お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

好人好日

G

奈良の大学の数学教授である尾関は、数学にかけては世界的な学者だが、数学以外のことは全く無関心で、奇行奇癖が多く世間では変人で通っている。

奈良の大学の数学教授である尾関は、数学にかけては世界的な学者だが、数学以外のことは全く無関心で、奇行奇癖が多く世間では変人で通っている。妻の節子はこんな尾関につれ添って30年。愚痴りながらも彼を尊敬し、貧乏世帯をやりくりしてきた。娘の登紀子は市役所に勤めていて、同じ職場の佐竹竜二と縁談がある。二人は好きあっているし節子もこの縁談を喜んでいる。ただ竜二の家は飛鳥堂という墨屋の老舗で、竜二の姉美津子はお徳婆さまに気に入るように色々と格式にこだわるのだ。それに登紀子は両親の顔を知らない戦災孤児で、尾関に拾われ今日まで実の娘と同様に育てられてきたのだった。しかし登紀子はそんなことを気にしているのではない。彼女はむしろ父のそばを離れるのが忍びないのである。それと同時に竜二を父が気に入るかどうか、これも気がかりであった。竜二は尾関がしばしば近所のミルク・ホールにテレビを見に行くことを聞き、ある日、自分で組み立てたポータブル・テレビを持参すると、尾関は喜ぶどころか怒ってしまった。竜二もかっとなり怒鳴ったが、文化勲章受賞の知らせで中断された。尾関は勲章など欲しくなかったが、50万円の年金がつくと知り、もらう気になり節子と上京した。東京では学生時代にいたオンボロ下宿に泊まって主人の修平を感激させた。その夜宿に泥棒が忍びこみ文化勲章が盗まれた。そのころ、奈良では尾関の帰りを待ちうけて数々の祝賀会が計画された。そんなわずらわしいことの大嫌いな尾関は、姿をくらまし関係者を慌てさせた。そんな騒ぎの中で登紀子は節子が落ちついているのを不思議に思った・・・。

詳細情報

関連情報
原作:中野実
音声言語
日本語
制作年
1961
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2021-07-01 10:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

キャンセル

ドラマ邦画ランキング

好人好日の評価・レビュー

3.9
観た人
163
観たい人
159
  • 3.6

    zhenli13さん2021/10/18 22:37

    『酔っぱらい天国』の笠智衆が哀れ過ぎて残酷だったのに対してこちらの作品は毒気が無くほのぼのと安心して眺めていられた。グレーと黒の配色のボタン留め雨靴を年中愛用し珈琲中毒で数学以外は全く疎い変人という設定が笠智衆だからこそ嫌味がないのかも。演出の際立つところは無いがとにかく役者の柄で見ていられる映画。

    岩下志麻は『秋刀魚の味』に続いての共演になるのだろう。キリッとして可愛らしく、跳ねるように縁側から外へ飛び出す姿は笠智衆がもらってきたうさぎとシンクロする。二月堂の階段ショットは『月は上りぬ』を思い出さずにいられず、田中絹代作品の方が断然美しく印象的であったものの岩下志麻と青空を仰角でとらえる黒が濃いめのカラーは好い。若草山で体育座りして奈良の町を眺める笠智衆のショットも好い。
    年齢相応の役であろう笠智衆に対して『麦秋』で老け役だった菅井一郎がここへ来ていよいよ笠智衆より歳上に見えなくもなかった。逆に淡島千景はちょっと老け役すぎないかと終始落ち着かず。この頃実年齢30代後半だったみたいで岩下志麻の母役はちょっと気の毒。年配の女性らしく着物の襟をゆったりと合わせてるのも似合わないし。老け役といえばの北林谷栄はさすが。岡本喜八『大誘拐』の30年前で、演じている想定年齢はほとんど同じだろう。

    あ、あとスケッチ風の粋なタイトルデザインは真鍋博。文具や腕時計のイラストが好い。

  • 3.4

    na3さん2021/10/10 14:17

    笠智衆さんの味が滲み出るドタバタ劇。今見ると皆んなマイペースすぎでしょと思うけど、それぞれのキャラクターが憎めなくて皆んな良い。

  • 3.7

    hmsugaさん2021/09/23 12:18

    まあまあでした。
    演出のセンスがいまひとつ。
    一流の監督作品は古い作品(演出)でもいつまでも色褪せないが、普通の監督だと色褪せてしまう。残念ながらこの作品は後者。
    笠さん、岩下さんはじめキャスティングの良さでカバーされているかんじでした。

  • 4.4

    卵黄さん2021/09/12 15:20

    なんとしてでも3杯目の珈琲を飲みたくて奮闘、珈琲屋からもらったうさぎを愛で、泥棒に金目の物を教えてあげ、妻に「俗物」と吐き捨てる笠智衆、めっちゃ笑った。とにかく笠智衆が終始活発で面白かった。照れと愛情と嫌味がこもったセリフが良かった

  • 3.0

    スギノイチさん2021/09/12 15:00

    小津パロデイのような喜劇。
    笠智衆も岩下志麻もハイテンションで可愛い。

    笠智衆と淡島千景は夫婦の設定だが、親子に見える。
    この二人の馴れ初めを見たい。

  • 3.5

    たな会No02さん2021/09/10 21:47

    岩下志麻かわいいです。笠智衆の変人数学者の父親役がはまってました。珈琲屋の息子とボクシングしようと、ぴょんぴょんしながらポーズ取ってるのなんて笑えます。小津のパロディ映画っぽく、ストーリーは少し古くささはいなめないですが、岩下志麻や笠智衆、淡島千景の俳優陣と、意味ありげな道具立てが秀逸なので楽しめました。

  • 4.0

    tunicさん2021/08/09 01:09

    大仏様、コーヒー、焼き芋、勲章。意味がありそうで無さそうなアイテムの数々と、笠智衆をはじめとする変人たちを観察する映画。川津祐介の屋根裏部屋や本郷真砂町の下宿屋に、渋谷実お得意のモンマルトルっぽさを感じる。うさぎがどこへ消えたのかが最後まで気がかり。

    笠智衆がはいてた雨靴がやたら可愛らしくて、帰ってから小一時間ほど検索したけど見つからない。サイドボタンは3つで切り替えの布部分はグレー、つまさきのエナメル部分は黒だったと思う。

    2020.7.14

  • 5.0

    bnさん2021/08/07 23:14

    うわ〜!?好き!!!!!
    コーヒー3杯目飲めなくて拗ねる笠智衆、白いウサギを貰ってきて怒られて「かわいいのに...」としょげる笠智衆、ファイティングポーズをとりピョコピョコする笠智衆、エトセトラ...
    淡島千景母のお酒飲みエピソードとニコニコする岩下志麻も最高。
    「生まれっぱなしの人」って表現いいな。

  • 3.5

    こづ堂さん2021/07/09 18:05

    奈良の風景と作風がベストマッチ。
    笠智衆がハマりすぎだし、その他配役が合っててよかったなぁ。

    ザ・松竹映画を堪能して満足。後半、少し冗長に感じる部分はあったけど。

  • 3.9

    二人は幸せな接吻をして終了さん2021/05/12 09:49

    There is one theory.

    It makes all humans unhappy.

    It cannot be crushed by intelligence or theory.

    Then crush it with your heart.

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    戻る