お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

行き止まりの世界に生まれて

G
  • 字幕

小さな町で必死にもがく若者3人の12年を描くエモーショナルな傑作ドキュメンタリー!

「全米で最も惨めな町」イリノイ州ロックフォードに暮らすキアー、ザック、ビンの3人は貧しく暴力的な家庭から逃れるようにスケートボードにのめり込んでいた。スケート仲間は彼らにとっての唯一の居場所で、もう一つの家族だった。そんな彼らも大人になるにつれ、さまざまな現実に直面し段々と道を違えていく。カメラは、明るく見える彼らの暗い過去、葛藤を抱える彼らの思わぬ一面を露わにしていく――。

詳細情報

原題
MINDING THE GAP
関連情報
プロデューサー:ゴードン・クイン,スティーヴ・ジェイムス,ベッツィー・ステインバーグ 製作会社:ダイアン・クォン,ビン・リュー 音楽:ネイサン・ハルパーン,クリス・ルッジェー
音声言語
英語
字幕言語
日本語
制作年
2018
制作国
アメリカ
対応端末
公開開始日
2021-02-07 10:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

ドキュメンタリー洋画ランキング

行き止まりの世界に生まれての評価・レビュー

4
観た人
6002
観たい人
28198
  • 2.6

    igooさん2021/11/30 15:50

    『行き止まりの世界に生まれて』('18米)観た。父親が息子を殴るという家庭環境から逃れるようにスケートボードパークに集う若者3人を追ったドキュメンタリー。その中の1人のアジア人の若者が撮っている。それぞれの家庭や悩み仕事そしてその後を撮ってる。

  • 2.7

    yoshisさん2021/11/30 11:56

    途中で何度も寝てしまい、3日間掛けて鑑賞。高評価されているみたいだけど、自分にはさほど響かなかった。

  • 3.4

    Natsuhoさん2021/11/29 22:27

    「ずっと誰かの何かだった」

    アメリカ若者のスケボーってなんか良いんだよね。。。
    ミッドナインティーンズに似てる雰囲気。
    カメラワークと空気感が伝わってくる感じが好き。

    こんなにドキュメンタリーだったなんて知らなかった。
    今のアメリカのDV問題がしっかり描かれてて、心の痛みが伝わってくる出演者の表情に引き込まれて、あっという間に終わってしまった。

  • 3.8

    こやちさん2021/11/29 20:10

    貧困や家庭内暴力から逃れ、スケートボード仲間に居場所を見つけた少年たちの成長のドキュメンタリー。その仲間の映像を撮り続けた1人がビン・リュー監督。子供の頃からの映像が有るのが凄い。強がったり喚いたり。

    北米五大湖周辺のラストベルトーイリノイ州ロックフォード。衰退していく街に将来の展望も見えず閉塞感を持ちつつ生きていく。大人になるにつれ自分を取り巻く環境に直面し自分の生きる道を探していく。

    スケボーってぶっ飛んで転んだらめっちゃ痛そうできっと怪我したり骨折したりもあるんだろうなぁ。それでもスケボーやり続ける。詰んだ〜もうダメじゃんまで行きそうでそれでも踏ん張って生きていって欲しいよ。

  • 3.5

    ジョーさん2021/11/29 19:37

     ネットによると、本作の舞台であるイリノイ州ロックフォードは、アメリカで最も危険な10都市の第6位にランクインしている。貧困率が25%、失業率も8%と高い。
     本作では、そこに住むスケボーが趣味の若者たちを描いている。描かれているのは、貧困、失業、そしてDV。特に親のDVが深刻で、殴るのは当たり前。本作の監督も、継父のDVがきっかけで、このドキュメンタリーを着想したそうだ。
     トランプ元大統領の支持が高かったラストベルト。若者たちは口々に言う。「黒人も差別されているけど、白人も差別されている。親は保守的で暴力的だった」。低所得による貧困、失業、DVの負の連鎖。
    「完璧な親になるには完璧な人でなくてよいのです」
     街道沿いの広告の看板のコピーが切ない。
     この若者たちには、政治がない、トランプもない、あるのは、肉親、家族に対する複雑な感情と、「これ以上落ちたくない」という意地だけ。
     ラストベルトの若者たちの現実が垣間見れる良作。

  • 3.7

    レナさん2021/11/28 18:43

    スケボーを軸としながら、個々の人生を切り取っていく。それぞれに前に進んでいく力が感じられた。
    家庭内暴力をただいけないとするのではなく、それをしっかり見つめる視点が良かった。ザックが特に、「自分が選んだクソみたいな人生」という言葉の後抜け出せたことを祈る。

  • 3.9

    mmさん2021/11/28 18:12

    キアーの楽しそうに笑う顔がとても良かった。見ていて笑顔になる。

    「精神的にギリギリまで追い詰められてもスケボーさえできればそれでいい」ってセリフがよかった。

    あと、スケボーの裏に“心の痛みを癒してくれる道具”って書いてあったのもいいね。

    スケボーで街中を走ってるところは、よくあんな事出来るなーって思うけど見ててかっこいいね!怖いけど!

  • 3.9

    nobu0326Jさん2021/11/27 20:15

    イリノイ州ロックフォード、暴力と貧困とバラバラの街に住む三人のスケボー大好き男子のお話。
    屋根職人のザック、子供の頃は父親によく殴られていた、妻はニーナと赤ん坊のエリオット。
    父さんに殴られ大嫌いだと叫んで家を飛び出したキアー。
    継父に殴られていた本作の監督でありカメラマンのビン。
    境遇が何気に似ている三人の絶望に包まれてクソみたいな人生ながらも前に進んで行く姿が12年間に渡り映し出されるドキュメンタリー映画「行き止まりの世界に生まれて」(2018年作)なのでありました。

  • −−

    エオルの子さん2021/11/27 16:08

    途中から、ん?もしかしてドキュメンタリー?てなった。みんな金メダル候補じゃんてくらいスケボーが上手い。強く生きるんだぞ✊

  • 3.4

    おかぶさん2021/11/27 09:55

    mid90sを思い出しながら見た。こういう環境なら教育を受けて学ぶことがうまく生きていく一番の近道だと思うのだけど、こういう環境だからこそそういう方面に目が向かないのかな。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました