お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

吉原炎上

G

名取裕子、藤真利子、二宮さよ子が体当たりの演技を魅せる、吉原に咲き、散ってゆく華の物語。

久乃(名取裕子)が吉原の中梅楼に女郎として売られてきたのは18歳の春だった。若汐という源氏名をもらった久乃は、初見世の時、客のもとを飛び出してしまう。これに激怒したお職の九重(二宮さよ子)は身体で廓の女の作法を教えるのだった。一年の時が流れたある夜、若汐の前に財閥の若き当主、信輔(根津甚八)が現れ…。

詳細情報

関連情報
原案:斎藤真一
音声言語
日本語
制作年
1987
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2014-02-06 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330

時代劇・歴史劇邦画ランキング

吉原炎上の評価・レビュー

3.6
観た人
4188
観たい人
2292
  • 3.5

    バウムさん2021/11/21 14:25

    季節ごとにヒロインが変わって、主役の久乃から見たそれぞれの悲哀の物語がよかった。その分久乃の存在感が薄まり、季節が変わるといきなり美しくなり成り上がっているので驚く。
    抱いてくれない若様や、店や世間に対する意地なのかと思うけど、2千圓の出処がわかってるんだから、道中したからには若様に執着するのは道理に合わないよね。
    昔の映画ってあまり好きじゃないけど、ここまで激しく演じる女優さんたちが素晴らしく、これは観てよかった。

  • 3.5

    torakkichiさん2021/11/14 14:22

    なんというか、最近はこの映画ときくと友近思いだしちゃうから、笑っちゃうんだけど、セリフひとつとってもスゴいな。

    濡れ場がなかったとしても、廓の中でのしきたりやら決まり文句がなかなかで、家族と一緒に観るのは躊躇しちゃうね。

    主人公のヒサノさんは、気の毒な売られ方をして吉原に来た女の子だったけど、最終的には前の御職三人よりはよっぽど幸せな吉原人生だったのではないか。

    でも年期明け目前にしても、一番好きな人と添い遂げたいと思ってるもんなんだな、女性って。

    一番の見所は西川峰子(aka ここ噛んで)か…それ以前が全て飛んでいくぐらいの破壊力(笑)

  • 3.7

    はっさくさん2021/11/13 00:46

    『男が通う極楽道、女が売られる地獄道』
    女の情念が渦巻く吉原遊郭。生きていくために覚悟を決めた女郎ひとりひとりに壮絶なドラマがあり、なんとも悲しく切ない。

    名取裕子って、あんなにかわいかったのね。花魁道中のシーンはとても華やかで美しかった。
    そして、小花姐さん(西川峰子)のあのシーンは強烈!いろいろ激しいシーンあったけど、全部持ってかれました笑。

  • 4.0

    西郷どんさん2021/11/12 15:44

    clip消化中  あと7️⃣

    この作品はキャサリン子さんのレビュー見て、観たくなった作品✨

    キャサリン子さん、ありがとうございます♪



    とにかく、女優魂がすごいねー🔥

    私はお尻星人だから、

    おぱーいは平常心で見れるのでよかったけど、

    おぱーい星人なら、これは酒池肉林に感じるやろな(笑)


    でね、その脱ぐってことが、女性にとってどれだけの抵抗があるのかってことを考えると、

    この作品にかけてるそれぞれの女優さんが、命かけてる感じがヒシヒシと伝わる🔥



    西川峰子さん、あのシーンはすごいねー🔥

    あと少し、あと少しでってとこで、

    運命の悪戯やねー、

    あの口から出しながら、噛んでー!!って、

    もう般若に見える血相で、

    強烈なインパクト🔥素晴らしい!


    私は今作1番好きだったのは、かたせ梨乃さん🔥

    上がり下がりのいろんな表情が見れて、

    この方の演技の幅が、しっかり表現されてた!

    さすがです🔥

    あの、紫との会話のとこのかたせさんが1番好き❤️綺麗




    この作品で、私の中での小さな区切りが終わりました😊

    もちろん、目標まであと7️⃣

    楽しみながら進みます✨

  • 3.5

    るるさん2021/11/08 17:15

    15年以上前に見た作品を久しぶりに見てみた。正直、スコアなど付けようもない作品だと思う。女優陣の腹のくくり方や迫力、この映画にかけるスタッフの力みたいなものがひしひしと伝わってきて、もう2度と今の時代では作れないモノだと感じた。どの役も今の女優さんでは演じきれないと思うし、この明治後期の社会や風俗が表現しきれないのでは、と思う。名取さん演じる紫はじめ、登場人物の生き様は儚く、いじらしい。この時代を生き抜くために自我や尊厳を殺すしかなかった、そんな悲しい存在がきっとたくさんいたのだろう、と感じた。

  • 3.8

    spencerさん2021/10/29 08:08

    吉原花魁の激しくも悲しい生き様。
    女優さんたちの体当たりの演技が凄かった。
    強烈な名シーンがてんこ盛り。

    とても面白かったです(*´-`)

  • 3.8

    スズシロさん2021/10/18 02:01

    すごい世界だ。

    狂喜乱舞で引き込まれた。
    これが有名なあのシーンか…ドキドキしながら見た。素晴らしい俳優ばかり。
    吉原炎上のシーン、迫力あった。

  • 4.0

    雨と月さん2021/10/05 23:09

    知りたかった吉原の世界がここにあった。再現度すごい。
    主人公美しかった。花魁似合ってたな〜。
    季節ごとにピックアップされる花魁たちは1人として幸せにならず、吉原の厳しさ恐ろしさをさまざまと感じた。
    いつの世も女を食い物にする世界はおそろしい…。

  • 4.4

    けんさん2021/10/04 20:25

    金魚を地面にぶちまけるシーン。
    地面からおそらく金魚の視点で女をぐるりと一周回りながら見上げるショット。
    鮮やか赤と病的な白が残像になった。

  • 5.0

    Yuriさん2021/09/14 17:53

    よかった。
    女の人生の全てがあった。
    名取裕子とかたせ梨乃が結婚してないのは、吉原の呪いじゃないかな?

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました