お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ゼンタイ

G

全身タイツ愛好家たちの“可笑しくて、痛い”オムニバス・コメディ!!!

ゼンタイとは、全身タイツを愛好する人々のことである。人々は、様々な意味をまとって生きている。男、女、見た目の美醜、プライド、職業。ゼンタイの人々は、タイツをまとうことで、外見や性差を越え、様々な意味から自由であろうとする。草野球、コンパニオン、発泡酒、レジ店員、ゼンタイ、主婦、このエピソードが微妙にリンクしながら、ゼンタイの人々がオフ会を開くカラオケボックスへと物語は集約していく。

詳細情報

音声言語
日本語
制作年
2013
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2014-05-28 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

コメディ邦画ランキング

ゼンタイの評価・レビュー

3.1
観た人
509
観たい人
398
  • −−

    ワンライさん2021/11/17 01:57

    オムニバスなんだけど1番最後のやつ本当に嫌な気分になった、救いがあるような雰囲気出してたけど全然ないし

  • 3.8

    けいおですさん2021/09/06 15:20

    ゆるく笑えるオムニバス
    日常を切り取ったようなリアルさとシュールさ
    個人的には発泡酒のオチが好き!

    ゼンタイを被って社会性を脱ぐ
    何者でも無いになるという快感

  • 1.7

    decoさん2021/06/19 19:25

    橋口監督なので見てみた。

    オムニバス。
    各章、笑えたけど
    主婦の話のやつは、うわー…て、なった。

    タイトルになってるゼンタイのやつは、
    なんかいまいちだったな。

  • 3.0

    いち麦さん2021/05/14 18:47

    それぞれのグループの持つ独特な、どちらかと言えばあまり気持ちよくない空気を上手く捉えた対話劇の妙。特にカラオケ・ボックスでの主婦たちの会話がリアルで面白かった。肝心のゼンタイ仲間のパートがインパクト薄いのが残念。

  • 3.6

    牧さん2021/05/14 01:57

    てっきり全身タイツ愛好家のドキュメンタリーかと思ったら違った。

    冒頭から面白いのか面白くないのかプロの役者なのか微妙に素人なのかわからない会話が延々と続いて、
    ハマらない人にはハマらないだろうけど、何故かつい最後まで観てしまったし、ゼンタイの章は笑って、ラストには何故か希望があって良かった。

    主婦の章、自分の過失から責められて謝らなきゃいけないの、辛いよなぁ…。

    作中の全身タイツ愛好家の心理は、実は仮面を被るヴィジランテヒーローに通じるものがあるかもしれないとも思った。

  • 3.5

    kazcoさん2021/03/21 22:05

    橋口監督のお得意の観る者に不快感を与える会話劇が炸裂しまくってる。
    ワークショップで募った素人の方達を使って撮るから、尚更それは増す。
    それがそのままレビューの評価に直結してる気がするな。

    前に有吉が番組で言ってたけど、被り物してる時は普段言えない、ちょっとした無礼講も言えるみたいなこと言ってて、ゼンタイ(全身タイツ)を着てる人間も、普段の自分にもう1枚レイヤーかけてる分、いつもより解放された状態で他者と会話できるんだろうな。

  • −−

    mikaさん2021/03/10 20:54

    ポスターからイメージするものとは全く違ったもっと早くみればよかった
    色んな小さなコミュニティの会話劇
    なんてリアルだ。。さすが橋口さんなんでか刺さるし泣きたくなる

  • 3.6

    ぽんぽんさん2021/03/09 20:01

    無性にハッシュ!が観たくなって、でも配信されてなくって、じゃあ橋口亮輔監督作品でほかにないかなって、本当に偶然観た映画なんだけど…めっっっちゃよかった!

    笑ったし、泣いたわ。
    なんでこんな感銘受けてんのか分かんないけど、いい。笑


    人間は、人生の中で作り上げてきた自分の立場や肩書きや考え方やプライド諸々を、自分の顔と身体でパッケージして、他者と相対して生きてるんだね。それが社会であり、関係か。

    自分の強い意思と自信を持ってその中身と外見で存在できてるならいいけど、実際自ら望んでそうあることを選んだわけでもなく、社会に流されたりしながら、いつの間にかそこになっちゃってるってこと、あるよね。で、にっちもさっちも行かなくて、つらくて投げ出したくなることもある。

    そして、全身タイツ着て、逃避しても、社会に戻る時にはそれ脱いで、自分の面下げて生きてかなきゃならないんだけど…。あるがままでいられる一瞬は人生には必要なんだね。


    あーまじでいい映画だった。
    綺麗な人もかっこいい人も才能のある人も強い人も魅力的な人も出てこない。悪いとこも欠けてるとこもあって、まじで大したことない、まさしく私たちじゃん。つまらない人生をつまらなく生きてく私たちの映画なんだよ。ハッシュ!観た時もなんかこう、ダメでも変でもいいよって許されてる感があった気がしたんだけど。これもそう。悲哀も皮肉もあるけど、優しいよね、この映画?

  • 3.8

    nekoさん2021/02/24 22:17

    すっごい嫌な気持ちになったー。いい意味でね。
    でも見入っちゃう。
    有名な胸糞映画よりも嫌な気持ちになった。
    人間のリアルがあり、俳優の方達と橋口監督の力が見えた。

  • 3.0

    ガーーーンさん2021/01/24 19:01

    他愛もない会話劇オムニバスなのにさすが橋口監督クオリティ❗️
    日常会話に潜む嫌な部分を切り取ってこれでもかと見せつけてくる😱
    伏線の軽い回収もお見事👏
    コンパニオンとレジ店員と主婦が好み
    やはり女性の会話劇の方が緊張感がある
    全身タイツ=石コロ帽でのび太の欲求とも同じ

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました