お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

しあわせの帰る場所

G
  • 字幕

ジュリア・ロバーツほか豪華キャスト陣出演!家族の葛藤と再生を描く、感動のストーリー。

マイケル(ライアン・レイノルズ)は小説家。幼い頃から厳しかった父・チャールズ(ウィレム・デフォー)にいまも反発心を抱いている。家族の集まりをきっかけに17年ぶりに故郷に戻ったマイケルだが、その途中思いがけない事故で、母・リサ(ジュリア・ロバーツ)が亡くなってしまう。大切な存在を失い、深い悲しみに暮れる家族。優しかった母の死により父とマイケルの溝はますます深まっていく。そんな時、遺品整理の途中で、マイケルは母の意外な秘密を見つける…。

詳細情報

原題
Fireflies in the garden
音声言語
英語
字幕言語
日本語
制作年
2008
制作国
アメリカ
対応端末
公開開始日
2014-06-20 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

ドラマ洋画ランキング

しあわせの帰る場所の評価・レビュー

3.2
観た人
640
観たい人
884
  • 2.2

    angelicaさん2021/10/23 23:35

    HappyBirthdayライアンレイノルズと私。益々のご活躍をお祈りしてるけど長期育休?
    呑んで祝いたいからAviationGIN日本からも簡単に買えたらいいのにな。ドラマ「メタノール」で密造業者が手作業で酒瓶ラベル貼り貼りするシーン、ライアンレイノルズの内職動画思い出したww ←ちゃんとした酒だ失礼w

    まぁとっくに出来てないんだけどまとめて観るのやめて、週末ライアンレイノルズ癒されタイムにしようと思う。ノルマも積みあがってるし..

    で本作なんだけど…
    ち っ と も 癒されなかった!!!!!
    のっけからウィレムデフォーがモラハラ親父!!
    ジュリアロバーツも割と言いなりな母親!!
    胸糞でした!!!!記念日に残念😂

    サムライチャンプルーとか
    爆竹てか爆弾投げて魚ゲットするのは法律的にアウトじゃんw(朝ドラまんぷく知識)という面白シーンはあった

    2点台に踏みとどまっているのは、ウィレムデフォーとライアンレイノルズと子役のお芝居が素晴らしいこと、子供の心に寄り添う大人の必要性がよくわかる、から。

  • 3.6

    竜平さん2021/09/11 21:31

    とある家族の確執と再生を描くヒューマン及びホームドラマ。簡単に言うとそんな感じ。

    十数年ぶりに帰郷してくる息子、久しぶりに会うことになる家族や親戚、とそこで彼らに降りかかる不運な出来事、そしてそれをキッカケに物語が動いていく、という流れ。展開的にそのままちょい暗めの雰囲気で進みつつ、時折回想が入ったりもして徐々に過去や関係性も見えてくる。親子間、とくに息子と父親の確執がメインにあるんだけど、全体的にちょいドロドロしてるというか危ういというか、単にハートフル方向には寄らないあたりは今作の特徴と言えるかも。父親がとくに、ちょい難ありな人物だったり。で、キャスト陣がじつは豪華。大人になった息子を演じるのがライアン・レイノルズ。この頃はまだ被り物とかしてないし自虐ネタとか皮肉ユーモアもなく、ちゃんとシリアス演技してる、ってのは本当どうでもいい話。母親役にジュリア・ロバーツ、父親役にウィレム・デフォー、更にキャリー=アン・モスなどなんとも魅力的な面々。

    言うなれば「家族」そのものの成長の話。今作に於いてその家族間には嫌な思い出のほうが断然多くて、当然のことながらそればかり覚えてるんだけど、でもじつは楽しかったことや許し合って共有した時間ってのも確実にあって、それを思い出すような場面と、そこでの気づきにグッとくる感じ。こういう話は否が応でも胸にじーんときてしまう。家族の話は置いといたとして、現実でもわりと嫌な思い出のほうが表に出てきがちだよなと。小さな喜びや幸せは大事にしていきたいもんだ。最後にほっこりさせられて、なんかちょっと気分転換できるというか、そんな一本。


  • 3.3

    ビレッジさん2021/08/13 22:38

    ウィリアムデフォー演じる父親がまるで自分の父親と祖父を混ぜたようなパワハラぶりで昔の記憶が思い出されました。
    毎日の事過ぎてあえて忘れてしまったのか、もうほとんど細かくは覚えていませんが、こんな感じだったな。
    そしてその確執は今でも解消はされてません。何せ加害者側は正しい事をしたとしか思っていませんからね。これも教育だとしか思っていませんよ。この父親もきっと、死んでも息子の気持ちはわからないでしょうね。
    出来ることは自分の子供には同じような思いはさせないようにする事でしょう。
    また孫には優しいってところがムカつくでしょうねw

    ライアンレイノルズはいつ見てもすらっとしてカッコいいです。
    ライアンらしい役作りで子供の味方であり、あえて雑に接したり扱う所なんかは子供と仲良く出来る人のやり方かなと感じました。
    ジュリアロバーツの出番が少ないのでもう少し見たかったかな。
    キャストの割には普通の映画でした。
    息子の部屋のサムライチャンプルーとかヘルシングのポスターには笑いました。

  • −−

    seckeyさん2021/08/10 20:27

    家族の絆が深まるのは愛ではなく死である。クソすぎる親父の気持ちなんか子供にわかるかよって感じで悔しくて泣けてきました。

  • 3.4

    TadashiSakabeさん2021/08/04 19:29

    凄く辛い思いだけど、子どもは責められないなぁ…😢
    父との関係
    母親の秘密
    叔母との関係
    いろいろあるけど、やっぱ家族だね😊

  • 3.2

    cocoさん2021/08/01 20:59

    叔母の子供が道路に飛び出して、自分の愛する母親が死んでしまったら、子供を責めずにいられるだろうか。
    父親に幼少期に厳しい体罰も言葉の暴力もうけて、それを果たして許せるだろうか。もっと父親と本気でマイケルが大きくなってから、一度ぶつかってほしかった。父と息子の関係が修復するのが、あっさりさすぎた気がする。

  • 3.0

    Hirokingさん2021/07/31 21:24

    崩壊した家族の葛藤と再生を描いた人間ドラマらしい⁉️
    なんか大変な家族だなと…昔あるあるなのかもしれないねって。
    人生こうは行かないと思う作品でした😅

    2021年1,253本目

  • 2.5

    AMYさん2021/07/30 23:02

    色々伏線があるのかなと思ったシーンは特に意味がなかった

    実際確執のある親子ってこんなものなのかもしれないから、現実に即してるのかもしれないけど
    作品としてはなんか盛り上がりにかけるなぁという印象


    Ryan Reynoldsがコメディ路線じゃない出演は珍しい気がする

    父親役のWillem Dafoe、今作の役のせいもあってなんか嫌だなと思ったら”Speed 2: Cruise Control”の人だった
    どうりで嫌なわけだ笑

  • 3.4

    UoxoUさん2021/07/29 00:46

    キャストも豪華でストーリーも結構良かったのに最後のお別れのシーンでマイケルがレスリーを抱っこしてから下ろすのがあまりにも雑なのが気になって今までの内容吹き飛んだ(笑)
    クリストファーが自分を責めて泣いちゃうシーンはこっちも胸が痛くなったよ😢
    ストーリー良かったけどあんな父親は嫌だ

    そして最近ウィレム・デフォーの作品を観る機会が増えてから、役の振り幅広くてどれもピッタリ演じてて本当にすごい俳優さんだな〜とつくづく思った

  • 3.5

    mumbleboyさん2021/07/28 23:46

    ちょっと映画観る頻度が下がってきています。暑さのせいかオリンピック(開催すべきではないと思っていますがやってると見てしまう)のせいかはわかりませんが。

    今作はここでの評価は高くないですが割と好きかも知れないと思ったので観てみました。「ラブ・アクチュアリー」みたいな群像ラブコメかと思いきや大分違いました。そんなにラブでもコメディーでもありませんでした。家族関係についての話でした。こんなに真面目なライアン・レイノルズは見たことがなかったです。ライアン・レイノルズファンの方は一見の価値があるかもです。個人的にポイントが高かったのはエミリー・ワトソンの起用でした。エミリー・ワトソンって「奇跡の海」とかでした観たことなかったのですがその1作でもう大好きな俳優で今作でもすごく良かったです。父親(ウィレム・デフォー)VS 叔母+息子(エミリー・ワトソン+ライアン・レイノルズ)みたいな対立軸でそのウィレム・デフォーが本当に嫌な父親でした。ウィレム・デフォーっていうとなんだか最近嫌な役ばっかりで観てる気がするけど元々は超エリート役者さんでWooster Groupっていう超前衛舞台劇団をやってた方なのでこういう前衛とは書け離れた映画で嫌な親父役とかやってるのが不思議って思ってしまいます。

    何か期待して観るとそこまで何かがある訳じゃないと思いますがフラットに身を任せて観ると色々と面白くて楽しめる映画じゃないかと思いました。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました