お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ミッドウェイ

G
  • 吹替
  • 字幕

勝者も、敗者も、海に全てを捧げた。

1941年12月7日の日本軍による真珠湾への奇襲攻撃。戦争の早期終結を狙う山本五十六大将の命により、山口多聞や南雲忠一がアメリカ艦隊に攻撃を仕掛けたのだ。大打撃を受けたアメリカ海軍は、新たな太平洋艦隊司令長官に、兵士の士気高揚に長けたチェスター・ニミッツを立てた。両国の一歩も引かない攻防が始まる中、日本本土の爆撃に成功したアメリカ軍の脅威に焦る日本軍は、大戦力を投入した次なる戦いを計画する。真珠湾の反省から、日本軍の暗号解読など情報戦に注力したアメリカ軍。情報部のレイトン少佐が、次の目的地をミッドウェイと分析、限られた全戦力を集中した逆襲に勝負を賭ける。遂に、アメリカ軍のカリスマパイロット、ディック率いる爆撃機が出撃。空母、軍艦、潜水艦、戦闘機など、あらゆる近代兵器を駆使した壮絶な激突へのカウントダウンが始まった──。

詳細情報

原題
Midway
関連情報
製作:ローランド・エメリッヒ 撮影:ロビー・バウムガルトナー 編集:アダム・ウルフ
音声言語
英語or日本語吹替
字幕言語
日本語
制作年
2019
制作国
アメリカ/中国/香港/カナダ
対応端末
公開開始日
2021-01-22 10:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

歴史・戦争洋画ランキング

ミッドウェイの評価・レビュー

3.5
観た人
4190
観たい人
4970
  • 4.2

    bluemercenaryさん2021/06/12 14:59

    ギリギリまで戦争回避を模索していた山本五十六。
    止むを得ずの開戦となり決行された真珠湾攻撃 ―― 二次攻撃は行わず、米軍燃料タンクは残された。
    艦船を大量に失った米軍は、ニミッツ提督が司令官となる。
    山本五十六は米軍に決定的打撃を与える戦場をミッドウェイに絞ったが、米軍暗号分析官レイトンもそれを推察していた。

    どちらにとってもミッドウェイでの戦いの先には本土攻撃が待っている。
    弱体化した米国海軍に止めを刺したい日本軍と、日本空母艦隊を殲滅すへく待ち伏せ作戦を立てた米軍。
    雌雄を決する戦闘が始まった。



    太平洋戦争の大転機、ミッドウエー海戦を描いた物語は監督ローランド・エメリッヒが構想20年掛けたという作品。
    どちらにも軸足を置かずフラットに描いた素晴らしい物語になっていた。
    ちょっと南雲中将を無能に描いた様な気もするけれど、山本五十六と山口多聞の潔さはよく描かれていたんじゃないかな。
    戦闘シーンの迫力は半端なかった。
    まさに"圧巻"の一言。

  • 3.2

    おもちさん2021/06/12 04:30

     ミッドウェー海戦を空から見た物語。エド・スクライン主演。
     真珠湾攻撃から始まり、初の機動部隊同士で対決した珊瑚海海戦、そして太平洋戦争の転換点になったミッドウェー海戦までを操縦士、情報将校それぞれの視点で描いていく。
     開幕に貴重なパトリック・ウィルソンの日本語ボイスが聞けて嬉しかったけど、その後日本側主要キャスト以外の兵士がみんなウィルソンレベルのカタコト日本語でがっくり。主要キャストといっても日本は南雲忠一ですらチョイ役なのは仕方なしか。
     ミッドウェイと言いながら本戦にいくまでが割と長め、さらに勝敗を決定づけた暗号解読やトラップも情報戦を扱うこの映画としては結構大事なシーンなはずなのにどれもあっさり進んでしまったのも残念ポイント。戦闘の展開ももっとシリアスなモノかなと思ってた分肩透かしを食らってしまった。
     空ということで戦争映画に付きもののグロテスクな戦闘シーンがほとんどなく、一般の人でも安心して観られる作り方なのは好評価。純粋にパイロット達の痛快な飛行を楽しむなら良い線いってるかも。
     結果的にアメリカすごい!になって日本人が観るとなんだこりゃってなる怪しい場面が多かったけど、それをはねのけるぐらい映像はどれも迫力があって見応えがあった。これはさすがのエメリッヒ監督という感じ。2001年の映画パールハーバーの延長線として観ると丁度良いかも、戦争映画ファンならなんだかんだで楽しめると思う。オススメッ!

  • 3.5

    ヤマハさん2021/06/10 16:11

    中国資本の入ったアメリカが描く戦争映画として斜に構えて観たが、意外にも史実通りな点が多く日本側の視点も多く描かれていて、海上での戦闘シーンも迫力があって見応えがあった!
    太平洋戦争の結末を左右することになったミッドウェイ海戦の勝敗を決する舞台裏を知ることができた。

  • 3.1

    ちゅにちゃんさん2021/06/06 22:09

    太平洋戦争の流れを変えたミッドウェイ海戦はこれまでにも何度か映画化されているが、本作は日米両国の視点から描かれた所が過去の作品とは異なる。戦闘シーンの迫力はものすごく、あたかも戦場にいるかの如き臨場感には圧倒される。しかし戦争というのは勝っても負けても愚かな行為である事は明らか。戦場では兵士も単なる手段に過ぎず、米兵を英雄のように扱うラストは何とも言いようのない虚しさの残る作品だった。

  • 3.0

    映画好き子ちゃーんさん2021/06/05 02:31

    攻撃し合うシーンは映像が綺麗だし色んな角度から描かれてて臨場感がある。あとダメかと思ったが帰ってきた!うぉーー!ってなる描き方がザ洋画って感じ。
    総じて綺麗にまとまって、戦争の恐ろしさが少し弱かった気がする。

  • 3.7

    SUNSHOWERさん2021/06/03 16:33

    良い意味でも悪い意味でもエンターテイメント作品。史実としてのドラマや人物像を知りたければ、多少のエゴを上乗せしたフィルターを通して観ないといけないけど、CGを駆使した映像はさすがに迫力があって、その場の恐怖感や異常な空気は伝わった。作品に対する制作・配給サイドの国柄も色濃く出ていて、結果としていろいろ考えさせられておもしろかった (●’ᴗ’●)✧

  • 3.9

    hiroさん2021/06/02 22:12

    ミッドウェイ海戦って普通に戦えば圧倒的に日本が有利だったのに過信慢心、コミュニケーション不足、判断の遅さなどありえないようなミスが続き負けるべくして負けた戦い。
    でも他人に判断を仰ぎ責任を取らない今の日本人より魅力あるよな〜。

  • 3.6

    ジュリちゃんさん2021/06/01 03:17

    ど迫力だった。
    この臨場感は映画館で観たかったなーーー!
    戦争もののなかではストーリーはそれほどでもないのだけど
    手に汗握るシーンは盛りだくさん。

    日本がやられてしまっているのでなんだかモヤモヤするのだけど
    なぜか映画の最中はどうしても米軍を応援してしまう^^;

    戦争って勝ち負けになるのだったのだろうけど
    結局勝者はなくて悲劇しか生まない。
    勝つためにもそれまでの過程に多くの人命が奪われる。

    見てて苦しい、、、

  • 1.5

    ポチさん2021/05/30 13:55


    《鑑賞済み》

    皆様ご存知のミッドウェー海戦なので。

    レビュー無し

    文句山盛り出てくる件。

    書ききれないよ!

  • 3.2

    バーニーロスさん2021/05/30 07:39


    いっとけー!  いっとけー!  いっとけぇい!

    不要不急の外出いっとけー!海外旅行いっとけぇい!

    いっとけぇい!そしてコロナウイルスに感染じゃー!

    いっとけぇいコロナ感染🦠いっとけぇい感染🦠
    イットケェイカンセン🦠イッドケェイカンセン🦠
    イッドウェイカンセン🦠イッドウェイカイセン🦠
    ミッドウェイカイセン🦠ミッドウェイ海戦⚓……
    だからレビューしないとイケない!!

    戦闘シーンと人間ドラマを交互に挟むストーリー展開ですが見終わった後の疲労感が半端なかった……
    なるべく忠実に史実と実存した人物像を描いてるのだろうけど誰一人として共感できる人物がいないところにエメリッヒらしさを感じました。


    【映画の総評です】

    コロナなんて戦争と比べたら赤子同然です👶



レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す