お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

パヴァロッティ 太陽のテノール

G
  • 字幕

<神の声>を持つイタリアの国宝、ルチアーノ・パヴァロッティ あなたがはじめて出会う<人生を愛する天才>至福のドキュメンタリー!

聞けば誰もが虜になる歌声を持つルチアーノ・パヴァロッティの初ドキュメンタリー映画が完成した。『ラ・ボエーム』『トスカ』などの絶頂期のパフォーマンスや、『トゥーランドット』の「誰も寝てはならぬ」をはじめとする名曲を3大テノールで競演した伝説のステージ、故ダイアナ妃との交流やボランティアなどの幅広い活動、家族とのプライベートライフなど貴重な映像から伝わるのは、歌唱力より高い人間力。さらに、新たに撮られた23人のインタビュー映像では、U2のボノがパヴァロッティのアーティストとしての信念を証言し、マネージャーやエージェントがショービジネスの裏側を明かし、前妻、最後の妻、3人の娘たち、そして愛人は欠点が同時に魅力だった素顔を告白、生きることのすべてを全力で愛した男の輝かしい日々が浮き彫りにされる。

詳細情報

原題
Pavarotti
関連情報
録音:クリストファー・ジェンキンズ 編集:ポール・クラウダー ACE
音声言語
英語
字幕言語
日本語
制作年
2019
制作国
イギリス/アメリカ
対応端末
公開開始日
2021-03-03 10:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

ドキュメンタリー洋画ランキング

パヴァロッティ 太陽のテノールの評価・レビュー

3.9
観た人
746
観たい人
1585
  • 3.9

    しろくろテレビさん2021/06/19 14:57

    三大テノール!
    オペラ歌手のコンサート、ロックとオペラの融合、考えた人もすごいけど、それを受け入れたパヴァロッティもすごい。
    彼の才能、人柄はもちろん、新しいことへの寛容さ、多様性の重要さを、さらっと描いてしまう(ようにみせる)ロンハワード監督。さすがです!

    千の風になって、もパヴァロッティの影響があるのかも。

  • 4.5

    comecoさん2021/05/15 05:07

    素晴らしい!!
    ラストの「誰も寝てはならぬ」はもう息が止まるくらい感動。涙が出ました。

    歌声で誰かを感動させられることだけでもすごいことなのに、その歌声でたくさんの人達を支え、救っていたのだなぁ。

    U2のボノもかっこよかったなぁ。
    言うことが違うぜ。

    パヴァロッティは歌声だけでなく、人としてもこんなに魅力的で素晴らしい人だったんだなぁ。観てよかった。

  • 4.8

    kaichiさん2021/05/12 21:49

    bravo‼︎ bravo‼︎
    「誰も寝てはならぬ」のラスト。

    パヴァロッティさんのあの笑顔は、
    歌声は、世界を魅了する。

    U2のボノさんと、そんな深い関係にあったなんて、知らなかった。

    音楽のジャンルに囚われず、ロックやポップのミュージシャンとも共演し、
    その事をどんなに非難されても、成し遂げる素晴らしさ。

    素晴らしい歌声が沢山聴けて、
    歌声に感動して涙が流れた。

    観て良かったーーーー😭

  • 3.8

    ヘンダーソンさん2021/05/02 00:05

    パバロッティの名前はもちろん知っていたけど、有名なオペラ歌手の中の一人というくらいしか知識はなかった。特にポップス分野とのコラボレーションが多かったことで、名前を見ることが多かったのだろう。

    そんな知識だからオペラ歌手の技術的な部分や、他の歌手と比べてどうか、はわからない。ただこの人は魅力的なキャラクターや売り込み方を追い風にしたことは間違いない。ドキュメンタリーの中でも言及されていたが、ロックスターになることを選んだのだろう。
    その上で、この人の生き方は理解しやすい。シンプルに人生を楽しもうとしたのだろう。

  • −−

    motchaさん2021/04/22 18:11

    音楽家の伝記映画の良しあしを決めるのはひたすら音楽の量だと思う。
    どれだけたっぷり音楽を聴かせてくれるか。
    この映画はまあまあ。

    だけど、重心が軽クラシックに傾いていてそれがちょっと物足りない。
    三人で歌うオ・ソレ・ミオなんて聴きたくないよね。

    いや、でもつまらないインタビューだらけの伝記映画の数々に比べればずいぶんましな部類です。
    ちょっと物足りないけど……(まだ言うか)。

    (210309レンタルDVD)

  • 3.5

    空飛ぶ海豚さん2021/04/19 00:33

    ギフトをもらった人間の使命を完璧に謳歌した。
    気前が良く周りを巻き込んで笑顔を振りまき声を振りまき人生を謳歌した。

    表現は、その人の人生が出るというボノの言葉は重い。

    妻がフィレンチェの副市長と知って納得した。

    広く浅くが信条だが、少し丁寧に生きようかなーと最近思う。

  • 4.2

    hiroponさん2021/04/03 10:51


    「バックドラフト」「ビューティフル・マイ
    ンド」の ロン・ハワード監督による …
    ドキュメンタリー作品 ✨✨✨✨✨✨

    世界中で最も愛され続けている オペラ歌手 『ルチアーノ・パヴァロッティ』の 壮大な
    ヒューマンヒストリー … 🎼✨✨✨✨

    何故この作品を作らなければ ならなかったのか? 🤷🏽
    申し訳ないが 観なければ 伝わらない 🙇🏼 😌
    観て感じて欲しい 本当に素晴らしい 作品であった … ✨
    誰かが 後世に映像として残さなければならない …
    いや 伝えなければならないと感じさせられる 作品で あった … 🤷🏽 ✨
    ロン・ハワード監督は それに見事に応えた 傑作であると思う … 私感 🤷🏽
    オペラについて 全くの素人であった 私でさえ … 世界中の人々が愛し続けるオペラについて少し理解出来て 凄く嬉しく感じた … ✨✨✨
    ドキュメンタリーであるが故 … よりリアルで見事な 映画として作品になっていたと 思う … 💆🏼 ✨✨✨



    (以下引用)
    『 ルチアーノ・パヴァロッティ 』
    「世界三大テノール」として名をはせ “ 神に祝福された声 ” “ キング・オブ・ハイC(三点ハの王者)” “ イタリアの国宝 ”と評された 20世紀後半を代表する 三大テノール オペラ歌手の 1人である … 💁🏼
     
    ✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨


  • 3.6

    銀四郎さん2021/04/02 20:55

    正直、彼のことを全く知らなかった。
    この映画をみて、彼の偉大さを認識。

    神に与えられた声を世界中に届けなければならないという責任感とプレッシャーの中、その声だけでなく、誰にでも好かれる人柄で人々を魅了する姿は素晴らしい。

  • 4.0

    sunchanさん2021/04/01 22:01

    パヴァロッティさんって、ごうかいな笑顔がさいこうなんですね。

    女の人がすきすぎるのも、芸のうち、というか。

    ロマンティックな人なんだろうな。

    人一倍やさしいところがすてき!

    人生の中で迷ったり、苦しいときもあれば、はっきりとやることを決めてキラキラしているときも、いろんなシーンがドキュンメンタリーになってて、良かった。

  • 4.1

    けんさんさん2021/03/30 23:47

    「イタリアの国宝」

    そう称された偉大な方であるにも関わらず、大変お恥ずかしながら、お名前とオペラ歌手と言う程度の知識しか持ち得ない私のような人間が、この作品のレビューを書くのはあまりにも失礼。

    ただ、この方の「神に祝福された声」だけではなく、愛に満ち溢れた豊かな表情と圧倒的な存在感に心を動かされたことは、しっかりと書き留めておきたい。

    この作品のサブタイトルは「太陽のテノール」となっているが、まさに「太陽」と言う言葉を使うに相応しい方だ。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す