お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

お受験

G

ロック界のカリスマ・矢沢永吉の映画初主演作。中年サラリーマンが奮闘するハート・ウォーミング・コメディ。

富樫真澄は、マラソンの花形選手として活躍し、食品会社に入社。陸上部の選手として実業団でキャリアを積んできたが、現在は峠をこえたベテランランナー。彼は、愛娘の有名私立小学校への受験や自身のリストラに苦しみながらも、最後のレースと心に決めた「湘南マラソン」に一般参加でエントリーする。ところが、大会当日と親子面接の日が偶然にも重なり、苦悩の末、「走る」ことを選択する。運命の日、競技場に富樫の姿がある。そして廃部になって離散したかつての仲間たちも…。スタートのピストルが鳴り、走者が一斉に走り出す。各人各様の圧倒的な顔、顔、顔…。みんなそれぞれの人生を背負い、そして全力で走っている。ラストラン ― 死んでもゴールしてみせる。娘のため、妻のため、自分自身の誇りのために。

詳細情報

音声言語
日本語
制作年
1999
制作国
日本
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2014-06-27 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

コメディ邦画ランキング

お受験の評価・レビュー

3.3
観た人
138
観たい人
81
  • 3.8

    まっどでーもんさん2020/05/20 18:19

    日本屈指のロッカー「永ちゃん」が主演ながら非常に巧妙に作られたホーム・コメディの佳作。職人、滝田洋二郎監督らしい手堅い作りをタンノー出来る。🏃‍♂️💨

    後半の「永ちゃん」の体を張ったマラソンシーンでの「脱線」ぶりが素晴らしく、江ノ電とわざわざ競争したりする辺りの馬鹿っぽさに思わず涙。🏃‍♂️💨

    また奥さん役の田中裕子の途方もない演技力(終始ニヤニヤしてるだけ)が圧倒的に記憶に残る映画だった。なぜか『おくりびと』での広末涼子を想起させる記号的なヒロイン像で、随所に滝田監督の趣味が反映されてる??? その何ともトリッキーな演出には心底ホレボレする。

    一歩間違えるとトンデモ映画になり兼ねない「危険な香り」もするが、そこまで酷い映画ではない。「永ちゃん」自身のプロモーションとして観れば大満足の出来だと思う。サラリーマンならではの思考回路がここまで表現された映画もなかなか稀かも。

    うーん、なんだか俺も走りたくなってきた!!🏃‍♂️💨

  • −−

    こいけまりさん2020/01/26 21:40

    いいなあ
    こういうの日本の映画だって感じがするよなあ

    田中裕子が添え物なわけがない
    ああ大好き

    永ちゃんもいいよー

    時代が違うなとおもうところもあるけど
    でもぜんぜんおもしろかった

  • 5.0

    yosakaさん2020/01/18 17:13

    永ちゃんのなんとも情けないが優しい人間味溢れる役柄を田中裕子とのタッグで好演。しかしコアな永ちゃんのファンはこの映画を観て戸惑いがあったのでは。

  • 2.5

    しめさばさん2019/11/05 20:31

    美味しい春雨スープ作ったり江ノ電に追いかけられたりする永ちゃんが見られる。終盤の湘南マラソン、「最後のゴールは自分で決める」と言ってコース脱線してからラストにかけてのシーンは少々サムいが、タンクトップ姿が自然すぎる永ちゃんはやっぱアツい。指揮棒を振る塾講師西村雅彦不穏すぎ。

  • 2.0

    マッサージ屋2号店さん2018/10/10 11:28

    富樫真澄(矢沢永吉)は健康食品会社しながら実業団ランナーとして活躍していた。
    体力の衰えとともに次の大会がラストランだと決めている。
    妻の利恵(田中裕子)は6歳の娘・真結美(大平奈津美)のお受験に熱を上げている。
    そんな時真澄は子会社へ出向を命じられ待遇もアップし喜んでいた。
    しかしその子会社は倒産し・・・。

    『おくりびと』滝田洋二郎監督作品。
    私立学校への“お受験”がテーマかと思いきや、サラリーマンのリストラの方がメインテーマっぽい。
    順風満帆だった家庭が崩壊しかかり…ってのも。

    と、あるようにどれもこれも詰め込みまくってて見てても感情の持っていきようがない。

    矢沢永吉の演技は随分昔にテレビドラマを見て確認済みなので何も今さら言いませんが…永ちゃんによくこんな事させたな〜という驚きはあります(笑)
    江ノ電との競争はシュール過ぎる(笑)
    矢沢永吉ファンは怒らなかったのかな??

    滝田監督にしては駄作だと思われます。

  • 3.0

    Hitomiさん2018/09/13 17:48

    風刺がわかりやすかった!
    "お受験"を経験しているからこそ、より楽しめたか気がする。
    マラソンとの関連性はあまりわからなかったけど、日本らしい作品。

  • 2.5

    ぺあのさん2018/05/26 05:36

    家族愛をテーマのタイトルが受験となってるけどマラソンがメイン。でも、マラソンへのツッコミも中途半端。それに、マラソンランナーがタバコすったり、息苦しくゼイゼイするなんてあり得ないでしょ!矢沢永吉さんの演技云々は、別にして、共演者の演技をもう少し真剣に演出すれば良いのにとも思う

  • 3.5

    スカイラーさん2018/04/09 23:25

    矢沢永吉の演技を初めて観ました。思ったより普通で良かったと思う。ランナーの役なので相当疲れたろうし大変そうだ。これはマラソンで優勝するまでの話なのか、受験合格する話なのかどっちなんだって感じでしたが、最後はうまくまとめたと思う。ナベブタってそんな上手い例えでもない。

  • 3.4

    torakageさん2018/03/09 16:49

    永ちゃん違和感無かったなー。田中裕子はシリアスもコメディーもお手の物!地味にすごい女優だと思う。子役もよかった。

  • 3.4

    じょりさん2017/11/12 19:55

    ①塾長が出す小学校入試の例題が分からず、驚きつつもガッカリする確率 40%
    ②荒唐無稽なエンディングのために◯◯を許可した江ノ島電鉄株式会社の芸術に対する寛容度 215%
    ③「やっちゃえ!おじさん」とも言える永ちゃんのツッパリ美学★★★★

    最後まで見れるか心配しましたが、身近にあり得るシナリオ、永ちゃんの誇張のない演技やキャスティング、田中裕子の怪演?(矢沢とベッドとか…)もあって最後まで楽しめました◎子役も好感度高くて頑張った!
    一徳ともたいまさこが現れるタイミングよ(笑)

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す