お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

闇の子供たち

G

名匠・阪本順治による衝撃の問題作! タイでの臓器密売、幼児売買春の実態と、その現実に直面した日本人の奔走を描く。

日本新聞社バンコク支局で、幼児人身売買を取材する記者・南部は、日本人の子供がタイで心臓の移植手術を受けるという情報を得る。臓器密売の元・仲介者に接触した南部は、提供者の子供は、生きたまま臓器を摘出されるという事実を知る。南部はカメラマンの青年・与田とボランティア組織の少女・音羽と共に、移植手術を止めさせようと奔走する。

詳細情報

関連情報
原作:ヤン・ソギル
音声言語
日本語
制作年
2008
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2014-07-04 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

キャンセル

サスペンス・ミステリー邦画ランキング

闇の子供たちの評価・レビュー

3.4
観た人
5929
観たい人
3485
  • 1.0

    蓮華さん2021/06/20 21:54

    自身の為の記録
    これは再鑑賞禁止!!

    これ昔、うっかり劇場で観てしまった記憶が…
    気持ち悪くてもう2度と観ない。って思ってたのに、忘れて観てしまった…
    全部ムリ!
    江口の立ち位置なに?
    マジでムリ!
    皆さんエンディングの選曲ボロクソゆーてはるけど、ホンマに同感!
    記録残しとかんと 又うっかり観てしまいそうやから 今回はしっかり
    これは禁!ってしとこ。

  • 3.8

    aaiiさん2021/06/14 09:47

    なんか生々しい所が考えさせられる作品。主人公の過去の「出来事」が分かった時、衝撃なのと人間の理性を抑えられない欲望になんとも言えない悲しい気持ちになってしまった。でももしこのような事実があるのなら目を逸らしてはいけないと思った。

  • 1.0

    mitarashiさん2021/06/11 05:59

    扱っている題材、描きたいであろうテーマをあらすじで確認し、しっかりと問題提起しているのかと興味を持ち視聴。

    視聴後の感想は、
    制作者は馬鹿なのか?と。

    現実で起こっている問題はこんな軽いものではなく、描ききれないとしても、意味のない日本人のヒューマンドラマ、冗長な間、意味のない演出、さらに意味不明なサスペンスを要素を入れる等、この題材を馬鹿にしているとしか思えない。

    肝心の記事がどうなったかも分からず、臓器売買に関わった親子のその後を削ってでもあの下らないオチを入れたかったのか?申し訳ないが脚本家は素人以下だ。

    いくら女同士であっても、大人と子供であのキスのシーンはありえない。男女逆なら絶対に入れないであろうが、感覚が麻痺しているのか?扱っている題材を今一度思い出して欲しい。
    エンディングの曲も、歌詞を一回読めば絶対にこの映画に選曲してはいけないと思うのだが何も考えていないのか?

    扱っているものが扱っているものだけに怒りが込み上げて仕方ない。

  • 4.0

    杉本勉さん2021/06/06 18:59

    だいぶ前に観た映画。
    ふと、思い出した。
    人身売買。
    絶対アカン話だけど、それぞれに事情がある。それぞれの立場から考えると正論だけでは乗り越えられない。綺麗事ではない現実。生きるってほんと大変だ。

  • 4.5

    ドラゴンボーズさん2021/06/06 15:22

    人身売買のおはなし。
    タイの児童売春の話はねー。ロリコンにとってタイは天国って話聞いたことあったなー。その人からは嘘だろ?って思う話聞いたんだけど本当なんだな。
    大人の仕事って子供達を守って子供達の為に明るい未来を作っていく事ではないでしょーか。
    子供を売ってしまう親は否定しないけど搾取する奴、買う奴。皆死ね。

  • 3.6

    刺身牧場さん2021/06/03 13:59

    映像がカクカクしてる?というか昭和の映画の画質みたいなのが気になる。

    ラストは人によっては「どう言うこと?」って思うかもしれないけど、解釈しやすいパーツが作中にあったから理解できた。

  • 4.0

    MAAAAAさん2021/05/15 16:59

    ツラくて重い作品でした。
    胸が苦しくなる。。

    ラストはえっ?
    何?どーゆー事?って
    ちょっと理解出来なかった。

  • 2.0

    すぽんじさん2021/05/11 03:59

    【見るべき現実、しかし
      この映画の"核"は伝わってこず…】

    昔テレビでやっていたのを途中からか途中まで?観て、病んだ覚えのある作品。
    でもずっと気になっていたので、この機会に再鑑賞。

    やはりタイの幼児売春の描写にゾッとする。
    対して日本人シーンは間延びしてどっち付かずな印象にイライラ、モヤモヤ。
    セリフ「〜なのですか」の「の」がめちゃくちゃ気になる。怒ってる時にそんな発音になるんだろうか…

    そこでも興醒めしたが、1番ゾッとしたのは最後の最後に流れる主題歌。
    え……????(頭がストップ)
    今まで映画の主題歌が内容に合ってなくて
    ポカーンする事は多々あったけど、
    歴代1位に躍り出るくらい酷い。酷すぎる…
    歌詞が表示されるのも輪をかけてチグハグ感が増大。
    後で調べてみて、どうやら書き下ろしとの事(!!!)。
    なんでだろう…私は腹立つくらいチグハグに感じてしまった(´༎ຶ۝༎ຶ)

    2016.08.25GYAO無料配信

  • 3.5

    よつぎドールさん2021/05/06 17:58

    映画ゆえにフィクションであると同時に目を背けてはならない現実のお話であり、ただ批判や感情論のみで終わってはならない深い思考を求められる話であると感じる。

    ■人身売買
    ① 臓器移植産業
    ② ペドフェリア産業
    →根底にある貧困

    この辺の闇に対して、日本人は全く知らないと言ってもよく、まさにその現実を知るためにも良い映画であると考える。

    ただし、テーマからしてやはり、かなり重い。

    ①臓器移植問題
    果たして、外国で健康な子供が生きたまま臓器を取られ移植され、死亡する傍ら、日本人の子供について助かる命があることをただただ糾弾できようか。

    自身の子供がそれで助かるとなった場合、その現実を知っても目をつむることをあなたは殺人者だと糾弾できようか。

    当然あってはならない、人道的にあってはならないことであり、世界が動いていかねばならない問題ではあるのだが、おそらくその根本を改善しない限り、他の子供、他の国、他の誰かが結局は傷ついて、倒れていく事には変わりない、ということ。

    要するに映画の中でも答えはない。
    他の子供が犠牲になるだけ、というセリフが何度も出てくるが、表面だけで善悪判断をすることの危険性を考えさせるセリフであると思われる。

    ②ペドフェリア産業の問題
    日本人が、或いは外国人が、現地の子供を買春しむりやりに性的「虐待」を加えること。

    これはバブル期に、フィリピンなどで現地でジャパンマネーをちらつかせ、買春することが当たり前にあった時代にも通じる話であるが…。

    これも本作における重要なテーマとなっている。

    これらも現実に起こっていることでもあり、色々と考えるきっかけを与えることになると思われる。

    これに関しては、性的虐待を加える、要は買う側が完全に加害側である。しかしながら、加害側も被害側だった過去なども本作内では表現されており、連鎖のことを考えたら非常に闇が深い話である。
    またこれは一種の疾患とも言われているだけにかなり根深い問題である。

    総じて、
    フラットな立場で見ていても正直、非常に胸が痛む話だった。幸運にも被害者にならなかった子供が大人になった際に貧困にあえぎ、やむなく子供を売買すること、そんな連鎖が続いて行くのだろうと考えてしまうと、なんとも言えない気持ちである。

    ハッピーな気分になりたい時に見てはいけない作品、それだけは間違いなく言える。。

    【ネタバレ抜きの見どころ】
    社会構造の話は上記に記載したので、サスペンスとしてのヒントとして…

    ・最後の鏡の意味
    ・南部(江口洋介)が苦しむ回想

  • 4.5

    ちゃんぼさん2021/05/05 23:08

    ものすごく重くてしんどい素晴らしい作品でした。

    日本人役者陣は置いといて、タイの子供たちの演技がそれをカバーしてくれます。
    確かに終盤は、?!な事が多く、恵子(宮崎あおい)は終始ウザイ、中途半端なカメラマン(妻夫木聡)だったりと、いろいろ気になる点はありますが、タイの子供たちが全てカバーしてくれました。

    そして、自身も子供の頃売春させられ、組織の一員だったチットが全員逮捕された時の(自分もワッパをかけられてるが)あの表情!とても印象的なシーンでした。

    ラストは…
    一瞬、え?どゆこと?妄想?と受け止めたくない自分がいた。
    南部(江口洋介)糞やんけ。

    小説は未読なので、是非読んでみようと思う。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す