果たしている
    そして舞台の拡張に伴った出演陣の広がりも見どころ
    「お化けが出るよ❗️」と子供達を驚かせる津川雅彦
    主人公ポジションの母親役に黒木瞳
    一癖も二癖もある塾講師役に野田秀樹
    明らかに豪華さを増している
    その豪華出演陣が楽しんで役を演じているから面白い
    特に野田秀樹は本気でこちらを驚かせにかかっているのが顕著
    首をコキっと鳴らしたり、机に顔を乗せる演技は狂気じみている
    少しの出番しかないがインパクトは抜群

    分かりやすい設計
    容姿から連想されるような分かりやすいキャラ設定と王道ストーリーが肝
    主人公とヒロインのラブストーリー
    ビビりで頼りないぽっちゃり男子
    活発で好奇心旺盛な女子
    ビルゲイツの再来と名乗るメガネガリ勉少年
    わんぱくで抑えがきかない少女
    前二作と比べても漫画やアニメに出てくるような分かりやすい作りに意図的にされている
    これは確実に子供でも飲み込みやすい

    妖怪たちの暴走
    これまでは"妖怪たちも友達!"といった風味の登場の仕方が多かった気がするけど
    今回からは確実に命を奪いに来ている
    包丁持ったり、鎌を振りかざしたり
    物理的攻撃による死への恐怖が上積みされている
    襲ってくるのっぺらぼうはSFXならではの描写で恐怖を煽る

    幽霊と妖怪の対比
    どちらも登場させるのがシリーズのお決まりではあったけど
    「幽霊と妖怪は違う」と明確に言及するのは今作が初めて
    解釈としては一貫して同じ
    妖怪は悪戯などで悪さをはたらき、幽霊は寄り添って協力してくれる
    幽霊とはっきりと対峙するのは前二作を踏まえた上でのものと感じる
    そして幽霊しか登場しない次作(学校の怪談4)はある意味これまでの集大成と言える

    「タイチが見つけた、あの子が欲しい
          タイチの友達、あの子が欲しい」
    シリーズの看板だった花子さんは今回で見納め
    ある意味これで完結なんだよなぁと思う
    テイストは引き継がれた上でのアレンジ
    次作の変貌ぶりを見ると一作目から引き継がれたドラマティックジュブナイルホラーはこれで最後
    わりと感慨深いものがある

    良いなぁ、やっぱ良いよなぁ
    1に次いで観倒したのが3
    VHSが擦り切れる寸前まで観た覚えがある
    八橋先生の言葉を借りるなら「最高じゃん❗️」


    元々のレビューを下にそのまま貼り付けておくので、もしよろしければご覧ください🙇‍♂️


    面白いなぁ〜。監督が代わったこともあり、前2作とは違った趣きとなっている。
    学校から飛び出して町全体が舞台になっていたり、途中の妖怪が凶器を持ち出してガンガンに物理攻撃を仕掛けてきたりする。
    しかし本質は変わっておらず、子供達の冒険成長ストーリーで最後にホロっと泣かせてくる。
    この年であらためて劇場で鑑賞できたのは本当に良かった。あらためて感謝。

    2019年7月5日

  • 3.9

    青山さん2021/09/04 12:09


    2までとは監督が代わり、そのせいか作風もかなり変わった3作目。

    コミカルな要素は残しつつトーリーはより真面目な話になり、怖さもかなりガチになってきてて、大人が観てもホラー&人間ドラマとしてガチで楽しめる作品になっています。

    主人公の少年の母親が再婚することになり、新しい弟と妹がお家に来るんだけどこいつらが完全にKey違いだったので主人公ブチおこ。家出して学校を肝試しする友達と合流してうんぬんっていう感じのお話。

    この再婚する主人公のお母さんが黒木瞳なのでめちゃくちゃ可愛かったし小学校の息子がいる黒木瞳めちゃくちゃエロいじゃないですか!

    というのはさておき。
    学校に閉じ込められる先生と子供たちの群像劇であり、出会いと別れの物語であるあたりは前作までと同じなんですが、今作はそれぞれのキャラクターが抱える過去や悩みがより切実なものになっていて、その掘り下げ方もこれまでより丁寧なのでドラマとしての見応えが抜群でした。
    けどコメディとしても、頭おかしい弟と妹や、ぽっちゃり少年と勝気な少女のなどキャラが立ってて面白かったです。
    あと先生も良いキャラしてますよね。突然のコンプレックスの発露笑いました。


    ホラー描写も前作までのように半分おふざけみたいな化け物が出てきてワーキャーするなんてもんじゃなく、大人が見ててもけっこうゾッとするところもあるくらいしっかりしてます。
    学校内のシーンはそれでもおちゃらけっぽさも強いんですが、町のシーンで信頼できるはずの大人たちが恐ろしい何かに変わってしまうあたりなんかは親や先生が絶対正しいわけじゃないことに気づき始める少年たちの心情を暗喩しているようでもあり怖かったです。
    というか単純にある日突然周りのみんながおかしくなる系ホラーが好きなだけかもしれません。
    あと塾の先生が普通に怖かった。
    あとから気付いたのですが、本作でバトンタッチした金子監督は『ネクロノミカン』の第2話を観たことありました。あれを撮った人ならこのホラーとしての作り込みも頷けるというものです。

    まぁそんな感じで、このシリーズに期待するジュブナイルとしての切なくも優しい物語性はそのままに、よりディープな世界に浸れる傑作で、個人的にはこれまでの3作では1番好きです。
    4も近いうちに観ますよ!

  • 3.8

    aKircrazyさん2021/09/02 21:15

    おもしろい。

    ストーリー:3.8
    演出:3.8
    映像:3.8
    音楽:3.9
    キャスト:4.0
    個人的好き度:3.7

    でも、やっぱ1、2のが好き。

    2021年8月31日

  • 3.7

    Nayumimiさん2021/08/29 14:32

    良きホラーアドベンチャー映画。
    1997年代の学校や運動会、都市伝説や怪談などを想起させる。下ネタや恋愛、友情や家族、感動など全てがテンポ良く盛り込んである作品。夏や郷愁に浸りたい時に観るのがオススメ!

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました