お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

なぜ君は総理大臣になれないのか

G

「ただ社会を良くしたい」立志、希望、挫折... 愚直な政治家の17年

2003年、官僚を辞め、家族の猛反対を押し切って出馬した衆議院選挙。「政治家を笑っているうちはこの国は絶対に変わらない」と真っすぐに語る小川に惹かれ、撮影を始める。2009年に政権交代を果たすと「日本の政治は変わります」と目を輝かせた小川。しかし、安倍政権が始まると、その表情は苦悩に満ちていく。弱い野党の中でも出世できず、家族も「政治家には向いていないのでは」と本音を漏らす。そして2017年の総選挙では、まさかのドタバタ劇に巻き込まれていく…

詳細情報

関連情報
プロデューサー:前田亜紀 製作会社:(株)ネツゲン 音楽:石﨑野乃 撮影:高橋秀典 編集:宮島亜紀
音声言語
日本語
制作年
2020
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2020-12-16 10:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

キャンセル

その他邦画ランキング

なぜ君は総理大臣になれないのかの評価・レビュー

4.1
観た人
1526
観たい人
2724
  • 4.6

    おきーゆさん2021/01/18 22:57

    ひたすらに心を打たれた。
    人生をかけても、大事をなせるかは分からない。
    こんな人がいるのかと、衝撃を受けた。

    うるさいとしか感じなかった選挙カーの裏には、頭を下げ続ける候補者やそれを応援する支持者たちがいる。

    政治の見方を変えてくれる映画だった。

  • 4.0

    もーりーさん2021/01/18 22:17

    衆議院議員の小川淳也氏を17年に渡り取材したドキュメンタリー。残念ながら世の中、正しい事をしている人が全て日の目を見るわけじゃないよなぁ…というのを地で行く政治家。志は素晴らしいし、こんな政治家ばかりだと日本の政治もよくなるし、総理大臣になってくれたら…という監督の考えも理解できる。が、彼の様な志が高く信念を曲げずに活動する人はやはり政治家にむかない世の中になってしまっているんだなぁ…と残念な気持ちになった。一般人なら素晴らしい事なんだろうけど、政治家として見ると彼は優しすぎる。小川氏が政治家にむいていないのではなく、彼のような真っ当な考えや信念を持った人間は政治家として生きていくには難しい世の中になってしまっているのだ…

  • −−

    miyuさん2021/01/18 03:00

    とっても良かった。この2時間だけでもすごく伝わる誠実で、温和で、優しい性格が、身内や親しい人から「政治家には向いてない」と言われる理由のひとつなのもまた、この人を応援したいと思えてしまいます。。教授の演説はちょっと泣いたし、家族の支えもぐっときた。商店街の人、そんなに言うなよ!と思ったけど色んな人がいるし仕方ないか。しかし言いすぎやろ!うどんすすりながら、厳しいことを言われちゃいましたねと言う小川さん、切なかった

  • 4.7

    やすさん2021/01/15 22:59

    政治なんて1ミリも興味ないのだけど、深く刺さった。小学生からずっとプロ野球選手を目指し強豪校に入ったけどベンチにすら入れない高校球児。これがアニメなら小川さんは実はジャンヌダルクの生まれ変わりだとかギアスを得るとかワンフォーオールを受け継ぐとかで安倍さんや小池さんの首を力でねじ伏せ息の根を止めることできるけど、現実はどこまでも現実で、ワンフォーオールを得られないデクにとっては辛すぎた。ただデクはデクだから、志は変わらないし諦めもしない。
    あれだけ多くの人や親や娘までもを巻き込み自分に期待させ、それを幾度となく裏切り続ける事の精神的負荷に、願いを達成できない現実に、ご本人はどう折り合いをつけているんだろう。
    この人にとっての幸せはなんなんだろうってずっと考えながら見てた。8割我慢1割忍耐1割辛抱の政治人生じゃない選択肢なんて無限にあるだろうに、それでも想い続ける感情の源泉はなんなんだろう。天命なのかな。天命なら仕方ないか。
    印象的なのが、自分が疲労満載な時で食事を差し出された時に、いつもカメラマンの人に「食べた?」と先に聞くシーン
    こういった魂の美しい人が幸せになって欲しいし願いが叶って欲しいなあ。票数の結果発表なんてもう手に汗握りすぎて心臓に悪かった。頼むうううって。
    やっぱりドミネーターで犯罪係数測って人類を選別するしかないか...
    個人的には泣く泣く言われまくっているヴァイオレットエヴァーガーデンよりもよほど泣けた。娘の叫ぶ姿とか、慶応大学教授の演説だとか。
    人の本気の姿は魂揺さぶられる。いろんな人に見て欲しい映画。

    あと、商店街のおっさん、てめーは豚の餌にしてやるからな!!!!!!覚悟しろな!?!?!?!

    p.s
    なぜこれほど頑張るかの感情の源泉
    についての回答を、ポレポレ東中野の舞台挨拶で仰っていた。これほど聡明な方でも50手前にして初めて気付いたとのこと。
    youtubeにあるのでぜひ。

  • 2.8

    yuporゆうぽるさん2021/01/13 20:11

    早い段階からビデオ回したもの勝ちだなと感じる作品。そういう意味では"行き止まりの世界に生まれて"と同じ幸運を持ち合わせているドキュメンタリー。

    小川さん、若々しい。
    最後のセリフ、同じことを考えているので胸に刺さる。

  • 3.6

    うそからでたまことさん2021/01/12 23:22

    官僚を辞め、国を変えるために政治家になった小川議員のドキュメンタリー。
    必死に政治を変えようとしながらも、地元の大企業のオーナー一族出身議員との対立や保身的な党幹部のしたたかな政治力など、優秀で誠実な彼とは全く異なる才能、能力が彼を悉く阻む。周囲の人間や親族からも政治には向いてないと言われ、不器用で珍しい政治家なのかもしれない。しかし応援したくなった政治家に初めて出会ったと思った。

  • 3.0

    runcryさん2021/01/12 21:58

    "映画"というよりは映像記録。
    映画として面白くはなくても、被写体の魅力と、被写体を通して政治や社会が映ることで最後まで観られる。
    最終的に彼を応援したくなれば監督の勝ち、ということであれば負けたし、何かのきっかけになりそうな価値は感じているので、今このタイミングで観ることができたのは良かった。

  • 4.0

    AtsushiShidaさん2021/01/11 21:20

    首相、官房長官、その他大臣。
    毎日ニュースで見る顔、なんとなく知ってる政治家にも、もちろん親がいて、家族がいる。
    政治家、という肩書きだけで見てしまう人の解像度を上げたとき、僕らと同じように家族がいて、友人がいて、生活がある。

    政治家に必要なものは何か?というものを突き付けつつ、それは誰にでも出来るものでもないということも突きつける。

    そして全員人間であり、思想があり、暮らしがある。
    ただそれだけのこと。
    ただそれだけのことを映し出したことに大きな価値がある。

  • 3.7

    よーぺいさん2021/01/11 01:00

    台湾のIT大臣みたいに有能な人間の適材適所な人員配置、コロナ対策、大臣としての専門的なことの討論もできない年配が仕切ってる日本の政治は世界と比べて何年遅れているんだろう。
    って言っても国民が選んだ人間達なんだから仕方ないよね。
    日本に未来はないと思った。


  • 4.0

    うーらさん2021/01/10 19:29

    衆議院議員小川淳也を17年追ったドキュメンタリー。

    監督は初めて小川議員に会った時
    「これだけ真っすぐに『社会を良くしたい』と言える人がいるんだ」と衝撃を受けたそう。

    また、ただただこの国を良くしたいと奔走する姿に「こういう人に政治を任せたい」と思うようになったとも語っている。

    印象的だったのは、
    「僕は政治家になりたいと思ったことが一度もないんです。〝政治家にならなきゃ〟なんですよね。
    やらざるをえないんじゃないかという気持ちが根っこにあるんです。
    政治家がバカだとか、政治家を笑ってるうちは絶対にこの国は変わらない。
    だって自分たちが選んだ相手じゃないですか。」

    本当にそのとおり。
    日本は特に当事者であるという意識や関心がない人が多いと思う。
    私自身、関心が薄かった張本人とも言える。
    当たり前だけど、有権者が関心を持たなければ何も変わらないんだよな。

    作中、初当選の頃から今に至るまでどんどん悲壮な表情になっていく様子や、出馬当初反対だった家族が一丸となって応援していく様子は涙がでた。
    結構本気で泣いたかも。

    真面目で実直というだけで渡っていける綺麗な世界ではないだろうけど、こういう人に舵を取ってもらえたらと思わずにいられない。

    これを見たら政治に関心を寄せる人ふえるんじゃないかなと思う。

    --------------------
    【小川議員プロフィールメモ】
    1971年香川県高松市生まれ。
    東京大学法学部卒業。
    1994年現総務省に入省。
    2003年民主党公認候補として衆議院選挙出馬(32歳)
    2005年総選挙(比例復活)で初当選。
    2009年民主党政権で総務大臣政務官を務める。

    現在は民主党→民進党→希望の党を経て無所属。
    立・国・社・無所属フォーラムに属し、立憲民主党代表特別補佐を務める。
    --------------------

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    戻る