お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

モンスターズ・インク

G
  • 吹替
  • 字幕

ユーモアあふれるモンスターたちと小さな女の子の出会いから、モンスター界に史上空前の大騒動が巻き起こる!

モンスター・シティ最大の会社、その名は《モンスターズ株式会社》。この会社の仕事は、モンスター・シティのエネルギー源である子供たちの悲鳴を集めること。そして、モンスターズ社のエリート中のエリートで全社員の憧れの的となっているのが、悲鳴獲得ポイントNO.1の怖がらせ屋、サリーことジェームズ・P.サリバンだ。 仕事上のパートナーで大親友のマイク・ワゾウスキとのコンビは完璧。一目見ただけでビビってしまう恐ろしいルックスと、日々の厳しい訓練の成果である脅かしテクニックで、次々とエネルギー・ボンベを子供の悲鳴で満タンにしていく。だが、実はモンスターの方こそ、子供たちを心底怖がっていた。彼らは人間の子供は有毒だと信じており、例え靴下一枚であってもモンスター・シティに持ち込むことは禁止されているくらいなのだ。 そしてモンスター・シティの歴史を揺るがす大事件は、ある日突然に起こった。仕事を終えたサリーが残務整理をしていると、そこには小さな人間の女の子が立っていたのである!会社に知られれば自分たちも隔離されてしまうため、サリーとマイクは厳しい追跡を逃れてこっそりと少女を人間界に戻そうとするが…。

詳細情報

原題
MONSTERS, INC.
関連情報
製作:ダーラ・K・アンダーソン 音楽:ランディ・ニューマン
音声言語
英語or日本語吹替
字幕言語
日本語
制作年
2001
制作国
アメリカ
対応端末
公開開始日
2014-02-06 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入2,200円~

レンタル(2日間)

標準画質(SD)
330
販売終了2020-03-05
高画質(HD)
440
販売終了2020-03-05

購入(期限なし)

標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

アニメーション洋画ランキング

モンスターズ・インクの評価・レビュー

3.9
観た人
150570
観たい人
8038
  • 4.5

    アローさん2021/04/23 21:01

    子ども部屋のクローゼットの向こうにある街・モンスターシティ。この街の動力源はエネルギー会社《モンスターズ・インク》に勤めるモンスターたちが日夜集めている“子どもの悲鳴”だった。この会社で成績一位を誇るサリーはある時、会社に人間の女の子が紛れ込んでいるのを発見する。シティに人間を連れ込むことは絶対のタブー。サリーは相棒のマイクと一緒に女の子を家に帰そうとするが……。


    2021/04/23

    『モンスターズ・ユニバーシティ』を見てからこの作品を観るのがひそかな夢だった!時系列順で観ると色んな発見があって楽しかった。

    この映画は私の中でとても大事な作品。小さい頃から家にDVDがあって、セリフを覚えるくらい何度も観ていた。あれから10年以上経ってから観てみると、小さい頃には理解できてなかった部分が分かって楽しかったし、ラストは泣いた。あと覚えてたセリフ(シュミレーションルームの先生の「なぜならぁ〜?」とか、ロズの「受付終了!」)が出てくるたびにめっちゃ笑った。

    懐かしくて愛しくて、自分の家に帰ってきたような安心感のある映画。ある意味この映画に育ててもらったようなものなので、これからも大事に観たい。

    余談:ユニバーシティはマイク目線だけど、インクはサリー目線なんだと気づいた。

  • 5.0

    mojojojoさん2021/04/21 23:31

    ブーが可愛い。
    ハッピーセットのおもちゃがモンスターズインクで友達と頑張って集めた懐かしき高校時代。
    映画館では後ろの席が子供で、ガツガツ背もたれ蹴られながら意地で観ていて、別の意味でも忘れられない作品(笑)

  • 4.0

    Hattashinさん2021/04/21 19:47

    ニモと同じくらい面白い。
    悪役が結構な悪役だし、その分容赦ない倒され方をするw
    ニモもそうだが所々の展開が自然で無理がなく、本当優れた脚本だなと感心する。理屈っぽい性格の自分としてはポイント高いw
    観る側が自然と抱くであろう違和感や嫌悪感(たとえば「子供の悲鳴をエネルギーにする」という設定への、そういう設定とはいえちょっと嫌だなという拭いきれない気持ちや、社長とはいえその見た目はちょっとなという嫌悪感など)を、中盤〜終盤でうまく拾い、倫理的にも気持ちのよい展開に仕上げているのは見事というほかない。主人公二人の好感度を上げつつ(同時に敵へのヘイトを高めつつ)、ディズニー映画として子供も安心して、大人も納得して観れる映画に落ち着けているのだから。
    あとエンドロールがかわいいw

  • 5.0

    真太郎さん2021/04/21 00:50

    小学生くらいからの大好きな作品
    DVDを買うほどに大好きだ!
    1人1人のキャラの個性がすごくはっきりとして、サリーとマイクのアンバランスなところもあるが、お互いがお互いを知れた時2人が協力し合って、陰謀を暴いていくところが魅力的である。どれだけ、お互いのことを知れても、どこかまだ共有できないところもある、だかそこを知れた時とても良い映画だと実感する!是非見て欲しい

  • 4.2

    かぁこさん2021/04/20 15:30

    モンスターズユニバーシティとごっちゃになってたけど、やっぱり1作目が好き。
    サリーの順応性素敵
    キャラクターはマイクが好き

    好きがいっぱいの映画
    子供と楽しく見られて嬉しい

  • 4.5

    千年女優さん2021/04/20 12:30

    異形の怪物達が住まうモンスターの世界を舞台に、人間界の子供の悲鳴をエネルギーに変える大企業モンスターズ・インク(M.I.)で、映画やゲームの影響で子供達の恐怖心が薄れる中でも怖がらせ屋としてトップの成績を誇るサリーとマイクのコンビが、迷い込んだ人間の幼女ブーを保護してM.I.の隠れた陰謀に迫る様を描いたアニメ映画です。

    ピクサー・アニメーションによる2002年公開の長編アニメ映画第四弾で、初めてジョン・ラセター以外の監督となったピート・ドクターが手掛けた本作は、「おばけなんてこわくない」というクラシックないかにも子供向け話の下地に、興味をひかれる魅力的な世界観と、ほとんど隙のない緻密なストーリー展開を乗せている出色の作品です。

    あざとかわいいどんどんと好きにさせられてしまうキャラクターで惹きつけ、勧善懲悪的ではありますが「不正には怒りを、怒りには涙を、そして涙には笑いを」という普遍的な人の感情の在り様を描いた物語で魅了します。それを決して難解でなく、子供でも楽しめるポップさで仕上げていて、これぞ全世代向けアニメーションと唸らされます。

  • 3.8

    kagariさん2021/04/16 23:26

    やっと映画観られた。
    ディズニーシー?ランド?のモンスターズインクのライド思い出しちゃった。
    本編観てなくてもサリーの安心感すごかったけど、映画観てサリーもっと好きになった!パパ!

  • 3.8

    Kanaさん2021/04/14 21:35

    ものすごく久しぶりに観たけど、サリーがまいう〜の石ちゃん、マイクが爆笑問題の田中裕二ってすごない?
    普通にめちゃくちゃ合ってるし上手いしそこに感動しちゃったよね、、、

    終わりかためーーーっちゃ好き!
    マイクが「時間かかっちゃってごめん〜」みたいに言ってたけど、コツコツ頑張ってたのかと思うといじらしくて可愛いし、涙腺バカなので最後の「にゃんにゃん!」のあとじわーって涙出てくるんだよね

    2021 21

  • 5.0

    あいらんぽさん2021/04/13 13:34

    ピクサーで一番好きです!
    日本の要素が入っているのが嬉しい♡
    吹替版しか観たことありませんが、、
    石ちゃんと爆笑問題田中というのが
    未だに信じられません!ピッタリすぎです!

  • 4.0

    まつこさん2021/04/13 02:04

    みーんな愛おしい!見せ場の連続だから大人も子供も楽しめるはず!笑って泣いてハッピーな気持ちでいっぱい!ビックリするくらい忘れていたけど…真っ新な気持ちで見られてよかった🤩

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す