お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ザ・バルジ ナチスvs連合軍、最後の決戦

G
  • 吹替
  • 字幕

すべての戦いに、決着《ケリ》をつける

1944年冬、ヒトラーは戦局を逆転する大反撃作戦を決断。50万ドイツ軍と精鋭戦車軍団の攻撃で、油断していた連合軍は大混乱に陥る。こうして、アルデンヌの森林地帯を舞台とした『バルジの戦い』は始まった。アメリカ軍のマッカリー少佐は、物資不足のドイツ軍が、燃料を奪うため補給基地を襲うと予想。それは的中し、米兵に変装したドイツ秘密部隊により補給基地は占拠されてしまう。カッパ中尉たちは決死の反撃を開始、敵の大部隊が到着するまでに基地を爆破しようとするが……。

詳細情報

原題
BATTLE OF THE BULGE:WINTER WAR
関連情報
製作:ディーン・ブロクソム|グラハム・シューツル|トリニティー・シューツル 撮影:ジョセフ・ローフラー 音楽:ニック・デ・フェリス 出演:ケーシー・シル,ルーク・ステインボーン 監督:スティーヴン・ルーク 脚本:スティーヴン・ルーク
音声言語
英語or日本語吹替
字幕言語
日本語
制作年
2020
制作国
アメリカ
対応端末
公開開始日
2021-11-03 10:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

キャンセル

歴史・戦争洋画ランキング

ザ・バルジ ナチスvs連合軍、最後の決戦 の評価・レビュー

2.1
観た人
30
観たい人
13
  • 1.5

    ぎょんたさん2021/11/21 16:07

    ビリーとトムの山猫コンビが見たくて鑑賞。トムが指揮官で別撮り感が半端なくこんな感じ前にあったなあと思ったら、続編だったのね。戦闘シーンで同じシーンの使い回しとかバレるって。

  • 1.0

    りょーこさん2021/11/21 13:32

    『バルジ大作戦』1万回観て学べの刑に処す

    トム・ベレンジャー
    ビリー・ゼイン
    と、なかなかのキャスティングをしておきながら、なんだこの体たらくは!

    しかもこれ『バルジ・ソルジャーズ』の続編なんだそうです!
    知らんがな!タコー!!!

    戦闘素人が多いとか、敵が紛れているとか、劣勢って所は史実だろうけど、こんなグダグダのつまらん映画に作り上げるとか、本当にもう色んな人に謝って欲しい。

    そもそも史実の戦争映画なのに85分って時点で何かおかしいな、とは思ったんですよねぇ~

    まあ850分に感じるつまらなさだったけど。

    そして全体的に綺麗過ぎ。
    もう1944年12月よ?

    戦車も軍服も綺麗過ぎ!
    コスプレかよ?アホか!!
    ケガもほぼなし。みんな無事。

    薬莢は出てた気がするけれど、完全にエアガンなヘボさ。
    え、これ本当にエアガンなんじゃない?
    あ、一応寒そうだったから電動かな?
    まあどーでもいいや。

    あーもーひっどいわー。

    書くこと無いもん。

  • 2.0

    ブルースターさん2021/10/15 15:06

    WOWOW.

    バルジ・ソルジャーズの続編。劣勢状態は変わらずな展開。これを売りにしてたのかどうかは知らんがよく分からなかった。人が増えて誰が誰だかでした。

  • 3.5

    ナツミオさん2021/08/01 19:42

    WOWOW録画鑑賞
    放送が日本初公開作品。
    意外と真面目に作られているB級戦争アクション映画。

    『バルジ・ソルジャーズ』の続編
    前作で繰り広げられた“バルジの戦い”のその後を描く。

    原題 『Battle of the Bulge: Winter War』

    2020年米作品
    監督・脚本 スティーヴン・ルーク
    撮影 ジョゼフ・レフラー
    音楽 ニック・ディ・フィリス
    出演 トム・ベレンジャー ビリー・ゼーン スティーヴン・ルーク アーロン・コートー ブリタニー・ベンジャミン

    (WOWOW番組内容より)
    第二次世界大戦下である1944年12月、欧州のアルデンヌ高地。連合軍はドイツ軍の猛攻を受けて劣勢を強いられ、連合軍の指揮官たち、マッカリー(ベレンジャー)やブラッドリー(ゼーン)は困惑する。その一方、米軍のカッパ中尉(ルーク)ら兵士たちは最前線でドイツ軍と対峙する日々に疲弊していたが、ある小隊は怪しい米軍の憲兵(MP)たちと遭遇。一行の正体は、実はMPに成り済ましたドイツ軍だった。以後も連合軍とドイツ軍は何度も激しい交戦を繰り広げていくが……。

    1作目は未見。
    ドイツ軍の猛攻で米軍陣地はことごとく突破され混乱状態の中、
    米軍MPに偽装した独軍が、米軍の燃料補給所を奪おうとするが、カッパ中尉らの小隊は、偽MPと見破りこれを阻止しようと戦いを挑む。

    トム・ベレンジャーは、流石にお年を召されているので、出番は少ないが、独軍の意図を見破り手を打つ指揮官を演じる。

    メインはカッパ中尉らの小隊が偽MP小隊と攻防を繰り広げるところ。
    一応、独軍部隊は戦車、装甲車など本物⁇が出演。
    米軍側は、ほぼジープ数台と、無可動のM4シャーマン(故障で動けない)1両。終盤に大活躍する。

    しいてケチをつけるとすれば、
    兵士の服装、車両、武器などが綺麗すぎる、汚れや使い古した感が無いのに違和感。借り物感。
    雪はしっかり積もっているので、そこは大丈夫。

    カッパ中尉役スティーヴン・ルークは、監督・脚本・出演と頑張っている。

    Filmarksのスコア2.2は低すぎると思うが普通に楽しめた、B級戦争アクション作品。

  • 2.2

    風来坊さん2021/07/31 15:53

    バルジの戦いを描いた前作「バルジソルジャーズ」の続編。今回も引き続き劣勢を強いられている連合軍の奮闘を描く戦争アクション。

    前作のラストからそのまま引き継いで始まる。最初から2本撮りだったのか、長編を分割したのか分からないが、雰囲気も構成も前作と代わり映えしていない印象。

    それでも前作よりは物語に山場もあり面白味はあります。イマイチなのは変わりませんがね(笑)
    ドイツ軍の姑息な手段に驚きました。実際、ああいう事は起きていたのですかね?

    トム・ベレンジャーさんは相変わらずテント内で、ウダウダと愚痴をこぼしているだけですがやっぱり存在感は抜群。
    今回はビリー・ゼインさんが将軍役で出演しているが、役作りかも知れないが誰だか分からないくらい太ってた。トム・ベレンジャーさんとビリー・ゼインさんって結構共演が多い印象。仲が良いのかな?

    ムダに登場人物が多く誰が誰か分からなくなるのは前作に引き続き難点。
    今回も戦車同士の戦いは期待しない方がいいですね。

    やはりCGがチープなのでショボさはありますが、クライマックスの地上戦はなかなかの迫力。
    前作よりは面白いと思いますが、おすすめは出来ません(笑)

    まとめの一言
    「まだまだ続編を作りそうな勢いですがもういいです」

  • 2.0

    そめちゃんさん2021/07/23 23:58

    バルジソルジャーズの続編で、時間も短いので見たけど、前作と同じ印象。冒頭、スティーブン·ルークが逃げてたが、まさか前作で処刑されたはずのカッパ中尉とは予定変更か?。ドイツ軍の大攻勢と言っても大軍でもないし、戦車も数台しか出てこなかった。

  • 2.0

    highburyさん2021/07/15 10:54

    【前作を観たなら観ても良いかも】

    第二次世界大戦末期の『バルジの戦い』を描いたミリタリー映画『バルジ・ソルジャー』の続編です。

    前作のラストで生き残っていたことが判明した主人公・カッパがドイツ軍から逃亡する場面から映画は始まります。
    カッパがどうやって生き残ったのか、そして何故ドイツ軍は彼が逃げるのをただ見過ごしてしまうのか、訳が分からなさと緊張感の無さは相変わらず。

    距離感がおかしい戦闘シーンも前作同様ですし、また使いまわしを多用しているのにも呆れました。

    ただ、ストーリーが前作よりはしっかりしていたのでその点だけは良かったかと。
    前作で下げ切ったハードルは楽々超える出来でした。


    『俺たちの戦いはこれからだ!』感を出す終わり方でしたが、もうお腹いっぱいですよ。

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました