お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

地球にやさしい生活

G
  • 字幕

世界一便利な街ニューヨークに住みながら、究極のエコ生活に挑んだ家族に密着した傑作ドキュメンタリー。

世界一便利な街ニューヨークの五番街に住みながら、環境に全く影響を与えないで生きるという“地球にやさしい計画(ノー・インパクト・プロジェクト)”に挑んだ、ある一家の生活に密着したドキュメンタリー。ごみなし、電気なし、車なし、テレビなし。そして1年間新しいものは何も買わない、という決まりを家族とともに実行することにしたコリン・ビーヴァン。買い物中毒の浪費家である妻と幼い娘との暮らしには、季節を重ねてどんな変化が訪れたのか。素人が都会で究極のエコ生活を送るという、不便かつ壮大な実験は、ビーヴァンたちも想像し得ない新境地へと誘い、アメリカ中でも賛否の渦を巻き起こしていく。

詳細情報

原題
NO IMPACT MAN
音声言語
英語
字幕言語
日本語
制作年
2009
制作国
アメリカ
対応端末
公開開始日
2014-02-06 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

ドキュメンタリー洋画ランキング

地球にやさしい生活の評価・レビュー

3.4
観た人
121
観たい人
198
  • 4.2

    Hasuiryoさん2021/06/19 21:16

    1年間トイレットペーパー使わないというのは、すごい試みだと思う。

    自分も森林資源を無駄にしたくはないけど、さすがにそれはできない

    最近あるクラウドファンディングで、ティッシュを再利用のに替える製品があるのを知った。鼻かんだら、洗うらしい…

    映画では奧さんと話しあいながら、環境へのリスクを減らす生活を実践してたのが、素敵だった

    知らなかったことは、酪農の畜産で有機認証受けると、病気のときに抗生物質使えないらしい… 死ぬのを見送るしかないらしい

    だから牛乳って有機が少ないんだと合点した

    最後にこの公開した年が2009年で

    2021年はもっと悪くなっている

    たとえば会社資本主義と消費思考など

    考えないとならない

  • 3.6

    Nachural517さん2021/03/21 20:03

    色々と考えさせられたドキュメンタリー。

    ここまで徹底したからこそ、本当に大切な事や何は必要で何は必要じゃないのかハッキリした事が沢山見れたと思う。

    この作品の面白い所は夫婦の価値観が全然違う所。(なのに結婚できた事がそもそもすごい)奥さんはもともと典型的なアメリカの大量消費者であそこからここまで変化できたプロセスが見れたのはおもしろかった。

    「中途半端にやる事」と「バランスよくやる事」の違い。大事だいじダイジー。

  • 3.5

    まがいもんさん2021/02/27 15:22

    授業で見た。ドキュメンタリー映画は面白くないけど実際に気候変動と真剣に向き合っている人を見ると自分の意識も少し変わった。移動はチャリにしようとかね。イザベラちゃんが可愛いからその分の星3

  • 3.0

    Ayumiさん2021/01/21 03:28

    #noimpactman
    #ecolist #no.20
    いかに地球に影響を与えないように生活が出来るかってゆう映画!
    電気は使わないし、出したゴミは自分たちで
    分解します。
    最近自分の中だけでトレンドの
    エコリスト🌍

  • −−

    ソダ山さん2020/11/20 05:01

    https://www.youtube.com/watch?v=gefe4Vsr_xE&list=PL9pxGduRvt37SmMbrjazs7sOW5P6b5IkH&index=39

  • 3.5

    たけはるさん2020/01/10 19:35

    講義で鑑賞。
    NY在住の家族が文明の力に頼らずに(ガス使ってたけど)1年間生活するする姿に密着したドキュメンタリー。
    彼らがテレビを見たり、生活に非必要な買い物をすることがなくなったりして、家族と過ごす時間が増え、彼らは人とのつながりを以前よりも大切にするようになった。これらの変化は人間が本来あるべき姿で、これが、環境を大切にする上での根本的な考え方なのかも。

  • 3.0

    nyangoroさん2019/11/14 09:23

    全然環境問題に取り組んでないけど、なんとなく手にとって図書館で借りた。
    怒りのグレタちゃんもみたのかなー?
    高校生の頃とかは、南北問題とか知って、衝撃を受けたけど、大人になった今はこの映画みても、そんなに衝撃受けなかった。
    環境問題の全貌ってよくわかってないよね。
    全貌をしっかりしたエビデンスに基づいて検証して、全世界で共有して欲しいわ。
    地球温暖化がでっち上げなのか、本当なのか、しっかり検証すべき。
    真実なら、全世界で早く取り組まないと。
    誰か、中立的な立場で、イニシアチブ取れる人いればいいのに。
    トランプもグレタちゃんも極端よ。
    あ、この映画の感想は、面白くなかったけど、ドキュメンタリーだから、ためになった!

  • 3.0

    27さん2018/09/20 14:02

    電気を使わない生活の知恵は見ていて面白い。
    ただ「エコがー」となってるのではなく、生活に負担が掛かり過ぎる例に対して分別をする結果があり、良かった。

  • 3.0

    riekonさん2017/08/31 09:46

    NYで1年間エコ生活を送る家族のドキュメンタリー作品です。
    新しいものは買わない、移動は歩きか自転車、電気も使わない(半年位)食材も地元のものだったかな?
    とにかく徹底していて冷蔵庫代わりのものを作ってみたりミミズに生ゴミ食べさせてみたり観てるのは楽しいけど自分もやるかとは思わないですね。
    一緒に生活している奥さん色々我慢して頑張ってた。
    二人目のことで揉めて悲しいこともあったけど…赤ちゃん授かるといいな。
    女の子がまだ小さいのでエコ生活を遊びみたいに楽しんでいて可愛かったなぁ。

  • −−

    山さん2017/08/01 18:36

    スコアは付け難い。

    極端に考えすぎることの是非。ある思想にだけフォーカスするのではなく、そこから半径50cmまで視野を広げないといけない。一方で、ある信念に基づいて行動している人を簡単に非難することほど無知なものはないと感じた。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す