お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

妖怪人間ベラ

G

人間になんかなりたくない

広告代理店に勤める新田康介(森崎ウィン)は今やオワコンである「妖怪人間ベム」の特集のため訪れた廃墟で偶然にも幻の最終回を目にしてしまう。その予想もしなかった衝撃の結末に狂いそうになる新田!!ベラ(emma)が街に現れたのはちょうどその時だった——。転校先の学校でも周りとは明らかに違う雰囲気を持ちながら物静かな百合ヶ崎ベラの独特な美貌に興味を抱き、執拗にベラを追う新田は徐々に狂気的な行動が目立つようになっていき、次第に家族の鮎美(堀田茜)や陽太(吉田奏佑)との間にも不穏な空気が流れるようになっていく。そんな夫を不安に思った鮎美は探偵の霧島拓(六角精児)に調査を依頼するも常に異常なまでに冷静沈着でいる霧島。そしてやがて訪れるベラとの出会い。霧島の真の目的。果たして幻の最終回が意味するものとは!?

詳細情報

関連情報
プロデューサー:井上勝哉,古谷大輔 製作会社:DLE 原作:妖怪人間ベム 音楽:野崎美波
音声言語
日本語
制作年
2020
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2021-04-02 10:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

キャンセル

ホラー邦画ランキング

妖怪人間ベラの評価・レビュー

3.3
観た人
157
観たい人
593
  • 3.0

    17さん2021/04/21 03:01

    心霊的ホラーが無理(サイコホラーは大丈夫)なので最初はおっかなびっくりだったけど大丈夫でした。
    ドB級ぽかったり、いやそんなことあるかーい、言わんこっちゃなーいとか、しっかり楽しんでたと思う。伏線の演出もバチーンとあり、皮肉もきいてて。

    ドラマ観てから観てよかった。

  • 3.0

    MOVIEMANさん2021/04/17 22:20

    前半はイヤミス系ドラマ、後半はサイコホラーという感じだったが、注目すべきは、主人公を演じた森崎ウィンの怪演だろうか。もはや、アカデミー賞ものの怪演という感じで、気○い役を見事に演じており、何度か吹き出してしまった(笑)。

    ラストはストーリーが破綻気味だが、森崎ウィンと桜田ひよりの演技は特筆もので、ベラの存在が薄くなってしまった(笑)。

    より詳しいレビューは、
    http://movieman.sblo.jp/article/188589022.html

  • 3.5

    外山雄大さん2021/04/14 07:49

    ギャグホラー。
    めっちゃ笑ったけど女子高生を主軸にした方が良かったかも。
    前半と後半が交錯してほしかった。

  • 4.0

    さくりゃさん2021/04/13 13:13

    まさか序盤のタバコ飛ばしがそんな伏線とか思いませんでしたよ。
    森崎ウィンさんも桜田ひよりさんも怪演が素晴らしかった。スイッチも瞬時に切り替えててよかったです。
    本当にドロッドロ・・・。
    女子高生の方はあっさりな分、記者の方がこってりで疲れました。

  • 3.3

    夢Oneさん2021/04/10 22:27

    とにかく、森崎ウィンの怪演が凄かった(笑)

    物語については中盤は完全にカオス、終盤は最早ギャグで冒頭は引き込まれたのに残念だった。ストーリーについては、ベラに関わった人間が皆狂っていくという設定で、まぁ色々と狂っていくので、ホラーといえばホラーかも知れない。

    ただ、前半の学園ホラーの展開はえげつない描写で中々ショッキングでゾッとした😲

  • 1.8

    よつぎドールさん2021/04/08 18:09

    最初は面白いと感じた。

    しかし、、中盤からゴミ展開。
    もはやカオス。

    なんか父親にイライラしかしない。

  • −−

    Synovuさん2021/04/04 10:52

    記録用。2021/4/4
    復刻DVD発売に向け見つかったもう一つの最終回。一方、謎めいたベラという名の転校生…。再放送を見てた世代だけど、冒頭から引き込まれる。キャストが凄く魅力的。だけど中盤からサイコでカオスで全く意味が分からんし、長い。シャイニングな終盤はギャグ。酷いな。

  • 3.8

    TAKAさん2021/01/18 23:04

    2020-178-160-018
    2020.10.8 109C港北 Scr.4

    ・そそられる作品です
    ・ベラは?
    ・森崎ウィンの怪演(爆)
    ・凄っ 。

    そそられるんですよねぇ・・・
    こういう
    なんていうか
    変わった切り口で
    なんかおどろおどろしくミステリアスで
    そこはかとなくB級の薫りが漂う・・・
    (誉めてます(ФωФ))
    そんな雰囲気の作品
    (^_^)♪

    本作も楽しみました♪

    ベラ役のヒロインの
    何かが欠けている?独特な美貌
    そして森崎ウィンの怪演!(爆)

    ベムは、はやく人間になりたい

    ・・・ベラは?

    全て森崎ウィンの怪演に持ってかれてる感の強い本作ですが(爆)
    ヾ(≧∀≦*)ノ〃
    結構見処もあって楽しめました。
    日本軍が絡む処は、おっ♪と思った
    (^_^)♪

    ま、ベムの扱いだとかVFXだとか
    突っ込み処も多いんですが
    つい観てしまうし纏まってる。

    ・・・英勉監督か。
    (^_^)
    凄っ。

  • 3.6

    川本凌さん2020/12/16 02:10

    公開時観たかったけど逃してしまい悲しんでいたら、12月にまさかの近場の映画館でやってて滑り込みセーフ。
    正直妖怪人間ベムは全く知らないんですが、あの幻の最終回観ちゃったらそりゃ取り憑かれちゃうよなっていう迫力があった。

    森崎ウィンが怪演だってのは聞いてたけど、それと並ぶレベルで桜田ひよりの怪演が素晴らしい。ビニール傘シールド!

    せっかく怪演の連続だったから、どうせならシャイニング以外にも名作ホラーの英勉流誇張アレンジの詰め合わせが観たかったな。

  • 1.0

    たいよーさんさん2020/11/29 14:03

    むやみやたらに映画を観ても良いことは無いんだと教えてくれた。キャストも良いし、やりたいことは分かるんだけど、しっちゃかめっちゃかの大惨事で、エンドロールが待ち遠しかった。
    妖怪人間ベムを実写ドラマでしか観たことがなかったので、そもそもスタートラインに立つべきではなかったのだろうけど、まあヤバイ。欲にまみれ、ご都合主義な人間の哀れさを痛烈に映し出したであろう、幻の最終回なのは分かる。ただ、森崎ウィンが強さを求めておかしくなるのが分からん。それがストーリーの本筋でイカれたまま行くので、辛い。救いがないし周りも主人公と距離を置きたくなるから置いていて、「どうなる?」しか出て来ない。森崎ウィンが上手いから一層の恐怖が増しているのだが、もう中身がヒドイ。桜田ひよりの演技と堀田茜の意外な才能が観れたので、元は取れた気分。それだけ。
    英勉監督の幅の広さは褒められるものだが、メンヘラばかりのこの作品が造り出したのは、ホラーよりカオス。これは原作を知っていても、お粗末に映りそう。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    戻る