お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

北陸代理戦争

G

北陸を舞台にやくざ同士の壮絶な戦いが展開する! 深作&松方コンビが放つ任侠アクション!!

北陸・富安組の若頭川田は、組長・安原の約束不履行に腹を立て、安原をリンチする。その結果、2人の仲は決定的となった。安原は川田が相手では勝ち目がないと悟り、弟分・万谷に相談。万谷は親交の深い大阪浅田組傘下の金井組に話を持ちかける。北陸を狙っていた金井は、その親子喧嘩につけこもうとするが…。

詳細情報

音声言語
日本語
制作年
1977
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2014-04-23 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330

アクション邦画ランキング

北陸代理戦争の評価・レビュー

3.9
観た人
758
観たい人
466
  • 4.2

    こうせいさん2022/01/12 00:24

    高倉健や菅原文太もいいですが、松方弘樹主演のヤクザものもいいですね。
    とても面白かった。
    脇役の千葉真一がめちゃくちゃ存在感あってゴツい。

  • 4.5

    けさん2022/01/03 12:02

    北陸のことは北陸で、それを最初から最後まで貫き通した松方弘樹。この作品きっかけで松方弘樹が演じた役のモデルの人物が、劇中と同じような方法で殺されるから本当に現実は凄い。
    ハナ肇のベストアクトかもしれない、ずる賢いけど小心者のヤクザ。
    この作品、女性が強い。姉・野川由美子、妹・高橋洋子。どちらも譲れない信念の塊だった。

  • 4.5

    hukurouchanさん2022/01/02 23:14

    なるほど、北陸のヨソモンを寄せ付けない雰囲気、日本海の荒波にもまれてるからなのね〜〜〜 こえ〜〜〜
    野上由美子氏が車に乗らなかったとこがベスト

  • 4.4

    えそじまさん2021/12/21 19:13

    土遁心中斬首の術かよ。飢えた狡猾な獣とかいちばん敵に回しちゃいかんでしょ(注※味方にしてもいけない…)。松方弘樹が常にゆらゆら揺れていて動物的凶暴人物の印象を助長した。血も涙も盃もない、ことの次第じゃ親兄弟も喰い殺す覚悟らしい。この迫力に負けず劣らず存在感を放つ野川由美子も良かった。傑作。

    三人で一生懸命に雪掘ってるところ笑っちゃった

  • 4.4

    チョウチョウさん2021/12/10 02:37

    情念を感じられるかは自分の中で評価基準になる。これは情念が迸っている。雪とヤクザも良いですねえ。雪はいろいろなことの象徴である。これに血がかかったり、泥に塗れたりして真実が見えてくるような感じがする。
    福井が主な舞台であるから越前蟹がモチーフとして出てくる。蟹味噌を貪り食う男たちの姿には荒れ狂う日本海も太刀打ちできないのだ。
    北陸出身としては方言が聞けて楽しかった。
    松方弘樹は仁義なきでも1番好きなので主役として観れて嬉しい。
    男社会の中でもまれる女性の姿もしっかり描いているのも脚本の高田宏治らしい、それに深作欣二の演出が加わるわけで面白くないわけがないという

  • 4.0

    ニャンちゅうさん2021/12/09 01:07

    深作欣二監督 実録やくざ映画 最後の作品

    仁義なき戦い初期5部作と新仁義なき戦い3部作も面白いが
    この北陸代理戦争も大好きな作品

    適度な笑いとバイオレンス描写と若干のエロ(裸は出て来ないが雰囲気がエロい)
    映画のモデルになった組長と深作監督は親交があった様で公開1ヶ月半後に映画にも出て来る喫茶店で組長が殺されたとか
    で深作監督が実録路線から撤退したのはこの三国事件のためともいわれるらしい

    西村晃とハナ肇が姑息な組長を演じていてナイスキャラ
    野川由美子は色っぽいく高橋洋子はピチピチしている

    仁義なき戦いシリーズ同様にこの作品と中島貞夫監督作品の沖縄やくざ戦争は忘れた頃に観てしまう面白い映画作品群の1つ

    雪の積もった地面に実際に埋められた西村晃と小林稔侍の絵図らは何回観ても爆笑してしまう

    また忘れた頃に観てしまうんだろな~w

  • 4.0

    tsubame737さん2021/11/13 12:49

    短い尺に男女のすれ違いと組の抗争が上手く絡み合ってて、良くできている
    アウトレイジ最終章の元ネタは本作かな

  • 3.5

    櫻イミトナさん2021/10/30 20:09

    「新・仁義なき戦い完結編」として企画が進んでいたが菅原文太の辞退で単独作品になった、深作欣二監督の最後のやくざ映画。同時に高田宏二脚本の「極妻」のプロトタイプ。脚本も手持ちカメラも編集もキレがあって最後まで一気に楽しめる。雪をふんだんに生かした演習も抜群に良かった。伊藤彰彦・著「映画の奈落~北陸代理戦争事件」と共に鑑賞。

  • 3.9

    とおり人さん2021/10/17 16:45

    北陸の地元ヤクザが、
    全国規模の大組織を巻き込んだ抗争へと
    突入していく物語。

    首だけ出して雪の中に埋める拷問はじめ、
    仁義なき戦いなバイオレンスが楽しい。

    一方で、松方弘樹演じる川田と、
    そこに関わってくるキク、タカシ、ノブの兄妹たちのそれぞれの生き方を描き、
    北陸のローカルな地縁からくる悲劇も描かれる。

    地元勢力がどんな手を使ってでも生き延びる、立ち回りの面白さも魅力。

    リアル路線を追求してきた実録ものが、
    公開後に発生した現実の事件によって追い越されたという、
    皮肉な顛末も興味深かった。

  • 3.9

    りゅうとさん2021/10/17 02:13

    内容は面白いが仁義なきと比べると、軽い感じがどうしても否めない。しかしギラギラした松方弘樹は、一見の価値あり。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました