お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

カサノバ

G
  • 字幕

伝説のプレイボーイ、カサノバが真実の愛に目覚めるまでを描いた史劇ロマン。

18世紀―ヴェネチア 街はどこもひとりの男の噂でもちきりだった。彼の名はカサノバ(ヒース・レジャー)。あらゆる女性を虜にする魅力の持ち主だが、ただのプレイボーイではない。無限の愛を与えるという彼を前にすると、娼婦から淑女まで抗える女性はいないという。今日も修道女との情事の後、教会の役人たちに追われたカサノバは、女性の自由をめぐっての討論が行われていた大学の講堂に逃げ込んだ。論客の男性は、女性心理に詳しいベルナルド・グアルディの著作を引用して女性の解放を叫んでいる。しかし彼の宣言が終了した後、会場は騒然となり…。

詳細情報

原題
CASANOVA
関連情報
製作:マーク・ゴードン,ベッツィ・ビアーズ,レスリー・ホールラン
音声言語
英語
字幕言語
日本語
制作年
2006
制作国
アメリカ
対応端末
公開開始日
2014-04-25 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(2日間)

標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

ドラマ洋画ランキング

カサノバの評価・レビュー

3.3
観た人
809
観たい人
734
  • 3.7

    zoeさん2021/03/08 23:25

    ヒース・レジャーの美しさが際立っていた。

    ロマンチックでありながら、ユーモアが溢れていて、尚且つ劇的だった。映像も綺麗で飽きることなく最後まで見れた。

    フランチェスカの志を高く持ち、時代に立ち向かう姿はとても勇敢で、かっこよかった。

  • 3.7

    かさん2021/03/07 00:16

    名言
    開いている窓があまりに多く
    時間はあまりに少ない

    二番目に上等な服を用意しろ

    この街の自由などバチカンの意思一つでたちまち消え失せる

    あらすじ
    18世紀Veniceの恋愛コメディ。
    異端者の色男カサノバが本気で恋したのは強かで賢明な女性フランチェスカだった。

    感想
    ヴェネツィア好きでヒースレジャー好きでコメディ好きの私にどんぴしゃでした。
    仮面舞踏会でカサノバが二人の人物を演じ分ける場面がお気に入りです。
    ピュアが取り柄のヴィクトリアがカサノバに欲情したり舞踏会の机の下でドSっぷりを発揮したりで貞操が乱れまくっていて笑いました。
    軽快に人間関係が移っていきますがすべて奇麗に収まっていくので気持ちが良かったです。

    メモ
    カサノバは実在の人物だそう。
    Wikipediaの以下の文章が彼の人物像の要約

    カサノヴァは時にビジネスマン、外交官、スパイ、政治家、哲学者、魔術師、20作以上の著作をもつ作家そしてドレスデン、ジェノヴァ、トリエステ、マドリッドで作品が上演される劇作家として立ち働いたが、その生涯のほとんどにおいて、単一の「生業」を持たず当意即妙のウィット、幸運、社交上の魅力、そしてその対価として人々が提供する金銭でもって生活していた。

    カサノバはただの色男ではないらしいです。本作はフィクションですが彼のプレイボーイたる1面に加えて知性を感じる言葉や振る舞いがうまく表現されていたと思います。にしてもヒースレジャーが適役すぎる。
    フェデリコ・フェリーニ監督も彼を題材に映画を作っているらしいので今度見てみよう。

  • 2.7

    SHIHOさん2021/02/17 16:43

    ヒースレジャーを見始めて4作目。
    爽やかで軽やかでした。
    あの薄っぺらいブラウス(?)姿のヒースが麗しかったです!

  • 3.9

    nekonekoさん2021/02/03 22:48

    「カサノバ」ヴェネツィアの作家
    光源氏も真っ青?
    その生涯に1,000人の👩と寝室を共にした⁉️と言う伝説の男性😵

    過去に「カサノバ」を演じた俳優陣は色気のあるイケメン揃い❗️(アランドロンやステファノアコルシ…💓)

    「セイフヘイヴン」や「僕のワンダフルライフ」の監督さんで主演はヒースレジャー好条件にトキメキます💓

    18世紀のヴェネツィアの衣装👗やインテリア🛋運河🏞などの景観もオシャレ🌟

    好色男で生業も持たなかっというカサノバですが ヒースレジャーが演じるとなんだか「爽やか」な異端児🧑…ナイト⚔の衣装キマリすぎでしょっ!
    ラブコメ+メルヘン要素で楽しめますっ!
    お気楽な夜🌉に…

    終盤のドタバタ!どんでん!も良きっ
    気球の帆の船⛵️でハッピーエンド✨✨


    ✴︎2代目「カサノバ」君
    ✴︎滑りっぱなしの役人
    ✴︎ラード商人パプリッツィオのまな板姿
    ✴︎お美しい(殿方には目の保養になります🌟)女性陣に口の緩みが止まらなくなりました…
    ナンパの手引きにはなりません😅笑

    (1976年版は観ていないので機会かあれば
    また観たいと思います)

  • 2.5

    ご自由さんさん2021/01/19 23:05

    “カサノバ”について1000人斬りの色男ぐらいしか知らない。この作品では肝心の色男振りが出ていない。

  • 3.7

    NIELSEN堀内さん2020/12/15 17:20

    18世紀のヴェネチアが舞台。名優ヒース・レジャーが放蕩者のジャコモ・カサノヴァを演じたロマコメ映画。カサノバを題材にした作品の中でも、官能寄りでは無い軽快でユーモア溢れる展開とヒースの内なる魅力を引き出したエンターテイメントな異色作品。

  • 4.0

    ほうづきさん2020/09/13 21:34

    ヒース・レジャーに惹かれ鑑賞前にDVDを購入
    常におもしろい、2人の結末はまあ予想がつくんだけど、それまでの過程が笑えて、コメディーだしテンポよく進んでいくから飽きない
    最初のベッドのシーンのヒースがめちゃめちゃ色気があってかっこいい、さらに好きになる、はまり役かな
    フランチェスカのような自立した女性の考え方を持つ存在がいるからおもしろい、昔の考え方とか風習がわかる部分はいい

  • 3.0

    rumrumさん2020/08/11 01:10

    ヒースレジャーの官能性を抑えた作品。
    カサノバ知らなくてヒースレジャーのが一番いいって聞いたので観ました。
    頭いい人で性病などかかったけど長寿を真っ当した人らしい。

  • −−

    ニアペッタさん2020/07/06 21:11

    ラッセ・ハルストレムでいちばん好きな映画。
    18世紀に実在した伝説のプレーボーイ、ジャコモ・カサノバを演じたのはヒース・レジャー。彼のカサノバは、冒頭から修道女と情事にふけっていたり自由奔放だけど、けっして女性を泣かせないで誠心誠意の愛を捧げる、愛すべき男でおもしろかった。気球はいいね!

  • −−

    ふぁるこんりえさん2020/06/19 10:37

    展開がおもしろーい
    最後船の帆がなくて、気球のが帆になって
    きれいでした
    衣装がすごい立派でした

    2009年05月24日 15:53

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す