お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ロックンロール・ストリップ

G

「踊れない芸人」後藤淳平が魅せる、笑劇のパフォーマンス?

売れない劇団の座長・木村勇太(後藤淳平)の夢は、映画監督になること。しかしその実態は、観客がまばらな劇場で演劇を続けたあげく、劇団員たちに愛想をつかされ解散。長年付き合っている恋人・栗山千春(徳永えり)との結婚に踏み切ることもできず、人気ロックバンド「マチルダ」でボーカルをつとめている妹の木村朋美(三戸なつめ)とは大違いで、散々な日々を過ごしていた。経営している大阪のバーの常連にも「夢は諦めるのが早いほうがいい」と言われる始末。ある夜の閉店間際、勇太はバーにやってきた謎の美女・冬音(智順)から、赤星(ぎい子)、ビーバー藤森(坂口涼太郎)、火野(町田悠宇)と共に旗揚げした劇団「チームKGB」にストリップ劇場で上演してほしいとお願いをされる。冬音は「チームKGB」のファンで、なんと人気ストリッパー旭川ローズだった。劇場を満員にしたい旭川ローズの想いを叶えるべく、場末の劇場を舞台に、勇太たち劇団員4人が町中を巻き込んでの珍騒動が始まる。

詳細情報

関連情報
製作:「ロックンロール・ストリップ」製作委員会 原作:木下半太「ロックンロール・ストリップ」(小学館文庫刊) エグゼクティブプロデューサー:石田誠 プロデューサー:皆川拓也,三好保洋 音楽:Calmera 撮影:曽根剛 照明:本間光平 美術:秋元博 衣装:寺尾淳
音声言語
日本語
制作年
2020
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2021-04-02 10:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

キャンセル

ドラマ邦画ランキング

ロックンロール・ストリップの評価・レビュー

3.5
観た人
178
観たい人
609
  • 3.4

    はむさん2021/11/16 19:01

    ジャルジャルの後藤さんが好きなんです。とっても。
    徳永えりさん、やべきょうすけさん、とろサーモンの村田さんも好きなんです。
    エンドロールに「551蓬莱」の名前があるだけで感無量ってとこもあります。
    何だかすごい好きな映画でした。
    やっぱり後藤さん、好きです 。

  • 3.2

    Sho3さん2021/08/08 15:10

    映画監督を目指す青年がひょんなことからストリップ劇場で前座をやることになる。

    舞台がストリップ劇場である必然性がなさすぎて何を伝えたいのかよくわからない作品。
    ただ脳みそ空っぽにぼーっと見るならそれなりに楽しめる作品。
    ジャルジャルの後藤さんは40歳近くでワナビー系の20そこそこの人を演じられるのは凄すぎる笑

  • −−

    ハラマサさん2021/08/06 22:31

    ジャルジャルさんが好きなので下情報無く見てみたがとても楽しめた。
    予算が少ない中作られたように感じるが、その中で変に背伸びせず、丁寧に作っているように感じ、味が沢山出ている映画。
    主演の後藤さんが正にその体現で、背伸びせず、派手に感情を出さない素朴さや冴えなさが、ドラマチック過ぎない、人生のリアルなドラマを描くのにとても合っているように感じた。
    小さなストリップ小屋という表舞台とは程遠いシチュエーションだからこそ、どこでだって大事なのは腐らない事、自分を信じて何度でも進み続ける事というメッセージが切なさ込みで胸に刺さる。
    もう一度見たくなる作品だった。

  • 3.8

    Hipoさん2021/07/20 11:59

    ジャルジャル後藤さん主演作で、前から興味はあったけど予想以上に面白かった。ありていのコメディかと思いきや、しっかり見せる部分は見せ、ドラマとしても良かった。脇役の方々もいい感じに目を引く。坂口涼太郎さんを初めて知ったけどキャラも立つし、何よりダンスがうまいと思ったらダンサーでもあるそうで納得した。

  • 3.8

    多岐村さん2021/07/20 05:41

    ジャルジャル後藤さんが出演していることと悪魔のエレベーターが面白かったので鑑賞。
    前半ちょっとしんどく感じましたがドンドン加速する様に面白くなっていきました。
    ただ終始品川さんの役どころやエピソードがとってつけた感があってあまり好きではありませんでした。
    実話を元にということなのである程度はそういうものだと許容したいところではあるのですがそれでも個人的にはちょっと…。
    とはいえ全体としてはかなり好きな作品です。
    特に坂口涼太郎さんの快演に引っ張られる様にのめり込んでいきました。
    細かいツッコミどころはたくさんあれどそれをいいところで十分カバー出来ていだと思うし、
    最後のダンスのシーンも爽快でした。

  • 3.0

    kiuさん2021/05/31 05:21

    木下半太監督の自伝的映画

    映画監督になりたくて、なりたくて、なれた作品。要所で光るキャステングが冴えてる。徳永えりは実力通りで良い意味で想定内。ただ、なんといってもストリッパー役の智順が非常に良い。また品川が、(実際は違うんでしょうけど(笑))イメージ通りの品川で良い。演者はこの2人が飛び抜けて強インパクト。あぁ「ひょっこりはん」みたいな坂口涼太郎も、別のベクトルで強烈でしたけど(笑)

    ただ主役のジャルジャル後藤は、やっぱりジャルジャルやったかなぁ。無味無臭で何にでもなれそうだけど、何にもなれない感じ。透明な個性と言うか。。。もっとはまれる役はありそうとは思ったけど、木下半太ではなかったかな。

    ナニワ人情成り上がり、もちろんラストは東京タワーのカットって展開は、演出ベタすぎない?ってな話ではあるけど、せやかて工藤、これ自伝やしって言われるとコナン君も何も言えんな。こんな人生を歩く人も居るのね。

    突飛な事にはならないけど興味深い作品かと。

  • 5.0

    千さん2021/05/30 23:43

    大好きで仕方ない映画 。

    エンタメって素敵 素晴らしいなぁって
    夢って尊いなぁってなる映画でした 、
    後藤が踊ってます 。後藤が 。
    たまに見返したくなる奴 !

  • 2.8

    片腕マシンボーイさん2021/05/06 14:57

    マシンボーイってば芸人映画ってあまり観る気にならんしやな、好きな女優さん出ているワケでもないんやけどな、劇場で予告見た時に、おや…ちょい面白そうやな?思ったやつやからば観てみた

    売れない劇団員達がストリップ劇場で前座する事になんぞ!って話

    うん、もうな、ヒョロくんの独り舞台よな、ヒョロくんのダンスとヒョロくんのお尻を愛でる為の作品、それ以上でも以下でもない、ヒョロくんファンだけは必見のヤツやからな!とりあえずマシンボーイは、ひゃー!ヒョロくんやっぱ最高!なった

    そうな、マシンボーイってばヒョロくん役のヒョロくんを「ちはやふる」シリーズではじめて観て以来、ヒョロくんにはこっそり注目していてな、いろんな作品で個性を振り撒き見事にヒョロくんワールドを生み出す存在感に感心していたんやが
    例の「事故物件」でヒョロくんと加藤諒がコンビ芸人役で出ていてめちゃスベッてんの見てな、え〜ヒョロくんにスベらすとか…まぢいちばん怖いんは中田秀夫のコメディセンスの無さよ!思っていたもんなんやが
    本作では芸人が多数出演映画ながら圧倒的に光っていたんはヒョロくんとヒョロくんの尻でな、マシンボーイはやっぱりヒョロくんは最高やでぇ!ゲラゲラ、なった

    まぁな、ヒョロくん以外にもマシンボーイが大好きなとろサーモンの村田とか出ていたんやが…ほぼ記憶に無いし、ジャルジャルは普通、品川はいつも通りのクズ、役者陣でも木下ほうか、やべきょうすけ、宇野祥平とマシンボーイ好みが揃っているんにヒョロくんの前では影、マシンボーイ好みのかわいこちゃんは特に無し
    と、完全にヒョロくん1色ヒョロくんザ・ワールドでしたわぁ!

    ヒョロくんファンはぜひ観れ!ヒョロくん?な君にもヒョロくんの魅力にメロメロなるチャンス!ぜひ観れ!

  • −−

    akubiさん2021/04/17 02:41

    悪魔に土下座してまで、夢中になれることが、目指すべき場所があるということがどんなに尊いことだろう。
    クレイジーでいないと続けられない。綺麗ごとだけじゃあ生き残れない。泥水すすって生きてるやつを嗤うな。やめないでいることの勇気を、わたしは素敵だとおもう。心から。

    はちゃめちゃだったけれどとっても元気をもらった。あときみががんばって踊っていたから。

  • −−

    明日も部分麻酔する日さん2021/04/09 18:01

    もっと、もっと、もっとちょうだいよ!


    三戸なつめのWikipediaに旭川ローズ役って書かれてるけど全然違います。

    木下半太の小説は小学生の頃よく読んでたしジャル好きだしダメ押しにロックンロールキャバレーなんだけど、なんかなぁ。

    雑魚が周り巻き込む系は絶対好きなシステムなんだけどなぁ。うーん。

    村田と後藤逆で見たかったかも。村田の方がスッと入ってきそう。後藤は、後藤はというかジャルジャルは、どっちも人間味が無さすぎる。コントでは上手くハマるけど、演技になればそこがなんか変に気になる。

    品川のパワハラ上司具合は良かった。
    品川って感じがした。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました
    戻る