お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ヒロシマへの誓い- サーロー節子と共に -

G
  • 字幕

13歳の時、広島で被爆し、一命をとりとめたサーロー・節子は命をなくした級友達と家族に誓った。彼女たちの死を絶対に無駄にしないと。世界中の人々に核兵器が人類と共存できないことを語り伝える平和活動家のサーロー節子の生涯を追う必見の感動作。

13才の時に広島にて被爆し、300数名もの学友を瞬時に亡くしたサーロー節子。カナダ人と結婚して、トロントに在住する平和活動家であるサーロー節子を4年間密着取材して製作したドキュメンタリー。本ドキュメンタリーは、ニューヨーク国連本部で5年ごとに開催されるNPT(核不拡散条約)会議が開催された2015年に撮影開始された。被爆70周年にあたり、またサーロー節子が個人としてノーベル平和賞にノミネートされた年でもあった。ニューヨークに40年在住する竹内道は、被爆体験を証言するためにニューヨーク市内の高校を訪問していたサーロー節子に偶然出会う。広島女学院高校の先輩、後輩であることがわかり、二人の間には、長年海外に在住する日本人同士としての親しみが生まれてる。節子に励まされて道は自分の家族の被爆の歴史に目を向け始め、祖父や母の語らなかった体験を少しずつ発見していく。2017年の12月、ICAN(核兵器廃絶国際キャンペーン)はノーベル平和賞を受賞した。凍るように寒いオスロでの授賞式には、ICANの一人として、そして何十万の被爆者の声を代表して受賞スピーチを一語一語力強く訴えかける節子の姿があった。説得力のある節子の選ぶ一つ一つの言葉の背後には、命を失った最愛の家族や級友達への誓いがあるのだった。

詳細情報

原題
The VOW from Hiroshima
関連情報
プロデューサー:スーザン・ストリックラー,竹内道 製作会社:Not Just a Survivor Film,LLC 音楽:ダラス・クレーン
音声言語
英語
字幕言語
日本語
制作年
2019
制作国
アメリカ
対応端末
公開開始日
2021-02-17 10:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

キャンセル

ドキュメンタリー洋画ランキング

ヒロシマへの誓い- サーロー節子と共に -の評価・レビュー

4.2
観た人
23
観たい人
29
  • 4.0

    かめこさん2021/02/23 17:16

    被爆体験を語る活動家のサーロー節子さんを中心にしたドキュメンタリー。映画を観る前では薄っぺらく聞こえた「今この瞬間も危険に晒されている」という言葉が腑に落ちた。核兵器禁止条約が国連総会で採択、今年発効、の意味もこの映画を観て理解できた。保有国が参加していなくても、一歩進めることが大事。

  • 3.4

    cindyさん2021/02/21 15:50

    強い女性。草の根。小さな積み重ねで世界は変わるんだなー。
    どんな経緯でサーローさんになったのか気になってたけど、大学に上がるころのあの時代にグローバルでいるって、すごい好奇心と行動力の持ち主

  • 4.5

    むぅさん2021/02/20 16:49

    観れる環境に無かった。

    フォロワーさんのレビューを拝見して、何とかして観たいなと思っていた。4月に上映されることを知り、それまでに自分なりに勉強しておこうと思っていたら、U-NEXTで観れるようになっていた。

    13歳の頃に被爆した経験を持つ女性のドキュメンタリー。
    サーロー節子さん。
    強さと明るさと優しさと、とにかくたくさんの魅力が溢れ出る方だった。

    一緒にお仕事をしていた事のあるとても尊敬している子が8月9日生まれだ。お互いの誕生日の話をした時に「長崎の日だね」「そうなんですよね」という会話をしてから、なんだかずっと心に残っている。もう一緒に働いていないけど、元気かなと思い出した。

    当たり前のことだけれど、戦争を経験した方がいる。私の中では教科書の中のことだったり、映画の中のことになってしまっている。
    こうやって、ご自身の経験から声を上げ続けている方の言葉を聞ける環境があるのに、受け取るのが遅くなってしまったなぁと思いながら観た。

    私は“言葉”が好きだ。
    大切に使いたいと思う。
    そんな中で「誓い」という言葉を自分の中で噛み砕いたことが無かったなと思った。最近、というか今まで、何かを誓ったり、何かに誓ったりしたことがあっただろうか。と考えた時に思い当たることが無いような気がした。
    彼女の真っ直ぐで強い「誓い」がとても心に響いた。

    誰かの「誓い」を目にすると言えば、私は結婚式が思い浮かぶ。
    1年前に呼んでもらった8月9日生まれの彼の結婚式。
    あんなにニヤニヤしながらバージンロードを歩いた新郎を見た事がなかった。いや、ごめん、嬉しいのも緊張してるのもちゃんと分かってるんだけど、だからこそニヤニヤに見えてしまう彼の表情がとても可愛らしかった。

    そんな事も思い出しながら、観た「誓い」。色々な映画と出会う中で、自分の中に湧き上がる感情や、そこから思い出される記憶や経験を改めて心にしっかり刻んでいこうと誓ってみようかな。

  • 4.3

    Moonaさん2021/02/17 22:50

    大先輩であることと、インスタとTwitterを担当してる分の想い入れもあって、人生に影響を与えてもらった作品。すてきな女性になりたい。

  • 3.5

    ラチェットスタンクさん2021/02/14 16:14

    広島県民として毎年、第二次世界大戦、原爆の話題に触れてきた身としては教材としては良いって言うのがどうしても大体の感想になっちゃう。

  • 3.8

    inukoさん2021/02/13 00:10

    海外にいる人の方が、日本の歴史や失敗を冷静に分析し、受け止め、世界に明確に発信できている気がする。
    日本の中でこの熱量で発信しても、メディアが扱わなかったり、同調圧力に潰されてしまうのではないだろか。

  • 4.3

    シネマさん2021/02/12 09:53

    日本では原爆の事を身内に被爆者がいなくても、学んだりして知っているが、世界中では知られていなかったということを改めて知る。明確な主張と戦略が必要という事を痛感させられるドキュメンタリーだった。

  • 4.5

    tomomoさん2021/01/04 10:00

    13歳のとき、広島で被爆した自らの実体験を世界中の多くの人々に語り伝える反核平和運動に長年従事してきた日本生まれの女性、サーロ節子の生涯を追う必見の感動作。

    映画を観るまで、サーロ節子さんのことを存じ上げませんでした。
    核兵器廃絶キャンペーン『I CAN』が2017年のノーベル平和賞受賞のときに少しだけお名前を聞いた気がしますが、日本では、ほとんどニュースにもならなかったような覚えがあります。
    素晴らしい受賞スピーチもされたのに…残念でなりません。
    「ただ前に進み続ける、光のさす方へ」
    「あきらめるな 動け 前に進み続けろ 光が見えるだろう そこまで這っていけ」

    1945年夏、節子が13歳だった時、広島に原爆が投下され、自らは九死に一生を得る。一方、多くの同級生たちが悲惨な状況の中で命を落とすことに。後年、カナダ人と結婚して海外に移り住んだ彼女は、自らの被爆体験を世界中の人々に語り伝える平和活動に従事。
    一方、自らも同じ広島女学院出身で海外に移住し、やがて節子と知己を得た被爆2世の武内道は、自分の家族が原爆について長年口をつぐんでいたことを奇妙に感じていた…。

  • −−

    Makiさん2020/12/26 22:30

    原題:The Vow from Hiroshima
    公開:2020年
    監督:スーザン・ストリックラー
    鑑賞:WOWOWメンバーズオンデマンド




    ▼ ▼ ▼ ネタバレあり ▼ ▼ ▼




    ●はじめに
    もし興味があっても原爆ドキュメンタリーはグロいとか怖くて苦手とかで迷う方がいたらご参考までに。映画の大半は戦後の活動や半生を描く。被爆の惨劇や症状の写真や映像はほとんど出ない。数枚の絵といくらかの口述に限られる。大丈夫、安心して、でもできるかぎり集中できる状態でご覧ください。



    いつも素敵な言葉をくださるSTARLETさんのレビューでこの映画の存在を知った。感謝申し上げます。ただ安易な気持ちで「ながら観」もできないため、時間をみつけ踏ん切りつけるまで時間がかかった。

    2017年。ICAN(核兵器廃絶国際キャンペーン)のノーベル平和賞授賞は話題になり、私も「喜ばしいことだ」と想った。しかし「喜ばしいことの一つ」程度にしか捉えておらず、その経緯や歴史や活動に尽力された無数の方々のことまで想い巡らせるに至らなかった。ICANの象徴として授賞の挨拶をされたサーロー節子さんも、寄り添っている竹内道さんも、ベアトリス・フィン事務局長も、この映画で初めて知った。つまりその程度の反核意識・反核知識だ。

    サーロー節子さんは1932年生まれ。13歳で被爆。奇跡的に大きな負傷や症状もなく生き延びた。そして2020年時点、88歳まで活動を続けていらっしゃる。ご実家が裕福で先進的な家風(兄姉は戦前、米国留学されている)だからか、外国文化・社会との交流に躊躇がないのがよかったのかもしれない。

    とはいえとはいえ70年以上。賛同者や協力者や家族知人の助力に恵まれたとしても、70年以上という驚異。それが何度も何度も「始まったばかり」と繰り返すのだ。想像できないほどの苦渋や諦念を乗り越えてきたはずなのに、まだ「始まったばかり」とはどういうこと。そう口にせざるを得ない、己を鼓舞し続けなければならない、このもどかしく愚かしく融通の利かない世界に放心してしまう。でも私は一鑑賞者だから放心していられる。彼女たち(ICANや、一緒に活動、支援されているすべての方々)は放心する暇もない。ひたすら「光に向かって」歩みを止めない。機械でも化学反応でも脊髄反射でもない。人間の意思がその歩みを止めないのだ。

    ●ノーベル平和賞授賞:サーロー節子さん演説全文
    http://www.hiroshimapeacemedia.jp/?p=79180

    映画でも流れた一部を抜粋。

    【私は13歳の時、くすぶるがれきの中に閉じ込められても、頑張り続けました。光に向かって進み続けました。そして生き残りました。いま私たちにとって核禁止条約が光です。この会場にいる皆さんに、世界中で聞いている皆さんに、広島の倒壊した建物の中で耳にした呼び掛けの言葉を繰り返します。
    「諦めるな。頑張れ。光が見えるか。
     それに向かってはっていくんだ」】




    この演説にかぎらず節子さんは小難しい言葉・用語を避けて、多くのひとが聴きとりやすく平たくわかりやすい言葉で語る。ともすれば在りがちな常套句にも聞こえる。しかし彼女の積み重ねてきた信念がその発言や表情、所作にとてつもなく重厚な説得力と絶大な拡散力を与える。

    ノーベル平和賞は目的でもゴールでもなく活動の付加価値でしかない。それでもこうして経緯や歴史を知ってはじめて大きな意味をもつのがわかる。無知は罪か?無知は恥か?それよりもなによりも、この世界で少しでも長く平穏無事に過ごしたければ、愛したり親しい近しいひとの命をながらえさせたければ、数時間でも新しいことを考える余裕があれば、まずは知ること、知ろうとすることから。
    この映画に強く教わった。


    ●個人的余談1
    子供のころ住処転転としたなか、2つの原発は身近な存在だった。うち1つは部屋の窓から見える「麓」で暮らした。のちに緊急停止した。もう1つは2011年に大事故を起こし世界にその名が広まった。

    ●個人的余談2
    映画と並べるには矮小すぎるが。

    広島平和記念公園(原爆ドーム、広島平和記念資料館)は、修学旅行で訪問した。一つ一つ何を受け止めたかは書き尽くせないが、私に残っている一番の記憶は「恥ずかしさ」だ。

    クラス全員で被爆体験講話を聴いていると、クズなイキガリ男子が、語り手の方に「どうでもええわ!原爆最高!被爆者は早く死ね!」などと罵声を発した。もともと「彼」が無軌道でクズなのはみんなわかっていたけど、まさかこの場でも晒すとは想いもよらなかった。わめき続ける「彼」に私を含め男女何人か詰め寄ろうとしたら、さきに引率教師が羽交い絞めにして会場から連れ出した。騒然となって泣きだす子もいた。再開した語りには申し訳ないけれど集中できなかった。
    説教されて男子グループ見学に合流した「彼」は慰霊碑にペットボトルを投げつけ、立入禁止区域に敷き詰められた小石を蹴り散らかすなど暴れたらしい。女子は別行動だったので直接観なかったがその場にいたら掴みかかったかもしれない。施設の方は「残念ながらたまにあることです」とおっしゃったそうだ。情けない。

    当時の私も優等生とはいえなかったけれど、それでも「命の尊厳」「ひとの誠意」を愚弄することはなかった。修学旅行のあとも「彼」から何度か話しかけられたがその怒りが止まず関りを避けた。社会に出てもあのままだろうか。誰かと交わり、ある日どこかで猛省する機会を得られただろうか。映画や番組や漫画や書籍で広島平和記念公園に触れるたび「彼」を想い出して、無性に「恥ずかしさ」を感じてしまう。

  • 4.5

    STARLETさん2020/12/08 15:42

    フォロワーの「あかつか」さん、そして「Kazu」さんのレビューと、そのコメント欄に、現状、私の書きたいことは記載されております。


    追記(2020/12/27)
    Makiさんのレビューとコメントに記載されている2つのリンク先の情報
    〇「(ノーベル平和賞受賞時の)サーロー節子さん演説全文」
    〇「サーロー節子さんと同年代の女性のブログ」
    は、とても価値のある情報となっておりますので、おすすめさせてただきます。


    追記(2021/1/22)
    2021年1月21日、朝日新聞DIGITALより抜粋

    核兵器禁止条約の前文

     本条約の締約国は、国連憲章の目的と原則の実現に貢献することを決意する。

     核兵器の使用によって引き起こされる壊滅的な人道上の結末を深く懸念し、そのような兵器全廃の重大な必要性を認識し、全廃こそがいかなる状況においても核兵器が二度と使われないことを保証する唯一の方法である。

     偶発や誤算あるいは意図に基づく核兵器の爆発を含め、核兵器が存在し続けることで生じる危険性に留意する。これらの危険性は全人類の安全保障に関わり、全ての国が核兵器の使用防止に向けた責任を共有していることを強調する。

     核兵器の壊滅的な結果には十分に対処できない上、国境を越え、人類の生存や環境、社会経済の開発、地球規模の経済、食糧安全保障および現在と将来世代の健康に重大な影響を及ぼし、ならびに電離放射線が母体や少女に与える不均衡な影響を認識する。

     核軍縮が倫理的責務であり、核兵器なき世界の実現と維持が緊急を要し、これが国家および集団的な安全保障の利益にかなう最高次元での地球規模の公共の利益であることを認識する。

     核兵器の使用による犠牲者(ヒバクシャ)ならびに核兵器の実験によって影響を受けた人々に引き起こされた受け入れがたい苦痛と被害に留意する。

     核兵器に関わる活動が先住民族に与えた大きな影響を認識する。

     全ての国は国際人道法や国際人権法を含め、適用される国際法を常に順守する必要性があることを再確認する。

     国際人道法の原則や規則を基礎とする。とりわけ武力紛争の当事者が戦時において取り得る方法や手段を選ぶ権利は無制限ではないという原則、区別の規則、無差別攻撃の禁止、均衡の規則、攻撃の予防措置、過度な負傷や不要な苦痛を引き起こす兵器使用の禁止、自然保護の規則。

     いかなる核兵器の使用も武力紛争に適用される国際法の規則、とりわけ人道法の原則と規則に反していることを考慮する。

     いかなる核兵器の使用も人道の原則や公共の良心に反することを再確認する。

     各国は国連憲章に基づき、国際関係においていかなる国の領土保全や政治的独立、あるいはその他の国連の目的にそぐわない形での武力による威嚇や使用を抑制しなければならないことや、国際平和と安全の確立と維持は世界の人的、経済的資源を極力軍備に回さないことで促進されることを想起する。

     1946年1月24日に採択された国連総会の最初の決議ならびに核兵器の廃絶を求めるその後の決議を想起する。

     核軍縮の遅い歩みに加え、軍事や安全保障上の概念や教義、政策における核兵器への継続的依存、ならびに核兵器の生産や維持、近代化の計画に対する経済的、人的資源の浪費を懸念する。

     法的拘束力のある核兵器の禁止は、不可逆的、かつ検証可能で透明性のある核兵器の廃棄を含め、核兵器なき世界の実現と維持に向けて重要な貢献となることを認識し、その実現に向けて行動することを決意する。

     厳密かつ効果的な国際管理の下、総合的かつ完全な軍縮に向けた効果的な進展の実現を視野に行動することを決意する。

     厳密かつ効果的な国際管理の下での核軍縮のための交渉を誠実に行い、完結させる義務があることを再確認する。

     核軍縮と不拡散体制の礎石である核不拡散条約(NPT)の完全かつ効果的な履行は国際平和と安全を促進する上で極めて重要な役割を果たすことを再確認する。

     核軍縮と不拡散体制の核心的要素として、包括的核実験禁止条約(CTBT)とその検証体制が極めて重要であることを再確認する。

     国際的に認知されている非核兵器地帯は関係諸国間の自由な取り決めを基に創設され、地球規模および地域の平和と安全を促進し、核不拡散体制を強化し、核軍縮の目標実現に向けて貢献していることを再確認する。

     本条約のいかなる規定も、無差別に平和目的での原子力の研究と生産、利用を進められるという締約国の奪い得ない権利に影響を及ぼすと解釈されてはならないことを強調する。

     女性と男性双方の平等かつ完全で効果的な参加は、持続可能な平和と安全の促進と達成に不可欠の要素であり、核軍縮における女性の効果的な参加を支持し強化することを約束する。

     あらゆる側面における平和と軍縮教育、ならびに現代および将来世代における核兵器の危険性と結果についての意識を高める重要性を認識し、本条約の原則と規範の普及に向けて取り組むことを約束する。

     核兵器廃絶への呼び掛けでも明らかなように、人道の原則の推進における公共の良心の役割を強調し、国連や国際赤十字・赤新月運動、その他の国際・地域の機構、非政府組織、宗教指導者、議員、学界ならびにヒバクシャによる目標達成への努力を認識して、次の通り協定した。(田井中雅人訳)


    追記(2021/02/20)
    スーザン・サザード著、宇治川 康江 (翻訳)。書籍『ナガサキ』。
    映画と合わせておすすめです。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す