お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

フタバから遠く離れて 第二部

G

町長交代、避難所閉鎖までの1,111日。報道では決して伝わらない人々の声が突き刺さる。

福島第一原発事故の影響で埼玉県に移住した福島県双葉町の住民たちの避難生活を取材したドキュメンタリー「フタバから遠く離れて」の続編。埼玉県の旧騎西高校へ全町避難してからの9カ月間を記録した前作に続き、その後の約3年間を追う。避難生活の長期化で町民たちの間に不満が噴出する中、井戸川克隆町長が町議会の不信任決議案を受けて辞職に追いこまれた。避難先での町長選挙を経て当選した伊沢史朗町長の新方針により、役場は福島県いわき市に再移転する。一方、双葉町はほとんどの地域が帰宅困難地域に指定、さらに中間貯蔵施設の建設計画も持ちあがるなど、事故から3年以上が経った現在も町民たちはさまざまな問題を突きつけられている。いまだに混乱の続く双葉町の姿を通して原発行政が抱える矛盾をあぶり出すとともに、町民たちの現在の暮らしや思いをありのままに描いていく。

詳細情報

関連情報
プロデューサー:橋本佳子 製作会社:ドキュメンタリージャパン/ビックリバーフィルムズ 音楽:鈴木治行
音声言語
日本語
制作年
2014
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2021-09-21 10:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

キャンセル

ドキュメンタリー邦画ランキング

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました
    戻る