お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

クィーン

G
  • 字幕

全世界が涙したその日、ただ一人、涙を見せなかった人がいた

1997年5月、イギリス総選挙当日。首相候補のトニー・ブレア(マイケル・シーン)が投票所に一番乗りしている頃、王室では女王エリザベス2世(ヘレン・ミレン)が君主でありながら選挙権がない皮肉を嘆いていた。投票してみたいというのが女王の叶わぬ願いだった。翌朝、女王は目覚めとともにブレアが大勝利を収めたことを知る。1997年8月30日深夜、パリの大使館からダイアナが交通事故に遭ったと連絡が入る。ダイアナは集中治療室に運ばれたという。その知らせは、ブレアはもちろん、ロイヤルファミリーにも伝えられた。チャールズ皇太子(アレックス・ジェニングス)は、王室機でパリに向かおうとするが、女王は「王室の浪費と国民から非難される」として王室機の使用を禁止する。そして8月31日、朝5時。ロイヤルファミリーに伝えられたダイアナ死亡の知らせ。女王は、チャールズに将来のイギリス国王となる母親の死体を王室機で連れ戻すことが浪費なのか尋ねられ、しぶしぶ承諾。女王からの公式声明がない中、バッキンガム宮殿は悲しみに暮れる国民が集まり、多くの花が手向けられる。厄介だったダイアナが死んでまで、マスコミの見世物になりたくない女王は、ダイアナの生家の意見を尊重して内輪の葬儀で済ませると言い放つのだった。9月1日、月曜日。バッキンガム宮殿では、ダイアナの葬儀について会合が行われ、6日後の日曜日に国葬を行う方向で話が固まった。女王は、派手な内容に呆れるとともに、アトラクションのような国葬を本当にイギリス国民が望んでいるのか疑問に思い、国民の考えていることが理解できないでいた。9月3日、水曜日。マスコミは自分たちの責任の追及をかわすため、新聞の記事では王室のバッシングがエスカレート。国民の思わぬ反応に一番動揺しているのは女王自身だった。女王には、これ以上避けることのできない問題への決断が迫っていた……。

詳細情報

原題
The Queen
関連情報
製作:アンディ・ハリース|クリスティーン・ランガン|トレイシー・シーウォード
音声言語
英語/ドイツ語/フランス語
字幕言語
日本語
制作年
2006
制作国
イギリス/フランス/イタリア
対応端末
公開開始日
2021-11-12 10:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

キャンセル

その他洋画ランキング

クィーンの評価・レビュー

3.5
観た人
1792
観たい人
1238
  • 2.7

    リシャンティさん2021/11/06 20:04

    世界の有名人を知る試み第12弾。かの有名なダイアナ元皇太子妃の事故死に直面し王室の在り方に思い悩むエリザベス女王の話。伝統を重んじるべきか,国民感情を優先すべきか,王室はどのように時代にあわせ変化していくべきなのかなどなど。皇室のある日本としては無視できない問題がたくさんあったように思う。
    それにしてもこんな映画作っちゃってよかったの?!?!と驚きを隠しきれない。あの登場人物めっちゃ感じ悪いじゃん!!とか,これこそ王室を怒らせたりしなかったのかな?!とか。あと当時小学生だった私もダイアナの死は頭では理解できていたものの,今回映画を通してリポート映像を改めて見ると,その衝撃の大きさをリアルに感じ取ることができた。
    本作を見ていて王室の人間が報道に傷つき怒り悩む様子は人間そのものだった。昨今の皇室の報道でもあったけど,王室皇室はとても遠い存在でありながら,そこには一人ひとり生身の人間がいるってことを忘れてはいけないなと思った。

  • 4.3

    lemmonさん2021/10/08 07:56

    50年、、、
    長い。
    自身の生活を犠牲にしなければならない。
    想像なんてできない。
    覚悟を決め、その人のために生きてきた女王。
    そこに牙城を揺るがす出来事。


    やはり気になるのは、どこまで事実なのか?
    本作、驚くほどにエンターテイメントに溢れ、「これ、怒る人出そうだよなあ?」と思うほど、描かれている内容が、どれも嘘くさく無い。女王はもちろん首相、ファーストレディ、女王旦那、それらを囲う人々。(あ、でもチャールズだけ薄く感じたなあ😅。)皆正直(に思ってしまう)。

    また演じる人たちがそれぞれに息吹を。
    これがまたモネマネに終わっていない。
    牽引するヘレンミレンが逞しくも繊細🥰。

    怒り、失望、嫉妬、そして温もり、様々だ。
    ブレア首相とのやりとりが、ほんとその辺の知人とのやりとりにも思え共感できる。
    こういう作品はとても難しく表面的になりがちだが、とても立体感を感じる。


    自分は本作ならファーストレディに近い。
    あの存在の意義。?😕?
    ただ本作を見ると少なくとも英国王室は好きになれた。特に本作は押し付けてもいない。その正直さ(面白さも)に慕い(批判も)、興味を持ち、影響される人が多いのがなんとなく理解できた。


    自国はつまらんなあ😓。
    やはりまだ自国に照らし合わせるとファーストレディの考えに賛同してしまう。



    ダイアナ妃の魅力はわからないが、自分は98年頃に洋楽にハマり、その時前年のビルボードランキングを調べたらエルトンジョンの曲が14週1位になっていて、そこでダイアナ妃への追悼歌と知り、初めて認識した。そんなこと思い出した。
    「スペンサー」が楽しみである。
    「ダイアナ」は楽しみにしていたが酷評がすごくてまだ観られていない😅💦。

  • 5.0

    yuichiさん2021/09/26 21:32

    ヘレン・ミレンは凄い人だ。
    この重圧しかない役を引き受けるのだから…

    まだまだ自分には知らないことが
    世界には沢山あるなーって感じました。
    伝統を守る為に自分の事は二の次ってなかなか
    できることではないし。

    ブレア夫人だけ、凄え感じ悪い(笑)
    あれで首相の夫人なんだもんな。。
    個人的には非常に品がないなと。

    何よりこの作品に
    配給先としてエイベックスが携わっているとは…
    むむむ!

  • 3.1

    ノリシゲさん2021/08/24 23:27

    ダイアナ元皇太子妃が亡くなった当時は、自分自身が10代で母親を亡くした事もあって王子たちの気持ちを考えるだけでいっぱいだったな…と当時を思い出した。
    本作を見て今まで思いもしなかったエリザベス女王やブレア首相などそれぞれの立場や思いがある事に気づいた。国民に寄り添い、そして王室を守るって相当な重圧だな。

    2021-678

  • 4.3

    オーウェンさん2021/07/26 20:50

    イギリス史に残るであろう事件を、実名入りで映画化してしまう事にまずは驚く。

    ダイアナ妃の急死から一週間の王室の対応はどうだったのかという話題。
    周知の通りチャールズとの離婚で人民のプリンセスとなったダイアナ。
    それとはかけ離れ半世紀もの時間を外界から閉ざした世界で生きてきたエリザベス女王。
    ここを踏まえればさらに物語が理解できるはず。

    しかし女王にしてもブレア首相にしてもそっくりさんすぎる(笑)
    そして単なるモノマネショーで終わらせない感情表現が見事。
    エリザベス女王を演じたヘレン・ミレンが圧倒的です。

    話自体は淡々としているのにどんどん引き込まれていくフリアーズ監督の演出力も忘れてはならないポイント。

  • 3.7

    EIRさん2021/07/21 07:28

    ダイアナ妃の事故が起きたときの英国王室の話。ドキュメンタリーのようであっという間だった。
    王室への批判やエリザベス女王2世の覚悟や苦悩が描かれていて、複雑な内情を知ることができる。事実に則した裏側の話のためストーリー性はあまりない。
    そして特筆すべきは女王と首相役の2人の俳優だろう。スピーチ等実際の映像を見たが所作や喋り方が非常に似ていて素晴らしい演技だった。

  • 3.7

    アブラムービーさん2021/07/06 20:49

    エリザベス2世陛下を主役にしてるけど、これ、すごいなと思いました。容認、黙認?ってことよね?天皇陛下が主役の映画を日本は作れるわけないから。

  • 3.5

    そめちゃんさん2021/07/04 19:33

    ダイアナ元妃の事故死に応対する、英国王室とブレア英国首相の物語。今となっては昔のことで、王室に特別の興味があるわけではない。ダイアナ元妃の行動は日本の王室ではあり得ないことなので、我々(と言っていいかな?)には考えれませんが、映画は所々実写を入れて、リアルな感じを再現したのでしょう。英国王室の対応の良否の判断は私にはできませんが、対応の難しさは判る気がします。女王の旬順、煩悶はこの映画でも表現できていないのでしょう。それにしても、あの花束の数は凄いもので驚き。葬儀も政治家や各国の王室は当然だが、パバロッティ他、芸能人や映画関係者も多数出席していてまた驚き。

  • 3.8

    あかぽこさん2021/06/29 04:01

    既に私人となっていたダイアナ元妃の事故死から始まる、約一週間のイギリス王室がメインとなるストーリー。

    個人的にこの頃は、自分の店を開店する事にてんやわんやだったし、ゴシップに興味無い性格なので、パパラッチ事故死の事件は余り覚えて無いケド、何か興味沸いてレンタル鑑賞~。


    一過性で過熱する報道。
    それに踊らされる国民。
    誰が良し悪しではないが、複雑な倫理観とモラル。

    『今の時代は大袈裟な涙とパフォーマンスの時代』
    …なるヘソねぇ~…(-.-)

    全く知らない英国王室内でのしきたりやその体制、政府との関係性、そして、歴史ある一国の女王の威厳と重責など、とても興味深く観れました~!

    ヘレン・ミレンの気品と大儀に勤める演技は勿論スゴかったでけど、ブレア首相夫人の小憎たらしい演技も良かったです~(^_^;

    本国や事情に詳しい人から見たら、大仰で大味なストーリーや内容が評価低く目の一因なのだろうケド、個人的には解りやすくてなかなか面白かったです!👍️


    …意図として無いケド、何故かジェームズ・クロムウェルさんが出てる作品とは縁があるなぁ~(^^)

  • 3.5

    アキラさん2021/06/27 16:28

    ダイアナ妃死後のエリザベス女王の葛藤。まるで本物が演じているようで、映画の世界にすんなり入っていける。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました