お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

レンブラントは誰の手に

G
  • 字幕

レンブラントの新たな作品発見!?貴重な絵画の運命はいかに!

2018年、オランダから伝えられたあるニュースが、世界に衝撃を与えた。44年ぶりにレンブラントが描いた肖像画が発見されたのだ。競売で落札した絵が実はレンブラントの作品だったと発表したのは、野心に燃える若き画商オーナーのヤン・シックス(11世)。それは果たして本物のレンブラント作品なのか、はたまた無名の画家の作品か…? 一枚の肖像画をめぐる議論は、やがて真犯人を探すミステリーのような展開に。監督は『みんなのアムステルダム国立美術館へ』(14)で美術館の舞台裏に深く切り込んだウケ・ホーヘンダイク。美術ドキュメンタリーを専門に、長期間にわたる取材によって数多くの作品を発表してきた監督は、本作を「アートスリラーとしてつくりたかった」と語る。その言葉通り、美術界を大きな混乱と興奮に陥れた大騒動とその顛末が、スリリングかつサスペンスフルに映しだされる。

詳細情報

原題
My Rembrandt
関連情報
プロデューサー:ウケ・ホーヘンダイク 制作会社:DISCOURS FILM 音楽:アレックスシム&ユーホ・ヌルメーラ
音声言語
オランダ語
字幕言語
日本語
制作年
2019
制作国
オランダ
対応端末
公開開始日
2021-07-07 10:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

キャンセル

ドキュメンタリー洋画ランキング

レンブラントは誰の手にの評価・レビュー

3.6
観た人
251
観たい人
1589
  • 3.6

    62355cinema5さん2021/07/24 16:13


    劇場 No 85

    72点
    小倉の名画座・昭和館で😃
    http://www.instagram.com/cinemawalker
    絵画にまつわるミステリー🤔
    「ラスト・ディール」&「レンブラントは誰の手に」の2本立てでした🎬
     
    2018年、レンブラントが描いた肖像画が
    44年ぶりに発見されたというニュースが世界に発信される📰
    競売で落札した絵がレンブラントの作品だと公表したのは
    オランダの若き画商・ヤンだった🖼
    それは果たして本物なのか...🤔
     
    絵画に対して審美眼など全くない私でも
    スクリーンいっぱいに映し出される
    光と影に彩られたレンブラントの作品は神レベル...😳
    絵の具の感触が伝わってくる筆使いやキャンバスの質感も素晴らしい🖼
    心を狂わすほどに画商やコレクターたちを惹きつける訳も理解できましたよ🤗
     
    爽やかな印象が先行していた貴族のヤン👤
    若いのになかなかのやり手だと感心👍
    これまでもきっとライバルたちを出し抜いてきたのだろう😓
    でないと先祖代々受け継がれてきた名画なんて
    守ることが出来ないだろうから...🤔

    落札を逃したライバルの画商から
    共同購買する約束を反故にされたと
    クレイムをつけられ訴えられるのは
    これからも逃れることの出来ない代償だろうか😓
     
    それでも名画を発掘した彼の審美眼は超一流
    フリフリの襟や袖口の描き方、影の使い方、色合いの出し方...🖼
    本物か贋作なのか...素人目には全く分からない🤷‍♂️
    仮に本物を鑑賞する機会があれば是非舐めるようにして観てみたい👀
     
    一方で 美術品の所蔵を巡る
    フランスvsオランダの駆け引きの
    エピソードも興味深かった🇫🇷🆚🇳🇱
    ヤンのエピソードと交差する形で
    進行していくので頭の切り替えが必要でしたが
    最後まで興味深く見ることができましたよ👀
     
    ...で各エピソードを観ていて率直に思ったのは
    巨匠レンブラントは一体誰のために...
    何のために描いたのかということでした🤔キット ゼンジンルイノ ザイサンデス🤗
     
    直前に鑑賞した「ラスト・ディール」同様に
    画商たちの目利きの力、鑑定力の高さに感服しっ放しの101分でした🖼

  • −−

    hicalさん2021/07/21 20:16

    金持ちの規模がやばい 真作発表は謎過ぎるし研究者と利権がズブズブ…ウゥン……仲良しこよしでは仕事できんな…

  • 4.0

    wildcatsさん2021/07/10 23:26

    音楽と編集が素晴らしい。
    でもってストーリラインがとても興味深く飽きずに見られた。
    更にはヨーロッパの街並みや、スコットランドのドラムランリグ城周辺の澄みきった空気の美しさに息をのむ。劇場上映作品として、とてもいい。アートに無関心でも存分に楽しめる。

    45/2021

  • −−

    sumakoさん2021/07/03 12:21

    2021.257
    凄く楽しみにしていたのに眠気にやられた...無念。
    好きなものに取り憑かれた人達。事実は小説より奇なり。

  • 4.0

    na0k0さん2021/06/20 20:05

    ノンフィクションなんだけど、とても劇場的

    美術品の世界を淡々と描いているけれど
    皮肉や滑稽さ嫌味なく表現されていて
    この独特な雰囲気が魅力的な作品

  • 3.1

    うさどんさん2021/06/19 15:00

    真贋を追求するのには同感し共感するが、マネーゲームや駆け引き、嫉妬や不満には共感できない。
    『読書をする老婦人』、良い絵だと思うが、一人で鑑賞し、その前で一緒に一人読書して満悦、というのはどうか。
    おうちには大金かけたレプリカで、本物は美術館に寄託しては?

  • 3.5

    けんいちさん2021/06/17 22:44

    レンブラントの絵画に魅せられた人々のドキュメンタリー。

    絵画に対する見識があること、それに理解を示してくれる人がいることに喜びを覚える人。

    しかし、そこに名声や金が絡むと“主観”が入り易くなるのも人。

    そんなことを考えた作品。

  • 4.0

    jocxさん2021/06/16 23:18

    絵画って不思議な力を持っていて、ひとたび価値がつくと、外交問題に発展してしまうほど危険で魅惑的だ。ゴッホ然り、フェルメール然り。そしてレンブラントも同様で、コレクター、画商、バイヤー、研究家 ロスチャイルド オランダ絵画 JOCX映画感想の立場から見るレンブラントへの想いが交錯する。評価はドキュメンタリーのせいか低めだが、私はこれほどレンブラントに振り回される人々に興味が湧き、どんな状況でもレンブラントの光と影、筆の息遣いが伝わる絵画が見られて感動だった。下手な映画より質が良い。まるで原田マハさんの本を読んでいるような映画だった。今後も300年以上前のレンブラントが今世紀に登場することを楽しみにできそうだ。

  • 3.6

    ふっかーさん2021/06/05 23:49

    巨匠画家レンブラントのいくつかの絵画をめぐり、画商や貴族、富豪にコレクター、果ては二つの美術館までが購入に名乗りをあげる。絵画の行く先は。

    本作はドキュメンタリー映画であり、プラス自分の知識不足もあって気持ちの盛り上がりは今ひとつ。しかしレンブラントを知ることができた。絵画を欲しい人たちや修復家の思いも。あんなスケールのデカい、それでいて繊細な絵画をバランス良く描けて、さらに人々の心を揺さぶるレンブラント。素人目で見ても凄いです。

    そして誰の手に渡るのが作品にとって幸せなのか。あの絵はカネじゃないという人もビジネスだという人も、どちらもレンブラント愛なのでしょう。でもある意味、金持ちの取り憑かれた歪んだ愛なのかもしれません。

    それにしてもヤン・シックス11世。レンブラントが描いたヤン・シックス1世の肖像画を所有するシックス家の御曹司。家の歴史が重いです。日本なら江戸初期?島原の乱の頃から?シックス家の血を絶やしてはならぬ、なんてプレッシャーが当然あるのでしょうね。

    修復家といえば、いつだったか海外の教会でキリストか誰かのフレスコ画の修復を依頼したら、笑っちゃうぐらい絵の顔が激変したニュースがありましたね。本作ではそんな破滅的なオチはありません笑。どうかご安心を。

  • 3.4

    ぺんさん2021/06/03 00:20

    オランダの巨匠レンブラントの絵画にまつわるドキュメンタリー。
    様々な登場人物が主に4枚の絵画に魅了され、それぞれ三組に分かれて話が展開される。
    あっちこっち話が飛ぶのでよく観ていないと流れが分からなくなるのが難点。

    光と影の魔術師の異名で名高いレンブラントは本人も浮き沈みの激しい人生であったようですが、登場人物たちもまたレンブラントを愛するあまり闇が深くなる。
    獲得のために国家を揺るがす大金が動き、国際問題にもなり、手に入れるためには非難されるような手段も使ってしまう。
    でもそこには純粋に絵を愛する気持ちもあり…
    手元に置けるなんて羨ましいけどあんな大金積まないと買えないんだよなー。

    ロスチャイルドの邸宅も豪華な美術品が溢れててすげぇ、けど保存状態が悪いのは困りもの。ああやって保管状況が甘く、人知れず失われた絵もあるんだろうな。
    絵をじっくり映してくれるのは得した気分。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す