お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

SKIN 短編

G
  • 字幕

レイシストの父に洗脳された少年が迎える、衝撃のラストシーンが心に突き刺さる――。 今この瞬間も広がる白人と黒人の人種問題を、子供の視点から強烈に描くアカデミー賞受賞作。

白人至上主義者の家族。父親は危険なタトゥーを入れ、幼い息子に射撃を教える。ある日スーパーで買い物中、気の良さそうな黒人が白人の息子に微笑みかけた。それを目撃した白人父は仲間とともに黒人の息子と妻が待つ車の前で黒人を半殺しにした。数日後、黒人集団に白人父が誘拐される。数日後の夜中、拉致された現場で解放された白人父は車の窓ガラスに写る自身の姿を目撃した。フラフラになりながら何とか自宅に辿り着いた白人父だったが、自宅にいる妻と息子は黒人が攻めてきたと思い、銃をかまえて応戦の準備を整えていた・・・。

詳細情報

原題
SKIN
関連情報
原案:シャロン・メイモン
音声言語
英語
字幕言語
日本語
制作年
2018
制作国
アメリカ
対応端末
公開開始日
2021-01-20 10:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入220円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
220
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
220
ご注文手続きへ

キャンセル

ドラマ洋画ランキング

SKIN 短編の評価・レビュー

4.1
観た人
2814
観たい人
5445
  • 4.9

    reさん2021/03/04 10:34


    はぁ…

    こちらは…

    長編では
    救われたエンディングだったけど

    こちらは
    ジャケットの
    この子達の未来が

    どうか
    暗闇に迷い込みませんように…

    祈るだけ

  • 3.5

    abemathyさん2021/03/03 21:33

    長編主人公の幼少期?
    だから、犬にはボスって名前つけるし、母親そっくりの女性に出会って一目惚れするし、子どもを喜ばせる遊びはサーフィンなの?
    そう思ってつい長編おかわりした。

  • 4.5

    ミミさん2021/03/03 17:57

    やっぱり、恨みを恨みで返すのは負の連鎖でしかないと強く感じた。これは差別問題を解決する、重要な点だと思う。

  • 4.0

    EIさん2021/02/28 22:03

    どうしょうもないほどの米国の深い闇を見たようで、心臓が締め付けられた。
    たった20分に、断然の様が凝縮されている。
    インパクトが強くて脳裏から離れない。

  • 4.4

    Yuuさん2021/02/28 13:00

    衝撃的すぎるラスト。
    ラストシーンの破壊力が凄すぎて…
    20分という短い時間で、ここまで考えさせられる。

    白人の子供と黒人の子供。
    こんなにも小さな身体で、こんなにも残酷な事が出来てしまう。
    自分の大切な家族のために。

    肌の色をきっかけに何故こんな事になってしまうのか。

    仕返しの仕方。
    凄いよ、本当に。タイトル通りのやり方。

    ヘビの話しだったり、短いながらも単純明快かつ凝縮されたストーリー展開。

    子供の視点で考えたときに、純粋すぎるが故の怖さがある。
    憎しみは狂気を生み、残酷な未来を生む。

    人種差別をテーマにしているのだろうが、負の連鎖が残酷過ぎて…
    人種差別を超えて、その後の子供たちの未来を考えずにはいられない。

    長編の製作資金を募る目的のため、監督自身の貯金を使って製作されたというこの短編映画。
    反響は大きいかったと見れば納得する内容。

  • 3.6

    おりこさん2021/02/27 17:17

    長編SKINをレンタルしたらこの短編も入ってた。これ見たかったから良かった。主人公の無意味ないちゃもんのつけかたはマジで一体どんな思考回路してるのか理解不能。
    ラスト、白人と黒人の皮肉が効いてた。

  • 3.8

    アキラナウェイさん2021/02/23 22:38

    子供の見つめるその先に…。

    ガイ・ナティブ監督の長編映画「SKIN/スキン」と併映された短編映画。本編との繋がりはないが、女優ダニエル・マクドナルドは違った役でどちらにもキャスティングされている。

    白人家族と黒人家族。
    それぞれに1人の少年がいる。

    白人家族は、やんちゃな仲間達と湖で射撃に興じている。子供に銃を持たせる事に何の躊躇もない彼らについていけない。皆、揃いも揃って入れ墨を入れている。

    そして、起きてしまったスーパーマーケットでの悲劇。

    肌の色の違い。
    差別。
    偏見。
    復讐。
    報復。

    そして、少年の手には銃が…。

    21分で魅せる人種差別の縮図。

    互いの少年の眼差しが印象的。

    何処かで断ち切らなければ、差別意識も、銃社会も、全て次の世代に引き継がれていく。

    銃を手放せないのは、隣人を信用出来ていないから。その隣人が自分の肌と同じ色なら信用出来るけど、そうでないなら…?

    やはり、「自分の家族は自分で守る」と息巻いて、彼らは銃を手放せない。悲しみの連鎖は終わらない。

    肌の色と入れ墨。

    長編映画への導入としては、十分過ぎる程のインパクトを残してくれる。


    余談。
    コロナ禍での運動不足が深刻で、ODB(おデブ)化が止まらない。背中と床が仲良し過ぎる。運動不足は寿命を縮めるそうなので、今日からウォーキングに出る事にした。1時間程気楽にお散歩。いきなり走り出すと膝を痛めそうなので、JOJOにやっていきます。

  • 4.0

    Utaromuranoさん2021/02/23 20:18

    人種差別の恐ろしさ救いようの無さが伝わってきて戦慄を覚える。
    後の長編版にも見られる要素が散見されるのが興味深い。

  • 5.0

    小森さん2021/02/23 00:58

    短編なのにどっと疲れた。見応え満点な負のスパイラル。ラストは開いた口が塞がらなかった。
    いつも割りを食うのは子どもたちなんだ。

  • 5.0

    いち麦さん2021/02/21 13:51

    同題の長編とテーマは同じだが全くの別の物語…肌の色だけで人を見る愚かさがストレートに打ち込まれる濃厚な21分…長編より衝撃的。レイシストの父親とは対照的な、無垢だった子どもの中に悪意の種、差別の芯のようなモノの萌芽を見てしまった気がしてならない。超不快だが傑作。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す