お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

いのちの停車場

G

命ある時間は、なぜ同じではないのだろう?感動のヒューマン医療巨編、誕生。

東京の救命救急センターで働いていた、医師・白石咲和子(吉永小百合)は、ある事件の責任をとって退職し、実家の金沢に帰郷する。これまでひたむきに仕事に取り組んできた咲和子にとっては人生の分岐点。久々に再会した父(田中泯)と暮らし、触れあいながら「まほろば診療所」で在宅医として再出発をする。「まほろば」で出会った院長の仙川徹(西田敏行)はいつも陽気な人柄で患者たちから慕われており、訪問看護師の星野麻世(広瀬すず)は、亡くなった姉の子を育てながら、自分を救ってくれた仙川の下で働いている。ふたりは、近隣に住むたった5名の患者を中心に、患者の生き方を尊重する治療を行っており、これまで「命を救う」現場で戦ってきた咲和子は考え方の違いに困惑する。そこへ東京から咲和子を追いかけてきた医大卒業生の野呂聖二(松坂桃李)も加わり「まほろば」のメンバーに。野呂は医師になるか悩んでおり、そして麻世もまた、あるトラウマに苦しんでいた。様々な事情から在宅医療を選択し、治療が困難な患者たちと出会っていく中で、咲和子は「まほろば」の一員として、その人らしい生き方を、患者やその家族とともに考えるようになってゆく。野呂や麻世も「まほろば」を通じて自分の夢や希望を見つけ、歩みはじめた。生きる力を照らし出す「まほろば」で自分の居場所を見つけた咲和子。その時、父が病に倒れ・・・。父はどうすることもできない痛みに苦しみ、あることを咲和子に頼もうとしていた—。

詳細情報

関連情報
原作:南杏子 音楽:安川午朗
音声言語
日本語
制作年
2021
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2021-11-10 10:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

ドラマ邦画ランキング

いのちの停車場の評価・レビュー

3.4
観た人
2026
観たい人
3585
  • 3.3

    しーとんさん2021/12/07 22:25

    なんかちょっと色々と詰め込みすぎ。
    ごちゃごちゃしてしまってて話に入り込めないところはあった。

    泣かせようとしすぎ。

  • 3.5

    カイトさん2021/12/07 17:11

    吉永小百合さん主演の在宅診療をする病院の映画です。
    吉永さんは大手病院から小さな病院に赴任し、いろいろな事情で在宅で治療を望む人に幾人も会います。始めは戸惑いもありましたが、病気と戦う本人とその家族と向き合い、時間を掛けて病気と向き合っていきます。
    在宅治療を選ぶ理由はいろいろありますが、残り少ない命の場合ならば尚更選ぶ人もいるかも知れないです。医者はときに助けられないと分かっていても向き合わなければならないと感じる内容になっています。
    たまには心に突き刺さるような映画もいいかなと思います。

  • 3.8

    achakoさん2021/12/07 07:10

    吉永小百合さんの演技には
    素晴らしいものを感じられました

    脇を固めるすずちゃんや松坂桃李
    石田ゆり子もとても良かったです

    医者としての使命とは?
    田舎町で在宅医療と向き合う医者や看護師はどのくらいいるのだろうか…

    そして利用している患者
    または切望している患者はどのくらいいるのだろう

    充実した現在の医療のもとでは
    数年前に比べると寿命も延びている
    そしてこの国では安楽死は許されていないのも現状である

    人の人生はそれぞれだからこそ
    敢えて在宅医療を希望する人も増えているのではないかとさえ思える

    在宅医療の現場を目の当たりにして
    色んな選択肢があるんだなと思えた作品でした

  • 3.5

    mahoさん2021/12/07 00:32



    最期は想像にお任せします。。なのかな。


    日本で生まれた以上ぶつかるかも
    しれない問題かなって思う。
    生きてる人、もうすぐ逝く人
    それぞれの感情があるけど
    日本での決まりごとがあるし(安楽死について)
    変えられない事実がある(医療技術)


    この壁にぶち当たってる人多いよね
    私も私の家族もその時が来たら
    どういう選択してるんかなー

    考えさせられる映画でした🙏



    #いのち#人それぞれ#尊厳
    #やっぱりもっと勉強したい

  • 3.3

    suamaさん2021/12/05 00:37

    考えさせられるけど観ていて色々と思い出しちゃって、いい気分では観れなかった
    だから、正直評価しずらい… (が、一応スコアは付けます)
    もっと正直に言ってしまうと少し中途半端

    在宅医療を通して次々と見送る事しかできない命
    その人の寿命、運命
    いのちと向き合うということ
    医療の形と人に寄り添い支える意味
    まほろば診療所という家族
    そして、停車場…

    シズさんは夫の徳三郎の支え
    朋子さんはまほろばの皆の溜まり場に入会、咲和子との自撮り、そして抱きしめてもらったこと
    宮嶋さんは地元での懐かしい思い出と息子、プラレール
    萌ちゃんは野呂の存在と海に行ったこと、魔法の杖
    そして佐和子の父・達郎は命のしまい方と停車場
    それぞれ大切な人や医師たちに支えられて、見送れらた命
    生きることとは?死ぬこととは?そして想いの大切さとは、
    気持ちや感情に心動かされる


    石川県の金沢の様々な景色が非常に綺麗だった。
    春夏秋冬、そして朝焼け

    キャストは本当に豪華だった。
    初の医師役に挑んだ主演の吉永小百合さん。
    幾つになっても色褪せない魅力がある
    朗らかな人柄に上品な立ち振る舞いと凛とした佇まい
    そして脇を固める、広瀬すずさん、松坂桃李さん、西田敏行さん等も、吉永さんの役と相まった素晴らしい演技でした。

  • 4.2

    何でも見るアルパカさん2021/12/04 21:13

    名優のもとにみんな集まるんだなあ
    脇役が個性的な役者揃い
    皆が皆、役の人生をしっかり生きてる
    こういう映画好き

  • 4.0

    mie38さん2021/12/02 20:14

    自宅で終末期を迎える方はとても多い。
    全て共感します。色んなケースの家族がいるのもよく分かるし、うなずく場面も多々あった。

  • 3.6

    TadashiSakabeさん2021/11/29 12:27

    命の重さを考えさせられる作品…
    ちょっとテンポが早すぎたかな…エピソードを一つ減らしてでも、じっくり感動したかった気分😩
    吉永小百合なぁ…どうなんだろ🥴
    ラストの解釈は人それぞれ違うと思うけど…私的には決断したな❗️って感じ…
    私もただ生かされるのなら、そうして欲しい😔

  • 4.7

    エデンさん2021/11/28 08:30

    死生観について、考えさせられた。
    優しく優しくと思っていたが、優しさには強さが必要なのだと気付かされた。
    人生とは心だ、どこぞの哲学者の言葉が胸に突き刺さる。
    松坂桃李みたいな人に憧れてしまう。
    辛くしあわせな映画でした。
    名作。

  • 3.5

    けんいち映画好きさん2021/11/26 13:01

    #いのちの停車場

    色んな家族の在り方、命の重さ、そしていつかは訪れる身近な人、そして自分の死について色々考えさせられる作品だった。

    聖母の様な #吉永小百合 さんを筆頭に豪華俳優陣が目白押しで良かったけど、もう少し個々のエピソードを深く観たかったかも。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました
    戻る