お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

トラベラー

G
  • 字幕

2016年に死去したイランの巨匠、アッバス・キアロスタミ監督の長編デビュー作。

小学校に通う10歳のガッセムは、サッカーに夢中なあまり宿題も授業もさぼりがちで、いつも先生や母親に叱られてばかりいる。そんな彼の夢は、テヘランで開催されるサッカーの試合を見に行くこと。そのためには、テヘランまでのバス代とチケット代が必要だ。サッカーのためなら嘘も盗みも厭わないガッセムは、友達のアクバルを道連れに、あの手この手でお金を稼ごうとする。果たして彼は無事サッカーの試合を見ることができるのか…? チケットを求めて走り回るガッセム少年の姿を瑞々しく描き出した、キアロスタミ監督の記念すべき長編デビュー作。少年の大胆不敵さに笑いながらも、彼の一途な思いにどこか哀切を感じずにいられない、可笑しくもせつない冒険譚。

詳細情報

原題
THE TRAVELLER
関連情報
プロデューサー:アッバス・キアロスタミ
音声言語
ペルシア語
字幕言語
日本語
制作年
1974
制作国
イラン
対応端末
公開開始日
2021-04-23 10:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

キャンセル

ドラマ洋画ランキング

トラベラーの評価・レビュー

3.9
観た人
1127
観たい人
951
  • 4.0

    hmさん2022/01/18 21:56

    キアロスタミはコケル三部作以来。
    カメラとポケットの行き来は素朴なやり方やけど迫力あったな〜、にしても切ない…

  • 4.0

    じゅさん2022/01/16 14:36

    この主人公の男の子が愛おしくてたまらない
    後半彼が見る夢の中のシーン、忘れられない
    彼のやるせなさや孤独を感じるとき、たまらなく寂しい気持ちになる
    その寂しさのせいなのか、それ以外でも色んなことを重ね合わせて観てしまうからなのか、よくわからない涙が浮かんできた
    不思議な気持ちになる映画
    とても好きだ…

  • 3.9

    sciさん2022/01/15 16:05

    主人公の男の子がとてもたくましくて、どこでも生きていけるくらいしっかりしているんだけど、大人に問題児扱いされていることに反抗するように行動してて切なかった。眠気にはどうしても勝てなくて子供らしさが残るから余計にそう思った。
    とはいえ、自分のやりたいことを成し遂げるために知恵が働くことに感心。願わくば彼の孤独が癒されることを。
    狭い空間で人間が動き回る面白さと、少年たちの顔が次々と映される場面は眼福。

  • −−

    遊さん2022/01/13 23:23

    わりと短いのに中盤うとうとして悔やまれるんだけど、自転車泥棒みがかなり強い 音楽も展開も 主人公の悪ガキの可愛らしさがカスさをギリギリ上回っててギリ憎めないなと思ってたら、寝てた中盤でかなり最悪なカツアゲをしてたらしい

  • 4.1

    ひるさん2022/01/10 18:56

    隣の教室でガキが手をしばかれてるのに、扉開けっぱで心臓の授業すなw 空のカメラ撮影でガキから金を巻き上げるガキ。深夜バスのロングパンショットが格好いい。最後は怨念に包まれて試合を見逃がす事態に。

  • 3.7

    HKさん2022/01/09 12:15

    トラ年ですから・・・その⑦《コジツケ編》
    はい、“トラ”ベラーです。
    ネタ切れのためここからの作品選びは完全なコジツケです。
    本作はイランの名匠アッバス・キアロスタミの初期の長編。
    私は同監督作を観るのは2作目で、かのジグザグ道3部作は未見です。

    イランの田舎町に住む主人公(10才の少年)はサッカー熱がエスカレートして宿題はしない学校はサボる、さらに有名選手の出る都会のサッカー試合を見に行きたさに親の金を盗み人の金も騙し取るという筋金入りの問題児。
    ついに資金調達に成功した少年は、親にも告げずこっそり夜行バスに乗り込みます・・・

    物語の後半、単身都会に向かう少年がタイトルの“トラベラー”となるわけです。
    超悪ガキ版の初めてのお使いならぬ初めてのサッカー観戦と言いましょうか。
    目的のためどんな苦難にもくじけない執念は認めますが、散々悪事を働いた悪ガキですから感情移入はできないのに、この先どうなるのか目が離せなくなります。

    モノクロながら映像はクリア、しかも素人の出演者たちとゲリラ撮影による子供たちの表情が素晴らしく、まるでドキュメンタリーのようにリアルなテイストです。
    途中、主人公がフィルムの入っていないカメラで子供たちから撮影料を騙し取るシーンは、被写体の子供たちの表情がよければよいほど反比例して胸が痛む名シーン。

    しかし、イランがこれほどサッカー人気の高い国だとは知りませんでした。
    全く同情には値しない主人公ながら、まだ子供ですから、観終わってからも帰りの交通費が足りたかどうか心配になってしまったりと不思議と気にかかる映画です。

  • −−

    miyadeさん2022/01/09 11:25

    とても好きな監督だけど、これは未鑑賞でした

    これはどんな気持ちで観ればいいのか
    ヤキモキ度すごくないか
    日本人の道徳感(未だにそんなもん存在するか謎だが)を打ちのめすよな

    人間の弱さ浮き彫りにするの上手すぎてハラハラしたわ

  • −−

    よしださくさん2022/01/07 11:10

    「友達のうちはどこ?」より10年以上前に公開されているけど、少年に対する親や学校の教育態度の見せ方が変わっていない気がする(地域性とかあえてそうしてるってのはあるかもたけど)。

    サッカーの試合という目的の為に体罰を受けながらも嘘を突き通したり、友達を騙して金を巻き取ったり、ずる賢さがこの年で身に付いていて環境の違いってすごい!!!

    その中で殘酷な現実を見せられるところが、良いバランスになってる気がする。

  • 4.0

    RanUedaさん2021/12/31 12:52

    カメラシーンいいなー
    芝生の上でみた夢は自責の念もあるということ?ラストシーンも良い。
    キアロスタミは子どもたちを一体どうやって撮影してるのか、演技が自然すぎる。

  • 3.5

    Keicoroさん2021/12/28 23:00

    『友だちのうちはどこ?』を観ていたので、こう言う感じで終わる予感はしながら、、観ていたけど、、

    この作品が1974年で、『友だち、、』が1987年‼️
    この作品がそんなに古い作品だったことにビックリ‼️

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました