お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

私立探偵エイブ 折り紙殺人事件

G
  • 字幕

もう子供じゃない。探偵としての勘さえもない。かつて“子供探偵”と呼ばれた男に持ち込まれた、初めての“大人の”事件とは。過去の栄光に囚われた青年が、一つの事件をきっかけに探偵として再起する本格ミステリー。

かつては腕利きの子供探偵として町の人気者だったエイブ。31歳になった今、子供時代と変わらず取るに足らない事件を扱うエイブは町の除け者となっていた。かつての栄光と現実のギャップに苛まれ、二日酔いと自己憐憫に陥るエイブに、恋人を虐殺された10代の少女から初めて“大人の”事件を持ち込まれた。探偵としての力を証明して町の人々を見返すために奮起するエイブだが、事件は思わぬ方向に向かう。

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入218円~

レンタル(3日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
218
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
328
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
1,089
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
1,639
ご注文手続きへ

キャンセル

コメディ洋画ランキング

私立探偵エイブ 折り紙殺人事件の評価・レビュー

3.3
観た人
22
観たい人
66
  • 4.0

    Foufouさん2021/09/05 12:00

    誰しも生きる上で「痛み」の一つや二つ抱えるもので、少年時代の栄光にすがりつづける者、いつまでも夢を追うなと諌める者、親を失う者、子を失う者、恋人を失う者、そして老いてなお純愛に幻想を抱く者……痛みを抱えた多くの人間を描きながら、破綻なく物語を紡いで、高揚感の保証された一流のエンターテイメントに仕立てるのだから、監督兼脚本家の力量は相当なものです。エヴァン・モーガン、注目です。

    登場人物がそれによってくずおれもする、なんとも言えぬ(癒えぬ)慚愧と後悔の念へと観客をもいざなう終幕は、エンターテイメントの枠を超えている。痛みを描けるとは、人に精通しているということで、だから登場人物たちの優しさは琴線に触れるし、そこに描かれる残酷さにまた激しくたじろがずにはいられない。それでも真実を受け入れて踏み出すことは、そうだ、正しいのだ。

    アダム・ブロディのうらぶれた感じが実にいいですね。彼の着るツイードのジャケットと、太さの不揃いな橙や茶や白の縦縞の入ったシャツと、ちょっと青さのかったジーンズが、それ自体おしゃれであると同時に、少年時代を捨てきれない三十代の歳の取り方の難しさを表していて、いやぁ、センスあるなぁ…と。女の子の服も、コンサバながらちょっと目を引く意匠があって、ディテールへの抜かりなさが随所に感じられる。

    音楽もいい。

    80年代風のテイストもグッド。

    車はクライスラー・ダッジ?のクリーム色のコンバーチブル。ちょっと見たことないんですけど、アメフト選手よりは勉強のできる東洋人に惹かれる女の子の乗る車として効いている。

    こども探偵のお話ですが、これぞ大人の映画です。

  • 3.0

    むーびぃさん2021/08/28 06:56

    淡々とした映画でしたが、最後の15分で一気に急展開、ビックリの連続で不思議なラスト。中々先の読めない映画でした。
    アクションシーンはほぼ無く、予告で思ってた感じとは少し異なりましたが、先が読めないっていう部分では面白かったです^ ^

  • −−

    かんやんさん2021/08/26 04:21

    「騙されたと思って観て!」と言って薦めたら、「騙された!」と言われそうな、オフビートな探偵もの。万人向けでは全然ないけれど、カルト的な人気を得るのではないか。自分はハマりました。

    原題はThe Kid Detective。

    かつての神童探偵も今やすっかり落ちぶれて、冴えない中年に。酒とクスリ浸りの生活を送っているところに、女子高生から殺人事件の依頼がくる……。

    大抵の傑作は冒頭から観客の心を鷲掴みにするものであろうが、本作は尻上がりに面白くなってくる。冒頭の子ども時代のエピソードなど、モンタージュにしろ音楽にしろ、もっと面白く観せることができるのに!と思わないでもない。しかし、これは監督がワザとそう撮っているのだ。いやはや。

    主演のアダム・ブロディは、いっつも眉を寄せて哀しそうな表情を浮かべて、瞳は潤んでいる。これがね、だんだんジワるんですよ。

    これ以上はネタバレになるのでやめときます。

    エヴァン・モーガン、新しい才能に出会ってしまった。

  • −−

    悪魔の棲むYeahさん2021/08/15 22:43

    よかったよかった。
    面白い場面が散りばめられててニヤニヤ笑いながら見ていると、なかなかハードな部分も出てきてこちらの気も引き締まる。

    主演のアダム・ブロディ、他の作品で見た時は気付かなかったけど、目元が悲しい人というか、悲しいものをいろいろ見てきたような目をしている人で、役にぴったり。

    続編作ってもらいたいので、探偵ものが好きなら見て。Amazonでレンタルできるから。

  • 3.4

    4歳の女のコさん2021/08/10 05:53

    👨🏻‍🦱アダム・ブロディ好きは必見👀。コンパクトな探偵コメディ📽✨🔪殺人事件の捜査と、主人公の成長譚がバランスよく描かれた佳作👍🏻。アダムには(いつもながら)本作のような”ダメ男”はハマり役❤️( ´👄`)ブチゥ✨作品のルックが全体的にオールドファッションで個性的。劇伴も良き🎶。✏️後述の予告編でご確認ドゾ

    【🇨🇦カナダ・スクリーンアワード(楽曲賞・作品賞・脚本賞・美術賞)など各賞5部門ノミネート】

    🎬日本版の予告編はコチラ👇🏻
    https://youtu.be/JDJ9lx_5PCA

  • 3.3

    犬さん2021/08/04 19:26

    クローゼット

    幼少期に探偵として活躍し、町の人気者だったエイブ
    ただ、30歳を超えてもなお昔のような事件を扱う彼は町の邪魔者に
    そんな彼のもとに、恋人が虐殺された少女キャロラインが現れ、初めて大人な事件を捜査することになるが……

    クスリ

    過去
    子どもの頃から

    ミステリー
    徐々に明らかになる真実

    家族
    いろんな要素がある

    タイトルの意味
    最後はなんとも

    静かな雰囲気でした

  • 3.8

    ショウコさん2021/05/25 17:58

    はぁ…面白かった(ため息)

    ★探偵たるもの過去に悲しみの1つや2つあってしかるべき。これは己の尊厳と自信を取り戻そうと奮闘する男の物語である。キリッ

    ★寂れてしまった探偵事務所。久々に舞い込んだ「まともな依頼」を捜査する内に、かつての事件との繋がりが見えてくるハードボイルドミステリー。キリッ

    …というお約束をイジりまくったシニカルコメディです。オフビートにも程があるわい!👏
    キッド・ディテクティブ(原題)って言うから子供向け少年探偵団みたいなのを想像してたら「成長し、埋没してしまった元天才少年」の話でビックリしましたよ。大人にこそ刺さるやつね



    幸か不幸かうっかり人生スタートダッシュをキめてしまい、「お前は大物になる」とノせられて調子づいたはいいけどいざ大人になったら(またはその過程で)案外普通な自分に気付いてしまったなんて人は結構居るハズ。私もそうだっけ…

    そんな、過去の栄光にすがりながら見栄を張る主人公の言動が分かり過ぎて辛くて面白くて仕方ない。落ちぶれっぷりをはじめ、子どもの頃は天才だと持て囃してくれていた街の人たちの冷ややかな態度など明らかに笑わせに来てるんですが登場人物は誰ひとりフザケていない。みんな真面目にやってるのでしょうがないから私が笑うしかなくなる。ずーっと腹がムズムズしててどうにかなりそうでした🌀



    でも過ぎ去った時間は取り返せない。同情を禁じ得ないしお洒落で気怠いジャジーBGMが涙を誘います。美しく撮られた街並みや光、笑いを誘発するジャンプカットを織り交ぜた演出も台詞もテンポもセンス抜群。哀愁×コメディの喰い合わせの良さを再確認した

    ミステリ部分も決してオマケに収まってはおらず、事件のショッキングな真相と画ヅラ、主人公の過去との意外な絡みにウムと頷いた。とてもユニークな良作です💮

  • −−

    uts312さん2021/05/23 23:36

    2021/5/22
    小さい街に襲いかかる恐怖!なぜ犯人は犯罪に手を染めたのか!
    まさかの結末に驚愕!
    気軽に見れる探偵物、バディーもの
    アダムくんOCの街から田舎に引っ越して探偵になったんやな

  • 3.0

    GreenTさん2021/03/23 02:18

    これはエンディングを「おお〜!」と思うか、「ふざけるな〜!」と思うかで感想が変わる映画じゃないかと思いました。

    主人公のエイブ・アップルバーンは、小さいときから頭が良く、探偵映画の犯人をいつも言い当ててしまうような子供で、裏庭のツリー・ハウスで探偵事務所を開き、1件50セントでクラスメートたちの依頼を受けてきた。12歳のとき、学校の基金を盗んだ犯人を突き止めたことから時の人になり、クラスメートで市長の娘、グレースを受付係として雇い、街に正式に探偵事務所を開いた。近所のアイスクリーム屋さんには生涯無料パスポートをもらい、順風満帆な子供時代だったのだが・・・・。

    現在30代前半のエイブは、相変わらず探偵をやっているが商売上がったりで、街の人からも嫌われている。というのも、14歳のときグレースが何者かに誘拐され姿をくらましたが、街の人たちの期待にも関わらず、エイブはこの事件を解決できなかった。それ以来すっかり自信も信頼も失くし、今では迷い猫を探すくらいの仕事しか来ない。学校の基金を盗んだ犯人だったクラスメートは未だにエイブを恨んでいてバーで殴られるし、アイスクリーム屋さんで無料のアイスクリームをもらうと嫌な顔される。

    この映画、厳密に言うとカナダ映画なのですけど、エイブを演じるアダム・ブロディの「昔イケイケだったのに30代ですでに落ちぶれた人」の雰囲気が、ちょっと『アンダー・ザ・シルバーレイク』のアンドリュー・ガーフィールドを彷彿とさせ、この世代のアメリカ映画っぽいなあと思いました。

    エイブはキャロリンという女子高生から、ボーイフレンドを殺した犯人を探してと依頼され、自尊心と街の人たちの信頼を取り戻すためこの件を引き受けるのですが、この調査の過程はダラダラと長い上、どこに向かっているのかもハッキリしないので中だるみしそうなもんなのですが、この感じもなんか『アンダー・ザ・シルバーレイク』に似た雰囲気で、ちょっと昔の探偵映画を意識したようなレトロな音楽とか、個人的には興味を持って観てました。

    この先はネタバレになるのでコメント欄で!

  • 3.0

    私のことは遊びだったのねさん2020/12/25 10:13

    ★★★liked it
    『The Kid Detective』 エバン・モーガン監督

    探偵ミステリー&コメディ
    アダム・ブロディ as 探偵エイブ

    かって有名だった子供探偵は20年後、
    32歳のしょぼいトラウマを抱えた探偵
    &殺人事件の犯人捜しの依頼

    主人公の再生物語も走って
    おもろい

    Trailer
    https://youtu.be/KEyiKNXsVGo

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す