お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

モンタナの風に抱かれて

G
  • 字幕

ベストセラー小説「ホース・ウィスパラー」をロバート・レッドフォードが映画化した、珠玉のドラマ。

13歳のグレース(スカーレット・ヨハンソン)は乗馬中の事故で親友と片足を失い深い絶望の淵にいた。ニューヨークで雑誌編集長として活躍する母アニー(クリスティン・S・トーマス)は娘の回復には、事故で凶暴になってしまった愛馬の治療が必要だと語る。馬の心を理解できるというホース・ウィスパラー(馬に囁く者)の存在を知り、遠くモンタナまでその男、トム(ロバート・レッドフォード)を訪ねていく。大自然の中で次第に心を癒されていく馬とグレース。アニーもまたトムの大きな包容力に限りない安らぎを感じ、いつしか許されぬ恋に落ちていた…。

詳細情報

原題
THE HORSE WHISPERER
関連情報
製作:ロバート・レッドフォード,パトリック・マーキー
音声言語
英語
字幕言語
日本語
制作年
1998
制作国
アメリカ
対応端末
公開開始日
2014-04-25 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(2日間)

標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

ドラマ洋画ランキング

モンタナの風に抱かれての評価・レビュー

3.5
観た人
854
観たい人
679
  • 3.8

    カンパッチーさん2021/03/31 18:47

    90年代後半第3次声優ブームの時代、ラジオは友達!って感じで声優ラジオを聴きまくり(特に國府田マリ子や丹下桜、そして椎名へきる!)ハガキ送りまくりな時代があったんですよ、その頃CMでロバート・レッドフォード主演監督、モンタナの風に抱かれてというCMが流れていて深夜その男性のナレーションでもんのすごい落ち着いた声だったのでウトウトと眠気に誘われたんですよねとGEOでパッケージをみつけた途端思い出が蘇り観てみようと思い手に取りました。長い前説!
    こんなにストーリーよかったんだ、あのナレーションに嘘はなかったんだと声優ラジオに感謝です!

    まずスカヨハの瑞々しい演技に脱帽です、そして今のスカヨハを観ているからこそ感じるのですが母親役のクリスティン・スコット・トーマスがまんま今成長したスカヨハと雰囲気が同じなんです、本当にすごい!
    まぁ不倫に関しては良くはないと思いますが、正直ロバート・レッドフォードに惚れない自信はないので仕方ないところもあります。ただスカヨハの目の前で親友が亡くなり、大事にしてきた愛馬が酷い姿の暴れ馬になってしまった娘をさておいての不倫話に後半はなってしまうのは視聴者置いてけぼり感は否めないかな。
    とはいえモンタナの大草原の景色は素晴らしい、これこそ憧れている理想のアメリカの風景だなと心底思いました。スカヨハ好きなら安心してオススメできますよ、マディソン郡の橋系が苦手ならオススメできませんが。

  • 3.5

    ご自由さんさん2021/01/27 17:41

    初鑑賞。レッドフォード監督作品は自然を上手く取り入れた演出が良い。ここではモンタナの壮大な草原が美しい。
    前半はさておき後半の男女の絡みは捌ききれない感あり。

  • 3.5

    kさん2020/11/20 20:47

    若き日のスカーレット・ヨハンソンが演技上手い。特に事故のことを話すシーン。ドラマ性が高くて、長めの時間だけど観れた。最後のカメラワークは結末わかっちゃうね。

  • 3.3

    シネマラブさん2020/11/15 08:10

    かなり若い頃に見て久々に再鑑賞。
    良い映画ではある。ただ馬好きとしては言ってみれば不倫の話に使われたのはちょっといただけないと思う。
    タイトルもなぜホースウィスパラーなんだろうか。紛らわしい。

    あんなロバートレッドフォードみたいな素敵な男性がいたら誰だって好きになる。
    しかし、目の前で親友を交通事故で失い、それをきっかけに大好きな馬も暴馬になるという強烈な経験をした少女の話がいつの間に母親とホースウィスパラーの不倫の話にすり変わり、なんかそれがおってけぼり感がある。
    ロバートレッドフォードはどっちを描きたかったのか?馬と少女とホースウィスパラー?
    母親の不倫?
    詰め込むには壮大すぎるテーマですよ。
    色々詰め込んだから2時間強なのかな、とか。
    大人の恋愛映画としてはよくできているんですよ。
    私も動物、自然好きなのに都会でキャリアを持つ身、母親の葛藤も分かる。
    ただ、馬がいいように材料に使われ、言ってしまえば不倫の話を美化するネタに使われた感が否めない。
    不倫は不倫。
    どろどろしない展開はいいが、恋愛映画にしたいなら、半端に馬を使わずいっそのこと馬は背景くらいにして描いて欲しかった。
    馬好きとしては、なんだかなーという感じ。


    ただ、スカーレットヨハンソンのうまさ、ロバートレッドフォードとクリステンスコットトーマスの抑えた演技はやはり凄かった。

  • 3.9

    マーくんパパさん2020/10/05 20:07

    3時間くらいのゆったりした時間を楽しめる良作。ニューヨークに住む少女グレースは愛馬ピルグリムと遠出中に自動車事故に巻き込まれ友人を亡くし、愛馬も重症を負って安楽死の瀬戸際に、自身も片足を失なう。人を信じられず凶暴馬になったピルグリムと少女の閉ざされた心の回復を図る為、遠く離れたモンタナの馬の治療師カウボーイ、トム・ブッカーの元を訪れる母アニーと娘。アニーはやり手のは雑誌編集者で他人の気持ちもお構い無しにコトを進める独断的で鼻持ちならない女。トムは迷惑するが最後はグレースの協力を条件に引き受ける。人間に対して一旦閉ざした心をゆっくりゆっくり警戒心を解いでゆく調教シーンとこの大草原の田舎のゆったりとした生活ペースをじっくり時間を使って描写する所がいい。馬と少女と調教師レッドフォードの絆再生物語と思いきや、あの母も自分に欠けていた人生の大切な意味に気付きレッドフォードに惹かれていく方が主旋律になりやや戸惑う。娘が慕う夫を裏切っての完全不倫、最後に思い留まって綾取り糸はほどけて結ばれずで『マディソン郡の橋』的な余情。色々な旋律を含んだ展開だがやはり一番心が動くのは馬の目が語る信頼回復の部分だな。

  • 5.0

    Mさん2020/09/25 07:37

    I could see nostalgic sceneries.
    The part always holds a place in my heart. x

  • 3.5

    hachiさん2020/09/19 18:31


    この映画に出てくるキャリアウーマンの苦悩は、都会で生活するすべての人に当てはまること。
    時間に追われて、自分らしく人間らしく生きることを忘れていまいか?
    現代社会では、そのバランスが大切。

    何が大切なのか?
    は人によって違う。
    だからこそ、価値観の合う、自分に合ったパートナーに出会えることはレアであり、
    最高に幸せなこと。
    ラストシーンは、
    切なくもリアルな名シーンだった。


    この映画の裏テーマは、決断。

    人生は、望もうが望むまいが、多かれ少なかれ、決断を迫られる時が来る。
    しんどいかもしれないが、そこにちゃんと向き合うことが道を切り開く。
    人生は長いようで短い。

    決断が人生を作る。
    運命を受け入れよう。

  • 3.5

    しんかげさん2020/08/23 19:17

    いい邦題。
    アメリカ人にとって理想の心象風景が多分あのへん。
    カウボーイ、馬、娘までの関係性は良かったが、母親が余計すぎた。

  • 3.6

    メグさん2020/08/14 12:19

    大自然の風景が綺麗!馬に乗って走ってるとこは涼しい風が吹いてくるみたいだった…いいな馬…可愛いし…。でも不倫の下りいる?って感じ。若いイーライ・ロスも一瞬出てくる

  • 4.5

    yosakaさん2020/07/08 16:35

    ロバート・レッドフォードの包容力を感じるハートウォーミング映画。モンタナの自然と相まって、アメリカの原風景を見ているよう。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す