お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

婚活バトルロワイアル

G

勝者にはセレブ婚、敗者には死! 人生逆転を賭けた女たちが挑む婚活バトルを描くサバイバル・スリラー。

時は2015年。世界同時不況により日本経済も破綻。失業率は35%を超え、自殺者は年間15万人。そんな時代に国民を熱狂させ、視聴率80%を超えるTV番組が存在した。それが「24時間耐久!婚活バトルロワイアル」。借金まみれの女たちが様々なゲームを繰り広げる企画だが、勝者には海外の超セレブとの結婚、敗者には死も厭わない過酷な罰ゲームが待ち受けていた。

詳細情報

音声言語
日本語
制作年
2010
制作国
日本
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2014-02-06 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ

キャンセル

Vシネマ(アクション)邦画ランキング

婚活バトルロワイアルの評価・レビュー

2.2
観た人
7
観たい人
4
  • 2.7

    父母ともに癌さん2018/10/02 13:56

    借金まみれのアイドルが婚活バトルロワイヤルに参加する話。

    全国放送でセックスを流したり「罰ゲームは裏風俗での10年間の勤務です」みたいなことを民放がやっている世界の話なので何でも許せる。
    そりゃあ沢山疑問は沸いてくるけどそんなこと考えていたって仕方がないわけで。

    でも、人間アイロン台だとか、一ミリ以上ナイフを入れると爆発するリンゴとか、編集のチープな感じとかはユーチューバー的で「やってみた」感がある。
    別にそれが何だってわけじゃないけど、見せ物を見せ物として磨いていくのでは無くって、隙のある見せ物を提示して、バカにされて喜んでもらう、という今の大衆が求める娯楽像というのをちょっと射抜いているところがあったと思う。
    そういうものを大衆が求め続けると、自ずと娯楽は過激化していくし、虚構性がつまらないものとされ、生っぽいリアクションが求められていくと思うんだけど、その世界線が暴走したのがここで描かれている日本なんだと思う。
    そういった部分に対する問題意識から作られた作品であったなら、作品中番組のクオリティは低くてもいいと思うけど、作品のクオリティ、撮影、演技、CGなどのクオリティは高くないといけないと思うけれど、決してそうではないからどっちらけ。悪趣味な映画にしかなっていない。
    ただ、悪趣味でチープであることの不気味さ、というのは確実に醸し出している映画で、そういう意味では隙のある見せ物として成立しているけど誰が観るんだこの映画は、とは思う。どういう気持ちで作られた映画なんだろう。この映画は何を目的としていたんだろう。わからない。

    こういう映画って、評価するの難しいです。
    こっちも許しながら観るので。うーん。難しいものです。

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す