お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

エイリアン2

G
  • 字幕

ジェームズ・キャメロン監督がメガホンを取った、『エイリアン』シリーズ第2弾!

ジェームズ・キャメロン監督が切り開いた全く新しいSFホラーの世界。誰の追随も許さないキャメロン・ワールドの完成形! 2144年。57年間の冷凍催眠状態から救出されたリプリーは、音信不通となった殖民惑星・LV-426の調査の為、海兵隊員と共に旅立つ。そこでリプリーたちが遭遇したのは、卵を生んで繁殖し続けるエイリアン・クイーンの姿だった…!

お得なパック(1)

詳細情報

原題
ALIENS
音声言語
英語
字幕言語
日本語
制作年
1986
制作国
アメリカ
対応端末
公開開始日
2014-02-06 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
330
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
1,100
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
1,650
ご注文手続きへ

キャンセル

SF・超常現象洋画ランキング

エイリアン2の評価・レビュー

3.8
観た人
18650
観たい人
2649
  • 3.8

    ハナさん2021/11/29 23:34

    エイリアンと対峙するシーンが多くて、心臓がバックバク。1は衝撃が凄かったけど、2の方が私は好みかな。でも好みってだけなので、面白さは同じくらい。1も2も面白いって珍しいパターンだなぁ〜
    相変わらず、お腹からエイリアンが産まれるシーンが圧倒的に気持ち悪くて震えた。

  • 3.8

    cさん2021/11/29 02:46

    屈強なカイルリースがかっこいい リプリーも女ランボーになってる 作品の規模感もアクションも銃火器も前作よりパワーアップ あれやこれやの演出で2時間ずっとスリル満点 楽しい時間だった アカデミー視覚効果賞納得

  • 3.7

    まっふるさん2021/11/29 01:13

    ★エイリアンシリーズ 2作品目★

    ◉本場タイトル
    「エイリアンズ」

    一言まとめ
    「エイリアン vs 海兵隊」

    ○以前付けた評価:スコア3.3/2018.12.09

    ◾︎感想◾︎
    前作は未知なるクリーチャーと戦うかくれんぼ的なホラーだったが、
    今作は前作よりもパニック映画感が強かった。

    バイオハザードもそんな感じだったな…w

    今作はジェームズ・キャメロン監督が手掛けた作品なだけありカメラワークや演出にジェームズ感をすごく感じた。
    それこそリブリーをリンダ・ハミルトンが演じていたら間違いなくターミネーターになっていたと思うw

    前作同様胸糞展開が序盤際立つが前作とは違いスカッとする展開が待っていたのでよかったが、少し物足りなかった気もw

    前作から7年後に作られた、前作の57年後の世界を舞台にしているとだけあったので、どこがどう変わったのか気になったが、正直あまり分からなかったw


    ◾︎見どころ◾︎
    ・今作はジェームズキャメロン!
    ・前作の59年後が舞台。探せ前作との違い

    ○関連作品○
    ・エイリアンvsプレデター

    ○アクション性 :★☆☆☆☆
    ○CGクオリティ:★★☆☆☆
    ○グロ度 :★★☆☆☆
    ○エロ度 :★☆☆☆☆

  • 4.1

    メープルさん2021/11/28 23:25

    一作目の55年後くらい。カプセルから目覚めたリプリーだったが、逃げてきた惑星に移住していた人間達と音信が途絶えたことを聞き調査しにいくお話。

    2作目。

    技術の進化を感じると同時に前回明らかにならなかった卵の産みの親との対面など最高過ぎる。

  • 3.8

    コブレッティさん2021/11/28 14:28

    今では古典に入るジェームズ・キャメロンの傑作。昔の映画ってこいつは殺されても仕方がないっていう裏切り者がいたものですが最近はないですね。
    キャメロン作品らしく物凄くマッチョな女性が出てきますよね。ラストも子供を守るリプリーと同じく子孫を守るエイリアンクイーンのタイマン勝負とやっぱり強い女性が好きなんですね。
    ターミネーターでも主演したマイケルビーンがこちらでも重要な役なのでお気に入りだったんですね。今観ても面白い傑作です。

  • 3.8

    Hariganeさん2021/11/27 17:38

    <あらすじ>
    前作でのエイリアンとの闘いから57年後。
    ハイパーリープでの深い睡眠状態から目覚めた唯一の生存者のリプリー(シガーニー・ウィーヴァー)はエイリアンの危険性を訴えるが誰一人として信じる者はいなかった。
    そしてリプリーがエイリアンと接触した惑星には移民用の拠点が建てられており、そこには既に70家族が移住しているという事実を知る。
    やがて移住民との連絡が途絶えてしまい、今までリプリーを信じなかった会社はリプリーに捜索の手伝いを依頼し、リプリーは渋々宇宙へと旅立つが・・・

    <感想>
    エイリアンシリーズがDisney+に追加されると知って、観るのを楽しみにしていた作品✨
    前作を見て完全にエイリアンの面白さに虜になってしまいました😂

    今回はエイリアンが大量発生👾👾👾
    前作から映像もかなりレベルアップしてるし、スケールも大きくなってましたね💫
    そして今作の監督はジェームズ・キャメロンという事で、アクション要素が強めになっています🔥

    子供の頃に見ていたらトラウマになっていたであろうこの気持ち悪さも、今では楽しくて仕方ない🤣
    エイリアンとのバトルは爽快感を得られました♬

    ヒロインのリプリーを演じるシガーニー・ウィーヴァー、カッコいいですね。
    女性ですが、めっちゃ男前でした🌈
    冒頭のシーンで彼女の言う事を誰も信じない場面は観ていて腹が立ちましたが、、、

    見事に期待に応えてくれる楽しい続編となっていて満足な作品でした😆

  • 4.3

    源映研さん2021/11/24 08:31

    心に響く映画や、観た後いろいろ考えさせられる映画とか、もうそんなんぜんふブッ飛ばす言わずもがなの大傑作ですね。ゴダールだろがヒッチコックでさえもリプリーには敵わないと思うの。

  • 4.0

    FMLさん2021/11/23 17:54

    後半40分、さらに後半20分の鬼畜なる展開はもはや神の領域

    "クイーン"の圧倒的オーラはそう体験できるものではない
    なんでエレベーターの操作方法わかんねん

    エレベーターのドアが開いた瞬間エイリアンクイーンが乗ってたら自分なら即気絶するだろう

  • 4.0

    トルーパーcomさん2021/11/22 08:38


    #エイリアン2
    ジェームズキャメロン監督に交代しての続編は海兵隊VSエイリアン軍団としてスケールアップ。

    本作の2年前に『ターミネーター』が大ヒットしたばかり。勢いのあるキャメロン監督が作り出した世界は、名作の多い80年代映画の中でも屈指のクオリティで、今でも十分観賞に耐える名作。


    ■海兵隊vsエイリアン(ズ)
    邦題は「エイリアン2」だが原題は「Aliens」
    監督がリドリースコットからジェームズキャメロンに交代。複数系で表記されたタイトルの通り今度のエイリアンは団体戦!

    前作のラストで命からがら脱出し、コールドスリープについたリプリーは57年後に目覚める。

    主人公サイドに質量とも十分の屈強な海兵隊チームが参加したことで、まだ敵の姿が見えていない序盤の段階で、相手の量も強さも格段にスケールアップしていることが推測されて素晴らしい。

    ジュラシックパーク2もそうだけれど、続編で序盤から屈強(風)の人間キャラが大量に出てくると、「この人たちが派手に死ぬんだろなあ...」ってちょっと胸が躍っちゃいますね。

    海兵隊員のキャラも各自なかなか個性的で、映画開始から実に60分もエイリアンが登場しないのに、緊迫感を保てている。

    子供の頃観たエイリアンは「2」がとにかく怖かった記憶しかないんですが、今見るとシリアスだった1よりもだいぶ愉快な雰囲気もある作品だなと思います。


    ■世界観
    まだ技術の低い80年代の映画なのに、作品全体にスケール感を感じる。

    目的地が開拓星で、空気を管理してる建物の外は車でしか移動できない設定が秀逸。
    俳優が映るシーンは全部セットの建物内で絵が完結しているのに、ミニチュアの車が建物間を移動するシーンでスケール感がきちんと出ている。


    <以下、ネタバレあり感想>



    ■エイリアンの恐怖
    前作『エイリアン』は、顔に貼りついたり腹を破って飛び出してくる等の人体破壊描写で恐怖を演出したが、
    今作は敵が集団ということもあり、お化け屋敷的な驚かし演出が上手。

    今では客が足で歩くお化け屋敷もだいぶ少なくなってしまったけれど、80年代頃は遊園地に限らず、町内の夏祭り的イベントや学園祭などでもお化け屋敷は鉄板のアトラクションだった時代。

    本作はまさにSF版お化け屋敷。
    不気味な抜け殻やネバネバした液体の散らかる暗い通路を冷や汗流しながらゆっくりゆっくり進んでいくと、突如暗闇から牙をむくエイリアンがバーンと登場。

    子供の頃に観た初見時は、装甲車の扉にエイリアンが入ってきそうになるシーンが怖すぎて泣き叫んだ記憶があります。
    今見ても割と心臓飛び出そうになる。

    冷静に考えると卵が無数にある巣のシーン以外は、画面上はせいぜい4-5匹しか同時登場してないんだけれど、何百体もいるエイリアンがいつどこから飛び出してくるかわからない、という設定でラストまで引っ張れているのは素晴らしい。


    ■その他
    ・指の間ナイフでトントン
    たぶん金曜ロードショーあたりで地上波再放送されたのがきっかけだったと思うのですが、小学校の頃、図工の授業で使う彫刻刀でトントンやるのが流行った記憶があります。
    嫌がる友人の手にやりはじめる奴とかもいて、今思うとひどいイジメだったなあという想い出。

    ・女ランボーみたいな女性兵士バスケスかっこいい。ハドソンと彼女の2人が中盤の物語を引っ張っている。

    ・『オール・ユー・ニード・イズ・キル』(2014)
    伏線回収となったパワードスーツみたいなやつ/序盤の海兵隊出撃シーン等、オールユーニードイズキルは本作にかなり影響受けている気がする。

    ・『スターウォーズ/フォースの覚醒』(2015)
    エイリアンが襲い来る中床下を逃げる少女ニュートが、EP7でラスター騒動の中床下を逃げ回るレイ&フィンと完全一致。

    ・『マンダロリアン』(2020)
    シーズン2のChapter10は本作をかなりトレースしてますね。

    ・ビショップ
    本作から登場した人気のアンドロイドキャラ。
    邦画だけれど、『夏への扉-君のいる未来へ-』(2021)で藤木直人さんが演じたロボットのキャラはビショップを意識してたなと思ったのは私だけでしょうか。


    【スコア】
    ★4.0で。
    シリーズもの映画が大成功するかどうかは、割と2作目が勝負なところあると思いますが、本作は優秀な「2」映画。
    前作の設定/世界観を活かしつつスケールを拡張し、さらに3作目以降も作りやすい状態で終わっているあたり素晴らしい。

    自分はリアルタイム世代ではないので子供の頃に12を続けて観たんですが、公開年は1と2の間に7年も空いてるんですね。

    主人公のリプリーが前作の後57年もコールドスリープに入っていたという設定が、久々の続編を観る観客にとっては良い設定だったんじゃないかなと思います。

  • 4.0

    BMBさん2021/11/21 15:54

    1作目からエイリアンと銃と爆発が大幅に増量されて別物みたいに派手になった。個人的にはこっちの方が好き。

    セット、ミニチュア、小道具のクオリティは凄まじくて、壮大な世界観がめちゃくちゃリアルに感じられた。エイリアンのアニマトロニクスはどのバリエーションも全部すごくて、本当にこういう生き物がいるように見えるくらいだった。
    自分はCG否定派じゃないし、むしろCG好きだけど、この作品みたいに実物を作ることで生まれる良さは普遍だと思う。

    いくつかある宇宙船とかの合成カットだけは時代を感じるクオリティだった。

    キャラクターの描き方やストーリーは意外性はないけど堅実だった。徐々に追い詰められていく緊張感と、爆発的なクライマックスまでの流れが良い。
    リプリーがとにかくカッコいい。

    暗い話になるらしい3を見るのに抵抗が生まれるくらい良い映画だった。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました