お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

メイキング・オブ・モータウン

G
  • 字幕

ビートルズとローリング・ストーンズが憧れた音楽レーベル 創立60周年記念作品 創設者ベリー・ゴーディが初めて語った伝説を作るノウハウ

ビートルズやローリング・ストーンズが憧れ、日本を含む世界の音楽に影響を与え続けているモータウン。愛称はヒッツヴィルUSA。米ミシガン州デトロイトの西グランド通り2648番地にある一軒家を拠点に、若者に向けたポップな音楽を発信し、アメリカン・ドリームを実現させた。創設者はベリー・ゴーディJr.。1959年、家族から借りた800ドルを資金にタムラ・レーベルをスタートさせ、モータウンの歴史は幕を開けた。その黄金期を彩ったのは、ミラクルズ、テンプテーションズ、ダイアナ・ロス&スプリームス、フォー・トップス、スティーヴィー・ワンダー、マーヴィン・ゲイ、ジャクソン5といったスターたち。ダンスやエチケットも含め徹底した管理体制を敷き、全米No.1ヒットを連発していく様は、かつてゴーディが働いていた自動車工場の組み立てラインをヒントにしていた。特にクオリティ・コントロールと呼ばれた品質管理会議は、ソングライターやプロデューサーたちの競争心を煽り、ブランドに磨きをかけていく。

詳細情報

原題
Hitsville: The Making of Motown
関連情報
字幕翻訳:石田泰子 監修:林剛 字幕制作会社:株式会社アウラ
音声言語
英語
字幕言語
日本語
制作年
2019
制作国
アメリカ/イギリス
対応端末
公開開始日
2021-03-18 10:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

ドキュメンタリー洋画ランキング

メイキング・オブ・モータウンの評価・レビュー

4
観た人
2697
観たい人
4883
  • 5.0

    よしきさん2021/12/04 12:34


    音楽ドキュメンタリー作品として今までで一番良かった。


    モータウンレーベルの音楽をもっと聴きたい、知りたいと思ったし、
    いつまでも残る名曲の誕生秘話まで。

    貴重な映画だな〜


    Aint no mountain high enough〜♪

  • 4.2

    shoさん2021/11/28 19:29

    音楽に色はない。感覚や鼓動があるだけ
    あー映画館で観ればよかった。
    でもサマーオブソウル観てから観てよかった。あの当時のブラックミュージックの歴史において、音楽の歴史において圧倒的な存在だったんですね。
    悲しいうわさをどっちが先にレコーディングしたかで賭け始めるスモーキーとゴーディーの関係性が超良い。
    スティーヴィーとマイケルの歌の上手さ、マジで桁外れ。

    2021年 155作目

  • 3.7

    ひな鳥ピヨーさん2021/11/23 05:58

    システムと切磋琢磨でこんなにプロデュースとヒット連発できるものなの!?

    土壌と発掘環境ができてたとしてもこんなに才能が集うなんて奇跡じゃん。
    どこでだって同じ割合でいるわけない

    この時代に人種性別に偏見持たず実力のみを重視するのも革命的な偉業を成し遂げられた理由になっていて尊敬する

  • 4.2

    こばやしさん2021/11/22 23:48

    ロジカルに、ヒストリカルに、そしてエモーショナルにモータウンの音楽をほれてよかった。素晴らしい文化。

  • 4.3

    megumiさん2021/11/19 00:27

    これみるまでモータウンあんまり知らなかったんだけど最初から本当に名曲・ヒット曲ばっかりでモータウンってすげー!で、最後もモータウンってすげえ。で終わった
    最初の10秒が肝心って言ってたけど、本当にイントロで売れた曲もたくさんあったろうなって思った

    あと最後の方の"What's Going On"の音が重なってくところめっちゃかっこいい。この曲の良さ知ったし、ここで歌われてる問題、いまだにあるのまじでWhat's Going Onだよね

  • 4.4

    kmさん2021/11/18 21:19

    終始大好きな音楽が流れててそれだけでも最高、よかった..画面の編集もおしゃれですごい 音楽が溢れかえっていたデトロイトという街にもすごく興味が湧いたし、60年代の北部と南部の違いみたいなのも垣間見た気がした。やっぱり恋はあせらずは最高ー!革新的なのは曲だけじゃなく会社も、人もだったんだね

  • 5.0

    しもふりさん2021/11/15 15:30

    Hitsville:The Making of Motown

    モータウンミュージックを紐解くご機嫌なドキュメンタリー
    語り手の2人、ベリーゴーディーとスモーキーロビンソンが終始仲良しで微笑ましい
    サントラが実質モータウンレコードのベスト盤で超豪華

  • 4.4

    セッセエリボーさん2021/11/11 22:37

    社史がこんなにおもしろい会社ってそんなにないんじゃないか。ちょうど自分の仕事が行き詰まってるのもあって、モータウンにあって自分の会社にないものは何かを色々考えながら見た。とりあえず社歌はあった。
    個人ではなく会社として音楽史の決定的な転換点を刻んでるのもモータウンくらいだろう。分断だらけの世の中に普遍を持ち込むことで革新を成し遂げられた時代が今見ると少しユートピア的に見える。車と同じように生産ラインを組んでヒットを量産できるという発想もすごいが、商材が人間ゆえに商品が成熟したらそれが完全にインディペンデントな活動をし始めるという70年代以降のモータウンについては考えたことなかったので衝撃を受けた。あと品管システムは見習いたい。キング、マンデラ、香港、オバマ…
    画面の端っこで見えるジェマーソンの手元がマジですごすぎるのでそこだけでも見れてよかった。

  • 4.2

    nozzymacacoさん2021/11/01 15:51

    車工場の組み立てラインを模して、楽曲制作の工程に置き換えるという気づき。確かにはじめはそれが功を奏してヒットを放つ。

    一時期は世界一の製造ラインにまでなったモータウンレコード。が、いつしか漂う行き詰まり感…。

    そう、人間は車じゃなかった。同じやり方で製造ラインを流しても、人間は自己を表現するようになるのであった。

    そのシステムの外側に向かって。

    音楽ドキュメンタリーなのに、ガッツリと哲学的物語を感じられた一本。

    やっぱり音楽と社会は密接に繋がっていなくちゃいけないんだな、と思わされた一本。

  • 4.8

    スローモーション男さん2021/10/28 22:17

     素晴らしいドキュメンタリー映画

    ソウルミュージックの歌手たちを次々と有名にしたモータウンレコードの知られざるビジネスの物語。

    モータウンレコードの創設者で元社長のベリーゴーディjrを主軸に有名アーティスト、プロデューサーたちの証言を元に制作された。
    フォードの自動車工場を見習い、新人の発掘、育成、デビューやそれぞれのグループ同士で一位を競い合わせたりとするなかで会社を成長させていったことに感銘を受けました。
    これはレコード会社に関係なくすべてのビジネスで通用するやり方だと思います。

    テンプテーションズ、スプリームズ、マーヴィンゲイ、スティーヴィーワンダー、ジャクソン5などなど。世に有名なミュージシャンたちと切磋琢磨で作り上げたレーベル。

    そして黒人たちによる革命運動が起きるなかでどのように変化していったかが分かります。
    柔軟な考えで、方針を変えていったところにも伝説になったことが分かります。

    音楽に限らず、芸術は商品の要素もあります。なので売れるものを作り上げることも非常に重要です。
    ここまで素晴らしい作品を作り上げたモータウンレコードは世界の音楽界に影響を与え続けているでしょう!

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました