お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

AWAKE

G

それは、どん底から目覚めた僕が見つけた、最高の悦び

大学生の英一は、かつて奨励会(日本将棋連盟の棋士養成機関)で棋士を目指していた。同世代で圧倒的な強さと才能を誇る陸に敗れた英一は、プロの道を諦め、普通の学生に戻るべく大学に入学したのだった。幼少時から将棋以外何もしてこなかった英一は、急に社交的になれるはずもなくぎこちない学生生活を始めるものの、なかなか友人もできない。そんなある日、ふとしたことでコンピュータ将棋に出会う。独創的かつ強い。まさに彼が理想とする将棋を繰り出す元となるプログラミングに心を奪われた英一は、早速人工知能研究会の扉をたたき、変わり者の先輩・磯野の手ほどきを受けることになる。自分の手で生んだソフトを強くしたい―。将棋以外の新たな目標を初めて見つけ、プログラム開発にのめり込む英一。数年後、自ら生み出したプログラムを<AWAKE>と名付け、コンピュータ将棋の大会で優勝した英一は、棋士との対局である電王戦の出場を依頼される。返答に躊躇する英一だったが、相手がかつてのライバル、若手棋士として活躍する陸と知り―。

詳細情報

関連情報
監督・脚本:山田篤宏 将棋協力:日本将棋連盟 将棋電王戦協力:dwango,DENSO,DENSO WAVE プログラミング協力:コンピュータ将棋協会(CSA) 製作:木下グループ
音声言語
日本語
制作年
2019
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2021-03-24 10:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

青春・学園邦画ランキング

AWAKEの評価・レビュー

3.6
観た人
3673
観たい人
4992
  • 3.8

    千恵さん2021/12/01 14:35

    コロナ禍での公開で埋もれてしまったであろう映画

    数年前に将棋にハマってすこーしだけやってたけど
    もう今は全く駒の動かし方も忘れてしまった
    そんなレベルだけど
    主人公の悔しさ、絶望、希望、そして悔しさが伝わってきて
    結構落ち込んだ笑
    ラストに救われたが

    最近の邦画にありがちな
    変に女性と絡ませたりするのもかなり少なく
    無駄なシーンが無いのもいい

    映画を観た後、実際のAWAKE戦の動画を見たけど
    もっと嘲笑されてる感じで(コメントのせいでそう感じたのかも)
    余計辛くなったわ…笑

  • 3.6

    Ponさん2021/11/30 01:31

    将棋の知識ゼロ。工学部学生の視点で観ました。

    これからはAI(人工知能、深層学習)の需要が増えてくると言われている今の時代に、人間とAIの共存を知ってもらうきっかけになる作品の一つだと思う。

    人間と対戦できるまでに学習させた将棋ロボットの知能の高さは、まだまだかもしれない。結末に関しては、「まぁそうだよね....」と思ったが、
    じゃあ、AIはどうして必要なのか、AIが使用される目的を鑑賞後に改めて考えさせられた。
    AIと人間の共存がどうなっていくのか考えるだけでワクワクする。
    少しでもプログラミングや情報処理に興味を持ってくれる子たちが増えると嬉しいな^^

    血眼になるほど物事に熱中するお亮の演技には、改めて感心した。
    あと、偶然なのか分からないけど、お亮と子役の子の歩き方が全く同じでクスッと笑っちゃった(笑)

  • 5.0

    okさん2021/11/29 14:58

    やっぱり人が一生懸命な姿ってどう考えても面白いんだよな。青春だ。すごく良かったー!
    相手を尊重すること、何かをこちらから渡す時のタイミングについて最近思うところがあったので、個人的には答え合わせ的な描写があり嬉しかった。

  • 3.5

    kiuさん2021/11/27 12:45

    将棋モノにハズレなしの映画

    文字通り“人生を賭ける”ヒリつく奨励会が出るだけでご飯何杯もいけるわ。

    奨励会を退会した後に、将棋プログラム「AWAEK」を開発して、プロ棋士と対局した巨瀬さんをモチーフにしたストーリー。フィクション多めで脚色しているので、逆にそれが熱い展開を生んで好印象。

    ラストは初手68玉で震える展開来るーっと思いきや、事実に基づいた展開だったのは好みが分かれるところかも。

    「相手のミスじゃなく自分の力で勝ちなさい」のフリはなんだったん?っと捉える人もいれば、「あなたはまだプロではない」をフリとして、この対局はプロとして挑む以上、勝負に徹したと捉える人もいるかなぁ。

    テンプレなコンピューターヲタク像とか、神経質なプロ棋士像とか、ベタな演出ばかりだったんで、勝つにせよ負けるにせよ、ラストもベタに終わらせても良かった様な。。。優しい棋士の言葉や、ほっこりシーンで一応フォローはしてるけどね。まぁ好みの問題、なかなか楽しめた作品でした。



    あとは処理スピードさえクリアすれば、(理論上は、、、)不老不死で容姿端麗で頭脳明晰で一騎当千で全知全能で焼肉定食な、人を超えたナニカを造る事が可能なところまで来てるみたいだし、そろそろ人類は神様から2度目のバベルくらいそうやなぁ(笑)

  • 3.2

    青と黒さん2021/11/26 23:57

    昨今の将棋映画に比べるとちょっと工夫が足りない気がする。この映画を見る人の中で将棋に詳しい人はきっと一握りでほとんどの人は将棋の解説を聞いてもわからないと思う。素人にも伝わるような描写が少ない気がした。ただAIと対戦する棋士ではなくその棋士を諦めて将棋AI開発をする方を主人公にしたのは面白いと思う。ただ最後まで盛り上がりに欠けるような。そもそも将棋は動きもなく地味だけれど電王戦などはもっと盛り上がる描き方が出来なかったかなぁ。
    役者はいい感じだったけれどその中でも初対面の時の落合モトキはかなり良かった。

  • 3.7

    ひな鳥ピヨーさん2021/11/25 22:50

    投了は相手を尊重することだって言ったじゃん。
    これは投了で相手の狡さと勝つことは綺麗事じゃないってプロ意識を認識させたってこと?

    強くなるには弱さを認めなきゃいけないってことなんだろうけど、踏み台にしかなれなかった人もジャンプして羽ばたいていった戦友の礎になれたことを誇りに思おう?

    それで成長できたし今は幸せだからいい思い出だ。切磋琢磨は美しい?

  • 3.9

    annaさん2021/11/23 22:49

    青春で熱くて好きな話だった〜〜落合モトキ良いな〜〜
    余談だけど、吉沢亮、ここでも「えいいち」やってたのね。

  • 4.2

    プレミアムネムネムさん2021/11/22 05:59

    WOWOWで視聴。
    これは面白い!!!将棋×AI!
    人工知能研究会にたどり着くところからワクワクとまらない!
    久しぶりに将棋がやりたくなってアプリをインストールしちゃった🤣🤣

    将棋を覚えてから実家離れるまでの十数年、家族で遊ぶゲームとしてトランプと同じくらいずっと楽しんでいたから
    将棋は楽しむもの!!というセリフにすごく大きく頷いた!
    最後の終わり方も爽やかでよい!✨

    奨励会についてはヒカルの碁で得た知識しかないけど😂「奨励会から去る」「プロ目指すのをやめるということ」という苦悩が最初の40分にしっかり描かれておりそこもよかった。


    最後解説の吐いたセリフが解説としてではなく映画の為の演出って感じで少し嫌だったけど、、それ以外は楽しめた〜🎶😁

  • 2.2

    とうがらしさん2021/11/22 00:21

    ライバルに負けで挫折した青年が、最強のAI将棋ソフトを開発して、ライバルと対局する話。

    〇〇歩、〇〇歩って言われても、専門用語で会話されてもさ…
    将棋やプログラミングを知らない人にも、見える形で分かるような、面白い描写がなかった。

    目覚まし時計で目覚める
    内気な主人公に積極的に近づくヒロイン
    ほんと、必ずある、青春映画のテンプレ。

    空港のラストシーンはGood。

  • 4.0

    Sunaさん2021/11/21 22:56

    将棋はよく分からないし、電王戦はテレビのニュースで何度か見たことがあるぐらいの知識しかなかったが、映画のストーリーはよくある天才VS天才の内容で分かりやすかった。役者さんがとても良かった。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました
    戻る