お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

私たちの青春、台湾

G
  • 字幕

金馬奨 & 台北映画祭最優秀ドキュメンタリー映画賞W受賞!ひまわり運動のリーダー、人気ブロガーの中国人留学生、そして、ドキュメンタリー映画監督の私が、台湾・香港・中国で見つけた“私たち”の未来への記録――。

2018年 金馬奨最優秀ドキュメンタリー映画賞 & 台北映画祭最優秀ドキュメンタリー映画賞受賞! 気鋭の女性監督が、社会運動に身を投じた若者の姿を通じて台湾の“いま”を描く、傑作ドキュメンタリー!!台湾・ひまわり運動、香港・雨傘運動、日本・SEALDs――2014年、アジアの学生運動が盛り上がった。中でも、23日間にわたって立法院(※台湾の国会に相当)を占拠し、統率の取れた組織力と全世界に向けたメディア戦略を駆使したひまわり運動は、まれにみる“成功”を収めたと言われている。『私たちの青春、台湾』の中心人物となるのは、香港の黄之鋒(ジョシュア・ウォン)、周庭(アグネス・チョウ)と交流し、のちに入国禁止となった中国大陸にも足を踏みいれて、台湾のあるべき姿を探る、ひまわり運動のリーダー的存在・陳為廷(チェン・ウェイティン)と、10万人以上のフォロワーを持つ人気ブロガーで、中国人留学生ながら民主主義について積極的に発信していく蔡博芸(ツァイ・ボーイー)。2人の姿は台湾での社会運動を通して“民主主義”を実現し、未来を切りひらいていく輝きに満ち溢れていた。しかし、2011年から彼らの活動を追う女性監督・傅楡(フー・ユー)のカメラは、ひまわり運動の“成功”と、その後の挫折をも捉えてゆく。本作は、理想を求めてもがく若者たちの青春の物語であるとともに、不安定な台中関係下で揺れ動く台湾と、そこに根付いた“自由”と“民主主義”の歩みを綴った記録でもある。

詳細情報

関連情報
プロデューサー:洪廷儀 撮影:傅楡,楊彝安|陳香松|盧元奇|林郁盛|許紘源 主題歌:楊彝安《我們深愛的青春 Our Beloved Youth》
音声言語
中国語
字幕言語
日本語
制作年
2017
制作国
台湾
対応端末
公開開始日
2021-10-06 10:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

キャンセル

アジア映画洋画ランキング

私たちの青春、台湾の評価・レビュー

3.8
観た人
157
観たい人
881
  • 4.2

    SNGさん2022/01/15 02:01

    太陽花學運(ひまわり学生運動)の中心となった人々をあまりにも生々しく映し出す。永遠のカリスマなど存在せず、結局はその時代の主人公が立ち上がるしかない。
    民主主義という命題に対して、もし自分が時代の主人公ならば、自己矛盾を抱えながらも立ち上がれるのだろうか。

  • −−

    hiromikimotoさん2021/11/18 02:33

    こんなドキュメンタリーの撮り方があるなんて知らなかった。

    台湾の学生運動や占拠は台湾の民主主義のよき象徴のようなイメージだったが、いざ映像で観せられると、これらについて語る言葉を私は何一つ持っていないことに気がつく。占拠渦中に陳為廷がいった民主主義は難しい、少し怖くなったという言葉はとても印象的だった。

    10代から20代にかけて価値観は大きく変わるし、1番変わりやすい時期と言っても過言ではないと思う。それと同時に現実の社会の複雑さや難しさに直面しながら段々と大人になっていくんだと思う。それは今回注目された2人だけじゃなくて、みんなそうで、ほとばしるあのエネルギーはだんだんと小さくなっていく。

    多くの社会は若きヒーローを求めて、期待を託すけど彼らには彼らの人生があり、それぞれがその瞬間を一生懸命に生きているにすぎない。当たり前だけどついつい忘れてしまうこの視点をこのドキュメンタリーは鮮やかに描いていた。

    意志とカリスマ性を持ち合わせた市民はいつしか期待を背負ってリーダーとなり、物語は進んでいくが、台本のある映画と現実は似て非なるものであることに周囲が気づいた頃、もう物語は終盤に差し掛かっている。皮肉で切ない。

    現実に本当にヒーローは必要なんだろうか?2014年を機に台湾がデジタルデモクラシーを掲げたことはある種、中心をできる限り作らない、方法論としての民主主義のアップデートを目指しているようにも見える。

    このドキュメンタリーはすごい。本当にすごかった。

  • 3.9

    tsさん2021/11/08 23:44

    1人じゃなくて2人を長期間追ってるのが凄いし巧いなと思った。ナショナリズム-インターナショナリズムの間で揺れる2人。ネットやカメラを誰でも持つようになったことって当事者意識、とか主体性にどれくらい影響するんだろう、とか考えた。

  • −−

    ワタシさん2021/10/31 02:11

    ずっと観たいと思っていたらいつの間にかAmazon Prime Videoにあった。情報をくださったTwitterのフォロワーの方に感謝…。
    台湾のひまわり学生運動をトピックの中心に据えながらも、監督自身の問題に収斂させていく展開が見事で、ノンフィクションのドキュメンタリー映画ながらも、あたかもフィクション映画かのようなスリリングさがあった。時々フラッシュバックのように挿入されるカットも秀逸。
    最後の監督によるメッセージは私たち個人個人にも強く響くものだと思う。衆院選前日に見れたことが良かった。

  • −−

    taominicocoさん2021/10/23 16:48

    台湾の「ひまわり学生運動」は概要しか知らず、詳しく知りたくて観てみました。

    ちなみに、青春ストーリーではありません。

    ーー「ひまわり学生運動」とは、2014年3月18日に、中華民国(台湾)の学生と市民らが、立法院(日本の国会議事堂にあたる)を占拠した学生運動から始まった社会運動。
    台中間のサービス分野の市場開放を目指す「サービス貿易協定」に反対するデモ活動が行われ、300名を超える学生のデモ参加者が立法院議場内に進入、議場を占拠した。
    (Wikipediaから抜粋)ーー

    監督は、台湾学生運動の中心人物、陳為廷(チェン・ウェイティン)と、人気ブロガーの中国人留学生・蔡博芸(ツァイ・ボーイー)を追いかけます。

    ○台湾は中国ではない
    ○台湾は中国の民主化を望んでいる
    しかし…
    ○中国が民主化することはありえない

    どこまでいっても平行線を辿るこの問題を、学生ふたりがもしかしたら変えてくれるのではないか。
    監督はそう希望を託して撮り続けます。

    だけど、そんなに上手くいく訳がないんです。

    まだ20代の彼ら、活動を続けるだけが人生ではないと気持ちは変わります。
    監督はふたりの現在が(監督自身の)想定外だった、何故?と聞きます。

    中国人留学生・蔡さんは
    「監督の期待を個人に背負わされても困る」と言い放つ。

    そりゃ、そうだよなぁ……。

    ドキュメンタリーは事実を撮影しながらも、監督の強い想いで映像が切り取られます。

    もしかしたら、フィクション作よりも客観的視点が欠けてしまうのではないか?
    この作品を観て、そんな風に思いました。

    監督は本作を撮り、自分が傍観者だったことを突きつけられる。作中でボロボロと泣いた監督は、その後アクティビストへ。
    行動する人となったそうです。

    ひまわり運動🌻のことが知れたのも良かったけど、一人の女性が「撮ること」で人生の行く道を見つけた。
    本作はそこに価値があると感じました。


    が、ひまわり運動に興味がないと全く入り込めない作品だと思うのでノースコアで。

    あと、陳為廷(チェン・ウェイティン)のスキャンダルの内容が全然笑えなくて、かなり引きました。反省してる風でもないから、奴はまた同じことをやるね😩

  • 3.5

    QMさん2021/08/09 21:59

    コロナ禍での政府の素晴らしいリーダーシップで世界から注目された台湾。民のために政治がちゃんとワークしてる羨ましさ。この映画をみるとなぜだかわかるし、地道な草の根運動の努力と、その継続が重要だということがわかる。特に、若い人たちの力で。

  • 4.0

    けんいちさん2021/07/01 02:57

    学生たちによる社会運動を通して、台湾民主化の歩みを記録したドキュメンタリー。

    立法院への突入など学生運動の中心人物の活躍と、のちの“失速”を追っている。

    民衆をどのように纏めるか?
    台湾と中国との関係性をどう捉えるか?など、

    民主主義の難しさを体現している。

  • 3.8

    にまみれもさん2021/06/27 16:42

    監督に期待された2人の形跡。

    現実は、ドラマのようにいかなかった、という辺りにはハッとした。

    ドキュメンタリー作成の難しさを見せられた感じ。

  • 3.9

    FutosiSaitoさん2021/06/19 20:56

     2014年に起こった台湾の学生運動「ひまわり運動」のリーダーと淡江大学の中国人留学生を主人公に、当時の「うねり」と挫折を描いたドキュメンタリー。だが、それは監督の思いも含めた青春映画となっている。
     若者の怒りと反抗の盛り上がりと、それを抑える従来から存在する権力の巧妙さ、そして挫折。
     これは、監督の思いが吐露されていなければ、ただの記録映画になっていただろう。ドキュメンタリーでありながら、はっきりとした意思というより思いを表したことで、青春映画となった。
     監督の忸怩たる思いはある。しかし、台湾の総統は辞任し、女性総統が誕生し、同性婚が認められた。
     女性議員は4割になり、女性となったオードリー・タンがデジタル相になった。「あの会社を干せ」と恫喝した、どこぞのデジタル相がいる国とは大違いである。
     学生運動後の経緯も含め、残念かつうらやましい。
     だから、泣くな監督。

  • 4.2

    atlantisさん2021/06/06 09:25

    台湾🇹🇼の中国との経済関係強化を目的とする「サービス貿易協定」を阻止しようとする学生運動のドキュメンタリー。やり方はどうかと思うけど、あそこで頑張らなければ今は全く違う状況になってると強く感じる。その後は予想しない展開になったけど、それがまたドキュメンタリーで、貴重な作品だと思います。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました