お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

僕たちの嘘と真実 Documentary of 欅坂46

G

欅坂46初にして究極のドキュメンタリー映画完成。

2015年8月結成。翌年4月に『サイレントマジョリティー』で鮮烈なデビューを飾った欅坂46。強烈なメッセージ性が込められた歌詞の世界観を、独創的なクリエイティビティと圧倒的なパフォーマンスで表現して、瞬く間に日本中を熱狂させた。昨年9月に初の東京ドーム公演2daysを成功させて迎えた2020年。絶対的なセンターだった平手友梨奈が突然脱退――。そんな激動の中で4月6日にデビュー4周年を控える今、グループとして初めてのドキュメンタリー映画が誕生した。これは、アイドルという枠には収まらない“表現者”たちの伝記映画であり、純粋でエモーショナルな音楽映画である。美しい映像と迫力のある音楽、そして予定調和をことごとく崩していく彼らたちの物語を最後まで見届けてほしい。

詳細情報

音声言語
日本語
制作年
2020
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2021-02-03 10:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

その他邦画ランキング

僕たちの嘘と真実 Documentary of 欅坂46の評価・レビュー

4.2
観た人
4218
観たい人
2020
  • 5.0

    みきさん2022/01/09 21:27

    ほんっっっとうに大好きなグループ「欅坂46」のドキュメンタリー
    1度劇場で観たがまた観たくなり再鑑賞
    感想を全て書こうとすればとんでもない長さになってしまいそうだからできるだけ短くしようと思う
    自分は平手、小池、藤吉推しなのだが、平手は我々ファンが思ってる何倍もかなりのプレッシャーや表現に対する考えなどの色々な事で悩み、苦しみ、押し潰されそうになっていた(押し潰されていたのかもしれない)ことを知ってとても辛い気持ちになり、小池がグループに対してとても熱い思いを持った人間だということは知っていたしそういう所が好きなのだけどここまでの熱さだとは思わなくてより一層好きになった
    自分の憶測でしかないけどこの作品を観ると「黒い羊」は平手の心の中を歌っているのだと思った
    どうしても自分だけが目立ってしまい、そしてグループを壊していってしまっているが、だからといって自分が伝えたいことや表現したいことを周りの人間によって決められたり左右されたくないという平手の思いを歌った曲なんじゃないかと
    何かと叩かれたりした欅坂だけど自分は欅坂が大好きだと再確認できた作品

  • −−

    RyotaNakayamaさん2022/01/05 01:35

    これを見れば欅坂が好きになる!…?


    菅井様と守屋の良い奴すぎるさが分かる。
    小池の見え方も変わってくると思う。

    ただ、石森。。。ってなる

  • 4.5

    しゅうとさん2021/12/25 15:20

    凄いものを観た。
    ただのアイドルのドキュメンタリー映画じゃなかった。10代の彼女達に覆いかぶさった辛さ痛さ。彼女達にしか分からない事。素晴らしい人間模様映画。

  • −−

    おばちゅうグウェシリウスさん2021/12/12 23:22

    孤高の天才、平手友梨奈を描いたドキュメンタリー。
    私がずっと推していた石森虹花は、映画の中でいつも平手を一番近くで支え続けていた。
    アイドルという消費構造の中で、我々ファンは何をしていたのか?

  • −−

    さくさん2021/12/11 18:24

    本作は作品としては面白いけど、ここに出てくるのは生身の人間であり、しかも自分より年下の少女たちだと思うと、こんなところまで消費して搾取に加担してしまうのか…という気持ちもなりました。

    乃木坂のドキュメンタリーは自分との戦いという印象が強かったですが、欅坂はグループそのものが彼女たちの悩みで、それ故に活動自体がしんどくなっている子が多そうだなと感じました。

    大人の責任って言葉が出てて、もっと突っ込んでほしかったです。
    妥協したら死んだも同然、や、僕だけがいなくなればいい、などの歌詞を、まだバランスが取れない少女たちに歌わせるって…あの映像を見たあとに聞くと悪趣味としか思えない。

    彼女たちを子供だからと下に見るつもりはないけど、やっぱり酢いも甘いも噛み分けた大人とは受け取り方が違うから、そこは大人がフォローすべきでしょ。
    みんな曲の世界観を表現するために追い詰められちゃうよ。

    自分自身は別に推してるグループがあり、彼女たちはいつも笑顔でファンを元気づけようとしてくれてるけど、それを受け取る自分は正しいのだろうか。アイドルを推すって本当は罪深いことなんだろうか。そういったことを考えてしまいました。

  • 5.0

    記憶に残る香り探しさん2021/12/08 20:08


    欅坂46にハマるキッカケがこれ

    平手友梨奈の脱退とか改名とか
    世の中がざわついてたので
    何事かと思って何の知識とかもなく鑑賞。

    アイドル枠で括って
    舐めてました、ごめんなさいい。。

    欅坂46がこんな素晴らしいグループだ
    とは思ってなかったし、
    アイドルではなく、
    パフォーマンスグループだったのも
    知れてよかった。

    めちゃくちゃ曲も良いし、
    パフォーマンスが評価される理由も納得。
    推しがいる人生の
    素晴らしさを教えてくれて有り難き。

    そして、なによりも欅坂46に対して
    全く思い入れがない状態で鑑賞して
    見終わった後、
    めちゃくちゃしんどい気持ちになったのは
    ドキュメンタリー映画作品として
    とても評価できた証拠◎

  • 4.7

    ないしむさん2021/11/30 02:28

    なかなかうまく言葉にするのは難しいけど、平手友梨奈とそれに取り巻かれている他のメンバーの心境や立ち向かい方が描かれていた。欅坂というグループは平手1人に重圧をかけすぎているという意見もあったが、ここまでドキュメンタリーに合うアイドルは欅坂しかいなかったと思うし、それを作り出しているのはやはり平手友梨奈にしか出来ないと思った。ここまでの天才はそう見ないから平手中心にせざるを得なかったんだなと思う。私はこのドキュメンタリーを見ていて欅メンバー全員が主役だと思えたし、平手が抜けて櫻坂として進んでいくラストもとても良かった。
    ドキュメンタリーの嫌なところは全て終わってからしか見られないこと。この映画を見て全盛期の欅坂をもっと見ておきたかった、
    と思いながら見終わった後に9thのシングルが気になり調べたらnext projectとして動画があがっていた。また平手がいる欅坂46が見れるかもしれないのが今から待ちきれない。

    追記 MVを見返していて思ったが、一切曲に対して練習している姿が映されていなかったところ、まぁ普通のアイドルのドキュメンタリーとは目的が違うからだと思うけどここまで見えない努力はすごいなと思った。

  • 5.0

    ハタケーさん2021/11/29 15:57

    コロナ真っ只中に半年振りに映画館へ観に行きました。

    観賞後、何も話すことができなかったのは『ジョーカー』振りです。

    欅坂46が活動していた時代に生まれてよかった!

  • 5.0

    凪さん2021/11/29 09:13

    欅坂46を乃木坂46妹グループ結成発表の段階からずっと追いかけてきたので、さまざまな出来事を思い出して胸が痛くなった。

    映画館で鑑賞した際に音楽の音質が大変よく、
    特に「避雷針」の雷鳴が轟く場面が印象的だった。

    平手友梨奈という天才が身近にいると
    周りのメンバーはプレッシャーを感じてしまうだろうなと強く感じた。
    メンバーの涙がとにかく辛かった。
    身終わったあとの精神的疲弊が大きかった。

  • 4.2

    こばようさん2021/11/25 16:33

    日本にかつて存在した、圧倒的な天才センターが率いたアイドルグループの実話。元々全然知らなかったけど、衝撃的。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました
    戻る